【基礎】3時間でSwift⇄Rails連携!APIサーバ構築講座

SwiftアプリとRailsアプリの連携方法を最短経路で理解するための講座です。

learn

こんなことを学びます

**********************************************************
Rails技術者認定試験運営委員会 認定スクール
**********************************************************

独学でスマホ(Swift)アプリとWeb(Rails)アプリの連携を学ぼうと思っても、ほとんど文献や解説がなく、難解で、理解不能なことが多いです。

新規ビジネス開発やスタートアップを志向するエンジニアにとってその方法は、密かに知りたいと思っている人が多い領域です。

SwiftアプリとRailsアプリの連携方法を最短経路で理解する機会をつくりました。


★講義資料
http://www.slideshare.net/norotime/3swift-railsapi


★参加特典
・facebookグループでの「無料オンライン学習サポート」


★事前準備(できるだけお済ませになってお越しください)
【STEP0】Xcodeインストール(事前準備)
https://goo.gl/nCxQK3

【STEP0】Cloud9で開発環境を構築(事前準備)
https://goo.gl/LIzrDa

【STEP1】Cloud9でお試しアプリケーション開発(事前準備)
https://goo.gl/vjEfGj


★「DIVE INTO CODE」は年収400~500万円エンジニアを輩出するエンジニア養成スクールです。

公式Webページ
http://diveintocode.jp/

公式facebookページ
https://www.facebook.com/diveintocode.jp/photos
20人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:渋谷・恵比寿

    受講料:¥ 3,000

過去に開催した日程一覧

野呂 浩良 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

野呂 浩良

”ゼロからのプログラミング”のマスター

MBAエンジニア講師。リクルートやワークスアプリケーションズなど異業種・異職種への転職を4度経験。あらゆる時間を計測し、未経験の職務でゼロから短期間に成果をあげる独自の生産性向上手法を確立。ワークスアプリケーションズの特待生制度「問題解決能力発掘プログラム」の突破経験と1年間の独立起業過程でエ... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    Introduction
     自己紹介
     構築するシステムの構成と必要事項

    WorkShop
     【STEP0】Xcodeインストール
     https://goo.gl/nCxQK3

     【STEP0】Cloud9で開発環境を構築
     https://goo.gl/LIzrDa

     【STEP1】XcodeではじめてのSwiftアプリ開発
     https://goo.gl/a6Rt0D

     【STEP1】Cloud9でお試しアプリケーション開発
     https://goo.gl/vjEfGj

     【STEP1】 Swiftでブログ投稿と完了画面の作成

     【STEP2】ブログ入力欄と投稿ボタンの作成

     【STEP3】ブログ投稿データをHTTPリクエスト

     【STEP4】 RailsアプリへAPIサーバ機能の実装
  • こんな方を対象としています

    ・独学でRailsチュートリアルを写経するなどしてRuby on Railsアプリケーション開発をしたことがある(スマホアプリは開発したことがない)

    ・Xcodeを使いSwiftやObjective-Cでスマホアプリの開発をお試ししたことがある(Railsアプリは開発したことがない)

    ・Mac端末を持っている
  • 受講料の説明

    ・Swiftアプリの開発にはXcode(Mac端末)が必要です。お持ちでない場合はご参加いただけません。
    ・Cloud9の登録にはクレジットカードが必要です。お持ちでない場合はご参加いただけません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・セミナー参加当日は、必ずMac端末をご持参ください。

review

レビュー

  • 男性 30代

    この講座は「全体として満足度の高い講座でした。」でした

    APIサーバ構築ということで、そこに重点を置いて参加させていただきました。
    難しいのかなと思ったら、さらっと動いてしまい、簡単にできるじゃないかと思った半面、なぜその数工程、数行で良かったのか復習が必須だと感じました。

    また、事前準備の中で、端末にインストールすべきRubyのバージョンについて記載が無かったかな。と思います。これにより、セミナー中にrbenvをインストールしてRubyのインストールも行うという工程が必要になってしまいました。結果的には間に合いましたが、その時間が無ければもう少し詳しい解説などがもらえたのかなと思いました。

    とはいえ、事前準備できる人と出来ない人もいると思うので、クラウド上に環境を作っておいてそのアカウントを発行して、各自に配り、使ってね。となるとその場での効率的な勉強にはいいなと感じました。自宅に帰ってからの復習に向いているかというとまた別の話ですが。。。

    全体として、とてもよかったです。Swiftの簡易アプリを作ることもでき、APIを実装でき、その連携も実装出来て、動作確認まで出来ましたので、目標は達成できたと思います。