お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

2回コース 【オンライン開催あり】3DCADと基板CADで作るプリント基板入門

2回コース
対面 オンライン

3DCADと基板CAD(Autodesk社のFusion360,EAGLE)を使用したプリント基板の設計技術を学びます。

こんなことを学びます

---------------------------------------------------
この講座は、対面とオンライン(Zoom)の両方を同時開催します!
日程欄でご希望の形態を選択してください。
下記<オンライン受講に関しての追加情報>も確認してください。
---------------------------------------------------

本講座は、次のシリーズの第2日目です。
・回路図の読み方・書き方、プリント基板作成入門(EAGLE編)
・3DCADと基板CADで作るプリント基板入門(Fusion360,EAGLE編)(本講座)

本講座だけの受講も可能ですが、過去に1日目(回路図の読み方・書き方、プリント基板作成入門(EAGLE編))を受講するか、
EAGLEで回路図、プリント基板を作成することができる知識がある方に限ります。


<こんなことを学びます>
3DCAD(Fusion360)とプリント基板CAD(EAGLE)を連携して、
筐体の3Dモデルからプリント基板を作成
作成したプリント基板を筐体の3Dモデルに反映
する方法を学びます。
Raspberry Piのケースを題材に学習します。

<こんなことが出来るようになります>
Fusion360で作成したモデルをベースに、プリント基板を作成する。
3Dモデルに対応したライブラリを作成する。
基板データをFusion360の3Dモデルに反映する。

<こんな風に実施します>
以下の内容を演習形式で実施します。
1、ライブラリの入手方法を学ぶ
2、ライブラリの作成方法を学ぶ
3、Fusion360で作成した筐体の3Dモデルからプリント基板を定義する
4、回路図、プリント基板を作成する
5、3Dモデル化したプリント基板データを筐体のモデルに反映する
6、筐体加工の発注方法を学ぶ(アルミケース等の加工を想定)

会場での受講とオンライン(「Zoomミーティング」を使用したオンライン講座)での受講から選べます。
オンラインでの受講をご希望の方には、下記「オンライン受講に関しての追加情報」をご覧ください。

<持ち物>
Windows10以降がインストールされたノートパソコン、マウス、筆記用具
※Macも可能ですが、Mac自身の操作サポート等はできませんので、ご了承ください。

<定員>
基本8名


<オンライン受講に関しての追加情報>

・オンライン講座には、「Zoom(ズーム)」を使用します。
https://zoom.us/

・動作環境は以下のページをご覧ください。
PC、Mac、Linuxのシステム要件
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A6%81%E4%BB%B6

iOSとAndroidのシステム要件
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201179966-iOS%E3%81%A8Android%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A6%81%E4%BB%B6

・本講座は、講師の画面を参照しつつ、PCの操作(Fusion360)を行っていただきます。
両方の画面を同時に参照できるように、マルチモニター、高解像度ディスプレーの使用等を推奨します。

・受講の流れ
以下のページから、あらかじめZoomの接続テストを行ってください。
https://zoom.us/test

講座開始30分前までに、接続URLをお申し込み時に登録されたメールアドレスに送信します。

講座開始10分前までに、接続を済ませてください。
(講座開始後10分を経過して接続が確認ができない場合、欠席とみなされる可能性がございますので、ご注意ください)

・受講方法について
教室での講義内容を、音声・映像で配信します。
PCの操作については、PCの画面共有機能で画面を配信します。

双方向のやり取りがありますので、受講者の方もマイク、カメラ、画面共有を使用可能な状態にしてください。

・Windows10での接続トラブルについて
Windows10を使用されている方で、講師の音声は聞こえるが、受講者のマイク・カメラが使用できない。
という現象が多発しています。
上記現象が発生する場合、Windows10のプライバシーオプションの設定で、マイク・カメラが無効になっていることが原因の場合があります。
Windowsの「設定」-「プライバシー」-「カメラ」及び「マイク」の設定をご確認ください。

・ソフトウェアのインストールについて
本講座ではFusion360を使用します。
講座開始までに、以下のページから最新のバージョンをインストールしてください。
https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

・「オンライン講座臨時開催ガイドライン」
その他の事項につきましては、「ストアカ」の「オンライン講座臨時開催ガイドライン」に準ずるものとします。
https://support.street-academy.com/hc/ja/articles/360012049599
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

浅草・上野

価格(税込)

¥28,000(¥14,000 × 2 回)

受けたい
2人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥28,000
場所 浅草・上野

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥28,000

この講座の先生

サカモト マコトのプロフィール写真
レンタル工房「浅草橋工房」を運営

サカモト マコト

東京都台東区浅草橋にてレンタル工房「浅草橋工房」を運営しています。3Dプリンターやレーザー加工、レザークラフト、木工、溶接、写真など、様々なジャンルの工作等を体験することができます。

この講座の主催団体

木工や電子工作、溶接や機械工作を中心に!

東京都台東区浅草橋にあるレンタル工房です。
木工、電子工作、溶接、機械工作、レザークラフト、3Dプリンターやレーザー加工機等をお好きなだけ体験することが出来ます。
最近はこれらの道具・設備を生かした工作教室に力を入れています。
従来専門学校や大学等に入学しなければ学べなかったことを、気軽に学習することが出来る場を目指しています。

主催団体に質問する 教室ページをみる

カリキュラム

  • 第1回 3DCADを使用した電子部品ライブラリの作成

    1、ライブラリの入手方法を学ぶ
    2、ライブラリの作成方法を学ぶ

  • 第2回 3DCADと回路図CADの連携

    3、Fusion360で作成した筐体の3Dモデルからプリント基板を定義する
    4、回路図、プリント基板を作成する
    5、3Dモデル化したプリント基板データを筐体のモデルに反映する
    6、筐体加工の発注方法を学ぶ(アルミケース等の加工を想定)

  • 受講する際は以下をお読み下さい

    本講座は他のサイトでも募集しているため、早期に募集を終了する場合がございます。

    店内での食事(アメ・ガムを含む)はご遠慮ください。一部スペースでは飲み物もお断りいただいております。
    店内および周辺の道路は禁煙です。
    写真撮影は可能ですが、他の参加者、講師等が写らないようにご配慮ください。
    動画の撮影・録音はお断りいたします。
    貴重品はご自身で管理してください。

    その他、店内スタッフの指示に従っていただきますようにお願いいたします。

    また、本講座の内容を実施した結果について講師および主催者は一切の責任を負いかねます。
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

この主催団体の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?