お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【刻字】書道ワークショップ~想いの文字を刻む

対面

「書」を楽しみ。。。自分で書いた文字を彫る【刻字】に挑戦してみませんか!?

こんなことを学びます

みなさんが普段書いている文字の「ルーツ」を知ってみえますか?
それは現存する最古の文字と言われる甲骨文字。

亀の腹甲や牛の肩甲骨などに刻まれた文字で、紀元前1300年頃の文字です。

人々はまだ紙や筆記用具がないとき、物に刻むことでコミュニケーションツールとしていました。

このワークショップで、そのルーツである「文字を彫る」ことを体験してみませんか?

毛筆で文字を書き、その文字をボードに写し彫刻刀で彫っていきます。
「書」の世界では、これを【刻字(こくじ)】といいます。

過去数十回の開催において大変人気のあるワークショップです!
2016年5月に都内で行われた世界最大級の寺社フェス【向源】
増上寺・神田明神・日本橋の各地で開催され、そのワークショップにて講師をつとめ大好評だった体験講座です。

毛筆と墨にふれ、「書」を体験しながら文字を彫る【刻字】。。。なかなか体験することのできないワークショップです。

ぜひ、みなさんの「想いの一文字」を、素敵なアート作品に仕上げてみてください。

◆当日は、お好きな一文字を毛筆にて書いて頂き、その文字を彫ります。

今までの講座の様子については、下記のHPをご覧ください!
【「書」の専門家 飛水〜hisui〜】https://www.facebook.com/studio.syo/  
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

練馬・板橋

価格(税込)

¥6,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
15人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

「書」の専門家 飛水~hisui~のプロフィール写真

「書」の専門家 飛水~hisui~

本人確認済み
  • 58人
  • 26回
教室ページをみる 先生に質問する

『書』の楽しさ、魅力を発信【Studio 書】主宰

「書」の楽しさと魅力、字を書くことの素晴らしさを書道のプロが伝えます!

本名:野本 昌弘  雅号:飛水

戦後日本の書道界を牽引してきた文化勲章受章・日展常務理事・日本芸術院会員である書家:青山杉雨氏に師事 
元・高等学校「芸術科書道」教諭
大東文化大学文学部 卒業

28年間、県立高等学校「芸術科書道」教諭として教壇に立ち、何万人という生徒達に教授。

「書」の古典臨書の大切さを基礎基本としながらも、「書く楽しさ」や「文字の美しさ」、そして「書の魅力」を広く沢山の人たちに伝えるため、「書」の専門家として2015年4月活動を始める。

[活動受賞歴] 読売書法展、謙慎書道展ほか多数
[所有免許状] 高等学校教諭 専修免許状「書道」、高等学校教諭 一種免許状「国語」、中学校教諭 一種免許状「国語」

銀座・自由が丘・浅草など都内各地で「書」のワークショップイベントを開催している。
現在、【Studio 書】を主宰
【Studio 書】https://www.facebook.com/studio.syo/ + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    13:00~16:30 「刻字」ワークショップ

    <当日のレッスンの流れ>
    書道体験(毛筆にて一文字の練習・原稿作品作り)
    文字をボードに写す
    写した文字を彫刻刀にて彫る
    彫り上がったボードに彩色
    フレームに取り付けて完成
    • こんな方を対象としています

      「書道」を楽しみたい方
      「刻字(こくじ)」を初めて体験される方
      「刻字(こくじ)」って何?興味のある方
      「書」を使ったアートを体験したい方
      久しぶりに筆と墨にふれたい方
      「書」の色々な分野に興味がある方
      リピーターの方もぜひご参加ください!
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      *他でも募集をしており、定員になり次第募集を締め切りますので、お早めにお申し込みください。
      *準備の都合上、キャンセルされる場合は事前連絡をお願いいたします。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?