4回コース 速習日商簿記3級講座(4回コース)

5回コースのうち第一回仕訳問題対策を除いたコースです。

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
日商簿記3級合格を目指して、簿記を速習いたします。全5回を考えていますが、すでにスタートしている講座の第一回仕訳対策を除いた二回目からの講座です。
個別指導にも応じますので、受講生のライフスタイルに合わせてカリキュラムを設定することも可能です。


<こんなことが出来るようになります>
速習コースなので答案練習がメインになります。問題を解きながら自然と簿記をマスターすることができます。ある程度の簿記学習されている方を想定している講座ですが、初学者の方も考慮いたします(別料金)。

<こんな風に教えます>
五回の答案練習を通して、少人数制のグループで丁寧に教えます。
答案練習と解説を組み合わせた二部構成です。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、自由に楽しく学んで頂きます。

<持ち物>
筆記用具、電卓、指定の問題集をご持参下さい。

<定員数>
定員4名 ※5回コースと同時開催なので、先着順となります。
7人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:吉祥寺・三鷹

    受講料:¥ 14,000( ¥ 3,500 ×4回 )

㈱スクエアライフコンサルティング さんの他の講座

teacher

この講座の先生

この講座の先生

清水 剛

税理士、行政書士、FP業をしています。

清水剛税理士・行政書士事務所を開業

【過去の実績】
大栄税理士学院税理士講座簿記論講師、法人会・青色申告会簿記講座、日本生命主催税制セミナー(相続税・所得税確定申告)講師等

【事務所の特徴】
 ①当事務所は、会計業務及び税務業務を中心に給与計算、年末調整、源泉所得税納付書作成等も併せて処理することが可能です。会計・税務事務全般を受託することによって、総合的な分析を通じた節税対策、経営アドバイス等を提供致します。
 ②当事務所は、起業をお考えの方、NPO法人・公益法人等の非営利組織法人の会計処理でお困りの方、PC会計で会計事務を効率化したい方など、これから経営に関わる方の様々な問題について解決できるようにご一緒に考えていきます。
 ③当事務所は、社会保険労務士事務所を併設しており、顧問先様の総務部・人事部に代わり、専門的で煩雑な労働保険・社会保険の事務、労使関係の調整(争議行為を除く。)及び給与計算等、労務管理関係業務一切を受託します。
 ④当事務所は、厚生労働大臣認可の労働保険事務組合を併設しており、事務組合のメリットである会社事務の簡素化、法人役員の労災保険加入が可能です。

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 速習日商簿記3級講座 第一回 帳簿問題・伝票問題

    <レッスン毎の開催の流れ>
    全体で約3時間
    答案練習
    解説

    すでに開催しております全5回のコースです。第2回目からのスタートです。
    第一回 帳簿問題
    ・帳簿問題の攻略
    ・伝票問題の確認
    ・試算表の作成問題の攻略

  • 第2回 速習日商簿記3級講座 第二回 合計残高試算表問題

    <レッスン毎の開催の流れ>
    全体で約3時間
    答案練習
    解説

    第二回 合計残高試算表問題
    ・合計残高試算表問題の攻略

  • 第3回 速習日商簿記3級講座 第三回 精算表問題

    <レッスン毎の開催の流れ>
    全体で約3時間
    答案練習
    解説

    第三回 精算表問題
    ・精算表問題攻略

  • 第4回 速習日商簿記3級講座 第四回 総合問題

    <レッスン毎の開催の流れ>
    全体で約3時間
    答案練習 2時間
    解説 1時間

    第五回 総合問題
      ・総合問題でレベルアップ

  • こんな方を対象としています

    日商簿記3級合格を目指して、4回の答案練習&解説で簿記を速習いたします。
    基本的には一通り簿記の講義を受けている方を対象としています。

    全くの初心者ですと、厳しいかもしれません。その場合は、個別指導にも応じますので、受講生のライフスタイルに合わせてカリキュラムを設定することも可能です(別料金)。
  • 受講料の説明


    参加費は、レッスン代・場所代を含みます。

    今回は指定のテキスト・問題集をご用意いただきます。
    受講開始日までにご用意下さい。

    使用テキスト「みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商3級 商業簿記 第4版 (TAC出版)」
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    開催日および時間は受講生の方と相談して決定することも可能です。
    基本的には、土曜日9時~12時を考えていますが、追加補講(別料金)として別の日に開催することも検討します。