お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

ママ・パパ必見!足の速い子どもの育て方!

オンライン

「走るのが遅いから運動が嫌い...」そんな子どもを一人でも減らしたい。ママ・パパが簡単なことをするだけで子どもの足は速くなります!

こんなことを学びます

※2/20更新
動画使用料として、受講料の10%(100円)が娘におこづかいとして渡されます。
現役保育士さんに絶賛されました!

ーー 1.こんなことを学びます ーー

◎足の速い子どもに育てるために、ママ・パパができる簡単な動作を学びます。
断言します。99%のママ・パパは子供と一緒に走るときに本当にもったいないことをしています!

ーー 2.こんなことが出来るようになります ーー

◎子どもの足を速くすることができます。
「速く走る」ことは、幼少期のかけっこや鬼ごっこ、リレーに始まり、あらゆるスポーツで重要な要素になります。「速く走る」ことができるようになることで、子どもがスポーツ嫌いになる可能性を少しでも減らします。
※成果を保証するものではありません。

ーー 3.こんな風に教えます ーー

・Zoomを用いたオンライン講義を実際の動作を交えながら行います。
・広いスペースは必要なく、その場でできる動作になります。
・体力に自信がない方でも問題なくご参加いただけます。もちろんママの参加も大歓迎です。
・講義ではまず結論から述べていきます。時間のない方でも最初の部分にご参加いただくことで大まかな内容は把握できます。

ーー 4.背景 ーー
「10秒1」

私の6歳(幼稚園・年長)の娘が50mを走った時のタイムです。
2019年の報告から小学生女子の50m平均タイムを見ると
 小学1年生 女子 11.77
 小学2年生 女子 10.94
 小学3年生 女子 10.35 ←
 小学4年生 女子 9.88
なんと幼稚園児にして小学校3年生の平均以上のタイムです。

「測定ミスじゃないか?」
そんな声もあるかと思いますが、測定は光電管タイム計測器という装置を使ったイベントで行っています。

「素質でしょ!」
それもあるかも知れません。しかし、娘は他の子どもとは質的に全く違う走りをしています。筋力や瞬発力の問題ではありません。娘は、「速く走るために必要な動き」ができているんです。だから速く走ることができます。

なぜそんなことを断言できるのか?それは、私自身が陸上競技の100m走の専門家だからです。

ーー 5.速く走る ーー

私は、選手として100mを10秒台で走り、全国大会にも出場しました。また、多くの研究論文を読み、「速く走る」ことについて研究をしてきました。そして、高校保体教員として陸上部の生徒への指導に試行錯誤してきました。

その結果として、「速く走る」ことはコツをつかめばそれほど難しいことではないことが分かっています。ただし、そのコツをつかむのには時間がかかります。高校生の場合、10年以上体に染みつけてきた走りを変えるのは難しく、1年以上の反復トレーニングでようやく効果が見え始めてきます。

一方、私の娘には、走り始める1歳終わりのころからあることをしてきました。それは何か?「速く走るコツ」を身に付けられるよう、娘の隣で誰にでもできる簡単な動作をしていただけです。

ここには仮説がありました。子育てをすると実感しますが、子どもは本当に親の真似をします。話し方から日常動作まで、ありとあらゆる真似を通して子どもは成長していきます。ということは、「走り方」も親の真似をするのではないか…。

するとどうでしょう!高校生が1年以上かかっても中々身に付けられない「速く走るコツ」を、走り始めた2才の娘はいとも簡単に身に付けていたのです!これには本当に驚きました。そして、この時の興奮は今でも忘れられません。(この時の映像も講義でお見せします)

ーー 6.まとめ ーー

子どもは天才です。誰から教えられたわけでもなく、隣で動く私のある姿を見ただけで、「速く走るコツ」を真似していたのです!

また、これは私だからできたことではありません。「子どもが走るの遅くて...。」そんな相談を受けた複数のパパ・ママにあるコツを伝えると、「走り方がきれいになって速くなった!」「トコトコ走りじゃなくなった!」と、そんな嬉しい報告をたくさん聞いています。

子どもには「速く走る」ための特別なトレーニングは必要ありません。親の真似をする。ここに全てがあります。

みなさんは子供と一緒に走るときに何をしていますか?断言します。99%のパパ・ママは本当にもったいないことをしています!どんなパパ・ママでもできる簡単なことが、子どもが持つ無限の可能性を開かせてくれます。
ぜひ講義の内容を活かして、子どもに速く走れるようになってもらいませんか?

ーー 追記 ーー

<元高校教師として>
私は元高校の保健体育教師です。現場では、運動の好きと嫌いの二分化が顕著となっており、体育の時間には活発に運動するグループと、隅の方で気配をなるべく消そうとしているグループがいます。こうした姿を見て、運動嫌いの生徒に何もしてやれないことに体育教師として罪悪感を感じていました。

こうした二極化には、幼少期からのスポーツでの成功経験の有無が大きく影響しています。そして、「走ること」はその大きな基礎となっています。かけっこ、鬼ごっこ、リレー、あらゆるスポーツで「走ること」が重要な要素になっています。想像してみてください。「足は遅いけどスポーツは大好き!」という人がどれだけいるでしょうか?

