木のボールペンを作る(木工旋盤体験)

木工旋盤で木材を削って木のボールペンを作ります。天然の木材を削りますので、世界に1本だけのオリジナルボールペンが出来上がります。

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
木のボールペンを作る方法を学びます。
木工旋盤の基本的な使用方法を学びます。
塗装等の仕上げを学びます。

<こんなことが出来るようになります>
木工旋盤を使用してボールペンを作ることができるようになります。

浅草橋工房の安全講習を兼ねていますので、講座終了後は講座で使用した木工旋盤を使用してご自身でペン作りを行うことができます(別料金)。

<こんな風に学びます>
ボールペン作成キットを使用します。
木材のカットは事前に行われており、芯を挿入するパイプはあらかじめ接着されています。

<持ち物>
汚れても良い服装(巻き込みに注意してください)

<定員>
基本 2名
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

浅草・上野

価格(税込)

¥4,320

受けたい
13人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

河口 茜のプロフィール写真
木工、アクセサリー中心の講師です
河口 茜

浅草橋工房スタッフです。
木工やアクセサリーを中心に担当します。

この講座の主催団体
  • 2472人
  • 801回
木工や電子工作、溶接や機械工作を中心に!

東京都台東区浅草橋にあるレンタル工房です。
木工、電子工作、溶接、機械工作、レザークラフト、3Dプリンターやレーザー加工機等をお好きなだけ体験することが出来ます。
最近はこれらの道具・設備を生かした工作教室に力を入れています。
従来専門学校や大学等に入学しなければ学べなかったことを、気軽に学習することが出来る場を目指しています。

主催団体に質問する 教室ページをみる

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    所要時間約3時間

    木工旋盤による加工1時間程度
    仕上げ2時間程度

    体験する主な工程:
    4、システムバレルトリマーを使用してパイプと材料の端面を揃える
    5、木工旋盤にペンマンドレルを使用して木地を取り付ける
    6、好みの形状に木地を削る
    7、サンドペーパーで表面を研磨する
    8、塗装する
    9、ペンプレスを使用してペン金具を木地に圧入する

    あらかじめ準備されている工程:
    1、木地をペンの大きさにカットする
    2、木地の中心にパイプを挿入する穴をあける
    3、パイプを木地に接着する
    ※1~3の工程を講座終了後行うことができます。(別料金)
     作成した木地は講座内ではペンに加工できませんので、ご注意ください。
  • こんな方を対象としています

    木のボールペンを作りたい方
    木工旋盤を使用してみたい方
  • 受講料の説明

    参加費に含まれるもの:
     体験料、工具使用料、材料、工房使用料、傷害保険

    参加費に含まれないもの
     追加の材料費(ペン金具と木材。「当日の流れとタイムスケジュール」の工程1~3を体験する場合に必要です):1,080円(税込)
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ペン金具、木材は選択できません。

    汚れても構わない服装でお越しください。
    店内には大けがにつながる工具・機械等が多数設置されています。無断で工具・機械類にお手を触れないようにお願いいたします。また、お子様といらっしゃる場合、お子様からは目を離さないようにお願いいたします。

    店内での食事(アメ・ガムを含む)はご遠慮ください。一部スペースでは飲み物もお断りいただいております。
    店内および周辺の道路は禁煙です。
    写真撮影は可能ですが、他の参加者、講師等が写らないようにご配慮ください。
    動画の撮影・録音はお断りいたします。
    貴重品はご自身で管理してください。

    その他、店内スタッフの指示に従っていただきますようにお願いいたします。

review

レビュー

  • 1

  • 楽しかった!( 1 )

  • 勉強になった!( 1 )

  • 行く価値あり!( 1 )

  • 男性 40代

    この講座は「イメージ以上の作品が作れる講座」でした

    初めて木工旋盤やボール盤を使って、木のボールペンづくりをしました。
    イメージ以上の作品が製作できて大満足です。
    1回で終わることなく、これから、経験を増やして、木のペンづくりをしたいと思っています。先生は、わかりやすくポイントを教えて頂き、基本的には手を出さずに、自分に作業をさせて頂いたのが非常に良かったです。また、木工関係の別の講座も機会があれば受講したいと思います。

  • more

    この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています