お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

発注担当者のための映像制作入門《見積書を読む》

見積の内容を理解して、違いのわかる発注担当者になるために!

こんなことを学びます

たくさんの項目が並ぶ見積書。不明な項目、金額も高かったり、安かったり。
その違いは一体、どこから来るのでしょう?
映像制作の見積は、その制作過程と同じように複雑怪奇です。
プロデューサーは何をする人?
撮影の現場になんでこんなに人がいるの?
編集ってこんなにお金がかかるの?
そんな疑問に答えます。
見積書を理解すれば、映像制作の全体像が見えてきます!
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

新宿・代々木

価格(税込)

¥3,500

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
5人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。

この講座の先生

小島 晃のプロフィール写真
映像制作は信頼関係から始まります!

小島 晃

映像作家。大手印刷会社の映像部門で25年以上にわたりプロデューサー、ディレクターとして映像コンテンツを制作。現在、映像プロダクション、十二月映画社を主宰。

この講座の主催団体

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    約60分の講座です。

    ・見積項目の説明
    ① 企画費(プロデューサー、ディレクター、シナリオ)
    ② 撮影費(撮影スタッフ、機材)
    ③ 美術費(スタイリスト、ヘアメイク)
    ④ 出演費(俳優、モデル、レポーター)
    ⑤ ロケーション費(ロケハン、コーディネート、旅費交通費)
    ⑥ CG費(デザイン、アニメーション)
    ⑦ 編集・録音費(編集、録音、選曲、ナレーター)
    ⑧ 素材使用料(映像素材、写真素材、著作権)
    ⑨ メディア費(SDカード、ハードディスク、DVD)
    ⑩ ディスク作成費(エンコード、オーサリング)
    ⑪ 管理費

    ・質疑応答
    • こんな方を対象としています

      ・制作会社から出てきた見積書を見ても、意味がよくわからない
      ・制作スタッフのそれぞれの役割がよくわからない
      ・制作スタッフの人件費の違いがよくわからない
      ・なぜ各社の見積金額が大きく違うのか理解できない
      ・プロデューサーを信用していいか不安だ
      ・見積金額が希望するコンテンツに見合っているか不安だ
      ・映像コンテンツ制作の予算づくりに役立てたい
    • 受講料の説明

      講座の開催場所の費用、テキスト代を含みます。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      簡単なテキストを用意しております。メモのための筆記用具のみご用意ください。
      発注担当者のための映像制作入門《基本を知る》を受講いただくとより理解を深めることができます。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 1
    • 楽しかった!( 0 )
    • 勉強になった!( 1 )
    • 行く価値あり!( 1 )
  • M2

    男性

    この講座は「「動画制作に関わる人の役割」と「見積もり項目の詳細」が分かる」でした

    とても分かりやすかったです!
    動画制作の発注担当になる人/なった人にオススメです。

  • この主催団体の他の講座

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?