私はオリンピック選手を育てたり、100mで活躍できる選手を育てたいわけではありません。
「この活動を通して、将来のスポーツ嫌いを一人でも減らし。スポーツ好きを一人でも増やしたい。」
そんな体育教師時代の原点というべき思いからこの活動を始めました。


<今後に向けて>
「幼少期に隣で走る親の動きが、子どもの走りに影響を与える」
これは研究によって裏付けられた理論ではありません。だからこそ私は挑戦します。
この活動を通し、参加いただいた方のご協力のもと追跡調査を行っていきたいと考えております。そして、その結果をまとめ、いつの日か研究論文にまとめあげたいと思っています。ぜひご協力をよろしくお願いいたします。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥1,000

受けたい
6人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥1,000

この講座の先生

「速く走る」で「未来を明るく」

「速く走る」

このことができると、子どもの未来はより明るくなります。
かけっこ、リレーでの活躍はもちろん、あらゆるスポーツで「速く走る」ことは有利になります。

そして、子どもが「速く走る」ようになることは難しいことではありません。大切なことは一つだけ。

隣で走るママ・パパがあることをするだけです。

--------------
選手としての実績、高校陸上部の生徒への指導、数多くの研究論文、そして自身の子育ての経験。
これらを通して辿り着いた、どんな子供でも「速く走る」ことができる方法を伝えていきます。
--------------

実績
 100m10秒台、全国大会出場

経歴
 元高校保健体育教員(勤続10年)
 県陸協強化スタッフ(短距離)
 (株)リクラウド代表取締役
 陸上クラブRIXPERTの運営

高校教員という安定を捨てでも実現したい夢がありました。
「速く走る」ことで全ての子どもの未来をより明るくしていきます。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    30分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    10分 概要説明、講義
    10分 実技(その場で行える動きになります)
    10分 まとめ、質疑応答
    • こんな方を対象としています

      ☆子育て中のママ・パパ
      ☆子どもに運動好きになってもらいたいママ・パパ
      ☆幼稚園、保育園の先生
      ☆「速く走ること」に興味のある方

      ※子どもが走り始める前に講義を受けることが最大限の効果を生みますが、小学生のお子さんの場合でも効果のある内容です。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ▶︎当日の参加方法
       Zoomアプリを使用します。
       開始までにミーティングの詳細をご連絡させていただきます。
       持ち物は特にありません。

      ▶︎注意事項
       カメラはオン/オフどちらでも構いません。
       講義中の撮影はご遠慮ください。

      ▶︎Zoomについて
       事前にご準備ください。
       下記にzoomの詳細記載がありますので、ご参照ください。

       ・ストアカのZoom接続手順ガイド
      https://support.street-academy.com/hc/ja/articles/360012726300-Zoom-%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%81%AE%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E6%89%8B%E9%A0%86%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%82%E3%82%8A-
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー2

    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 2 )
    • 行く価値あり!( 1 )
  • M2

    男性 20代

    この講座は「子どもが運動を好きになれる講座」でした

    もともと子どもにとって運動が大切であることは知っていましたが、その運動に興味を持つためのきっかけとしてすごく役立つ講座でした。

    「速く走れるようになったからなんだ?」と思ってしまいそうですが、そこから運動を楽しむことや、自己肯定感へと繋がっていくことを知り、驚いてばかりです。

    私は今2歳の子どもがいます。
    ちょうど今から始めると良いと言うことで、ぜひ自分の子にもやってあげたいと思いました。

    決して難しくはありません!
    小さな子どもでも実践できる「遊び感覚」で楽しめる講座でした。
    すごく楽しかったです。

    先生からのコメント

    ご受講いただきありがとうございました。また、ありがたいお言葉をいただきありがとうございます。
    2歳のお子様にはピッタリの内容で、講義内容がお子様の将来にプラスの影響を与えますことを願っております。
    本当にささいなことですが、そこが子どもに大きな影響を与えます。ぜひコツを意識してお子様の隣で走ってあげてください!

  • M2

    その他

    この講座は「とてもためになる講座」でした

    初めての利用だったので、若干不安もあったのですが、優しくわかりやすく説明して頂き、とても勉強になりました。子供の足を速くするために、大事なことを要点を絞って教えて頂き、(あれもこれもとなると実践するのが大変なので)常に頭に置き、子供と接することができそうです。親向けの講座だったのですが、子供も楽しんで足踏みしていました。ちょっと途中グズグズして申し訳なかったのですが、お手頃な金額で、勇気を出して申し込んでよかったです!またぜひ受講したいです。ありがとうございました。

    先生からのコメント

    大変うれしいお言葉をありがとうございます。
    今回の講座をきっかけに、お子様が走ることに自信を持ってくださると大変うれしいです。
    「足が遅い」のは親のせいでもなく、本人の才能不足でもなく、「走り方を知らない」ことに尽きます。
    ぜひお子様と一緒に動く中で、「走りのコツ」が自然と身に付けられることを願っております。
    ありがとうございました。

  • 他の人はこんな講座も見ています

    16

    開催リクエスト受付中

    新宿・代々木 / オンライン
    • レビュー19件

    この講座に関連する講座

    16

    開催リクエスト受付中

    新宿・代々木 / オンライン
    • レビュー11件
    4

    開催リクエスト受付中

    オンライン

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?