おしえる人のためのライフスタイルマガジン

千葉 順

  • Jun Chiba
  • 株式会社HEART QUAKE 代表取締役
  • Web・IT

過去300人が学んだプログラミング講座の講師


ストアカでも毎回Sold outになる大人気講座「0からのプログラミング講座」を教えていらっしゃり、また企業向けのITスキル研修講師としてもご活躍されている千葉さんにお話を聞きました。ご自身で起業され、会社の代表取締役として「世の中にワクワクを提供する」ことを目的として、教育を中心に様々なプロジェクトの企画・運営を手掛けている千葉さんが、若くしてIT教育という事業に興味を持ったきっかけと、その背景にある思いについて、お話を伺います。

SONY DSC

 

こんにちは、本日は宜しくお願いいたします。千葉さんはご自身で起業されて代表取締役なんですよね。株式会社HEART QUAKEはどんなことをやる会社なのですか?

HEART QUAKEは私が前の会社の同期と二人で2010年10月に興した会社で、現在は4期目を迎えています。主な事業内容としては、IT研修やセミナーを行なっています。企業クライアントに対して、ITスキルの向上やチームビルディングを目的とした研修やセミナーを開いたり、また企業を対象にしたセミナーと同じコンテンツを個人に対して、教室やセミナーといった形で提供もしています。

SONY DSCどういったきっかけで教育事業を始めようと思われたのでしょうか。そもそも会社を興されたきっかけなど教えて下さい。

大学卒業後、ワークスアプリケーションズという大企業向けのシステムを作っているIT企業に就職しました。そこでエンジニアとして勤務していたのですが、当社が毎年開催していたインターンシップがとても特殊で、採用業界でも有名だったのですが、そのインターンシップの運営に携わる機会がありました。春夏合わせて400名しか参加できないインターンに毎年100倍以上の倍率である4万人の学生から応募があり、ほぼ毎年「学生が後輩にオススメしたいインターンシップ第1位」に選ばれていました。

人気の理由はチャレンジングなお題と参加内容でした。たとえば実際にあった例ですと「理想的な時計をプログラミングを使って作ってください」というお題をキットがはいったPCと共に渡されて3日後に何かアウトプットを提出する。指示はただこれだけです。

このプログラムの狙いは、既存にある答えではなく答えのない問題にチャレンジし、ゼロから考えて作れる人材を発掘することなのですが、面白いことに、フィードバックも上からABCのランキングがつくだけで、コメントは一切ないのです。なぜAではなくCがついたのか。その理由も自分自身で考えて答えを探し出すべき(誰も何も教えてくれない)という教育的テーマがあります。

このインターンシップの運営側に社内メンバーとして携わるには、社内の評価で上位20%以内と認められた優秀なエンジニアでないと関われないのです。私は入社5年目にインターンシップのリーダーを任されるようになりました。

SONY DSC

そこで様々な学生さんの相手をすることになったのですが、その過程で、工学部なのに意外にもITスキルが低い学生が多いという発見がありました。IT業界はどんどん進んでいくものだから、自分が学生だった時よりも知識や技術、SNSなどが高くてしかるべきとおもっていたのですが、実際には、ショートカットキーの使い方一つも知らない人や、プログラミングを全くやったことがない学生が多く、驚きました。

でも、よくよく考えてみたら単純に体系的にITスキルを学べる場が大学という場所には設けられていないのですね。IT企業が増えており、今後日本を担う産業になりつつあるのにも関わらず、プログラミングを学べる学校が限られていて、就職後に使うITスキルを卒業までに身につけれる学生が少ない。理系の学生でもそうですから、ましてや文系の学生がITスキルを学ぼうと思った時に、はたして学校で学べるのか?と考えた時には現実的ではないと思ったのです。

これはおかしい!と思ったのですが、嘆いていてもどうしようもないので自分で教えてみようと思ったのがIT教育事業をやろうと思ったきっかけですね