飯田 康代

飯田 康代

エリア
神奈川

楽しく、正しく、気長にキッズマナーを伝え、子どもの長所ややる気をコーチング

  • 開催回数 0

  • 教えた人数 0

  • 受けたい 0

  • 感想 0

スキル&専門知識タグ

  • グローバルキッズマナー講師、チャイルドコーチングアドバイザー、チャイルドマインダー、チャイルドセラピスト、子ども英会話インストラクター

【職歴】
広告制作業務5年
秘書業務5年
幼稚園でのお預かり保育1年
小学校1〜2年の学童保育1年半
現在2歳の娘の子育て中

【保育への想い】
娘が生まれて、私は娘に何を伝えられるだろう、娘にどの様な人になって欲しいかを考えました。その結論が下記の3つです。

①マナーとは思いやり→いじめを無くす
私は秘書の仕事を長くしており、マナーの重要性を感じました。マナーとは“思いやり”です。相手に不快な思いをさせない事がいじめを無くす事に繋がっていくと考えます。‘ありがとう’と言う優しい気持ち、当たり前の事を疎かにしない様に、それがキッズマナーです。

②グローバルな人になるために、日本の文化を知る、日本を好きになる
国際人として通用するために我が子に英語を習わせる親御様は多いですよね。私も英語が話せないですが、子ども英会話インストラクターの資格を生かして娘に‘英語で子育て’をしたり、英語を習わせたりしています。でも英語だけでは国際人になれません。ここでもグローバルマナーが必要になります。そして日本の文化、良さを海外に伝える事が出来る様になる事です。四季折々の年中行事、日本の1年はとても賑やかで楽しいと感じる日本人の心を持っている人は素敵ですよね。その様な人になれるような子育てを心掛けます。

③生き抜く、挫折しない、強い子になる
失敗しても挫折しないで次に進む、どんな状況でも(震災も含めて)楽しみや幸せを見つけ前向きで生き抜く、その様な視野の広いやる気に満ちた子になって欲しいと親ならば願いますよね。そのお手伝いをするのがチャイルドコーチングです。自分で出来る事は自分でする、自分で考え選択し実行する、お子様の自立を導きます。

長々と堅っ苦しく書いてしまいましたが、しまじろうの教材ビデオの制作に携わっていた経験を生かして、以上を楽しく、正しく、気長に教える(直ぐに出来る子はいません(笑))事が私の子育てです。多くの子供達の成長のお力になれたら嬉しいです♪

スタンプ

  • 楽しかった

    0
  • 勉強になった

    0
  • 行く価値あり

    0