4回コース

【サポート付】1ヶ月で学ぶRuby on Rails開発入門講座

1ヶ月/週末を使ってRuby on RailsでのWebサービス開発技法を学ぶ入門講座です。講師は大手企業で働くRailsエンジニア。

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    17
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

※習得時間的にやや厳しいため従来の2日間から1ヶ月に変更いたしました。

<こんなことを学びます>
フリーランスとして常駐契約を受ける場合、Ruby on Railsの人月は80万 - 100万が相場と言われます。PHPやJavaが60万-100万に比べ、比較的高いのは何故でしょうか?

それはRuby on Railsを使えば低コストで高パフォーマンスなWebサービスを開発することができるからです。

Ruby on Railsには以下の特徴があります。

1、サービス開発のための洗練された構造を持っている。
2、最新の開発トレンドをほぼ内包している。
3、外部サービスもRailsをサポートしていることが多い。

一方、ベンチャー系スクールによる「初心者でも簡単に習得できる」という謳い文句が横行しており、それならばと手をつけ挫折された方も多いでしょう。

「簡単だと聞いていたのに自分はできなかった・・・
向いていないんじゃないか?」

安心してください、Ruby on Railsはそもそも初心者が導入するにはかなり敷居が高いフレームワークです。

考えてもみてください。そもそもRailsは「開発のためのフレームワーク」です。開発フレームワークを習得するにはその根底にある「開発」の常識を知る必要があり、その常識を得るには実務経験が必要です。カンタンだというのは「開発の経験者にとってはカンタンである」という意味に過ぎません。

そこで今回は初心者でもRuby on Rails無理なく順序立って習得するための講座をご用意させていただきました。講師はRuby on RailsやPHPを駆使する経験6年以上の現役エンジニア。ストアカ講座や実際の開発現場で培った様々な経験をフルに活用し、「何故、ORマッパーのような技術が必要なのか」「ヘルパーとは」「デザインテンプレートとは何か」「マイグレーションとは」などなど、Ruby on Railsの実践的な知識を、簡単な演習を繰り返しながらジックリ定着していただきます。

コツコツ学ぶため、1ヶ月で設定させていただいております。
挫折した方も、これからの人、そして本気で学びたいという方は、是非受講をご検討ください。

<受講レベル>
・PHPやRubyなど、何らかの形でプログラミング言語の書き方を覚えた方

<こんな風に教えます>
座学で概念を理解して頂き、演習で実際に手を動かして頂きながら理解に落としていただきます。またイメージを掴むことが大切であるため、実際のWebアプリケーションの作成を通して、Railsの「良さ」を実感していただきます。詳しくはカリキュラムをご覧ください。

<持ち物>
お手持ちのノートPCをご持参ください。

<定員数>
5名までとさせていただきます。

この講座の先生

白井 智也

スキル習得を気軽に、かつ濃厚に。

クラウドワークスTopクラス名鑑掲載中。
https://crowdworks.jp/lp/procrowdworker/top-c...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数38

教えた人数205

カリキュラム

  • 第1回 Ruby on Rails入門講座 -6時間で大枠を掴む-

    所要 6h

    開発フレームワークを習得するには開発を知らなければなりません。そのためまずは開発の概念を、実際のサービスを例に理解していただきます。サービスに必要な要素を分解し、そこから初めてRuby on Rails含め世の中のフレームワークがどのようにしてそれぞれの課題を解決しているのかを、デモを確認しながら理解して頂きます。

  • 第2回 Ruby on Rails実践講座 -いきなりアプリケーション開発-

    所要 6h

    初日に解説した内容の復習をした後、実際にご自身でカンタンなアプリケーションを作成していただきます。恐らく様々な課題に気付くでしょう。またサービス開発においてはフレームワークを習得しているだけでは不十分なため、開発Tipsに関する話題も多数触れさせて頂きます。

  • 第3回 Ruby on Rails実践講座 -開発周りの知識を知る-

    所要 6h

    初日、2日目で大枠が掴めたかと思いますが、実際のベンチャーの現場ではRuby on Railsの枠組み以外にも様々な開発技法があります。github、AWSなどはその一例です。この回では前回まで作成したアプリケーションの体裁を整えた後、githubにpush→AWSでのデプロイを経験します。またgithubを使ったチーム開発、所謂「git-flow」に乗った開発などを紹介/演習し、実践力を高めて行きます。

  • 第4回 Ruby on Rails最終講座 -もっと実践力を高める最後の6時間-

    所要 6h

    3日間である程度Ruby on Railsの枠組みが掴め、世に出回る参考書類の知識は定着している、ないし楽に理解できる状態になったかと思います。しかし、それだけではベンチャー企業で活躍する事は不可能です。Ruby on Railsはスタートアップで使われる、最速を可能にするデプロイツールです。そのため、最終日は皆様がスタートアップエンジニアとして目指すべき方向性と、それを実現するための方法論、そしてRailsの使い方を開設していきます。

こんな方を対象としています

・開発フレームワークを覚えて起業/就職したいと考えているエンジニア志望の方
・フレームワークをコンパクトに学びたい社会人の方

受講料の説明

受講料には場所代、フォロー費用が含まれます。

受講する際は以下をお読み下さい

当日は体調管理の上、お越し下さい。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:渋谷・恵比寿

    受講料:¥ 39,800( ¥ 9,950 ×4回 )

この講座の関連ツイート

白井 智也 さんの他の講座

Page Top