津幡 貴志 『現場で役に立つ』 データベースを知りたい・構築編 location 大阪
  • 開催回数 0
  • 教えた人数 0
  • 受けたい 0
  • 感想 0

profile

■はじめに
組織を持つ現場で、データベース・システムを使用していない会社は稀です。
そこで私は、学校の講師ではありませんが、このインフラをお借りして、現場で求められスキルを、お伝えできればと思います。
LinuxOS、データベースの仕組みを知りたい、IT業界、SEを目指す皆様への第一歩として頂ければと思います。


■現場で必要なポイント
インフラ基盤、ミドルウェアの基礎。
① 社会の現場では、開発部門と会話ができる設計者である事。
   → なぜ、データベース設計者は開発部門と会話が必要なのか?
② 本番環境のデータベース・システムの構築し事前のテストを終了できる事。
   → OracleRac, MySQLなどRDBMSの設計、構築するためには、どんなスキルが必要なのか?


■設計者の基礎
職種としては、OS等を含め幅広い知識をデータベース担当者は必要ですが、以外と世間のDBAと呼ばれる人も、Linux等、OS・カーネルに弱いことが多いことも常です。
社会では、チームで動くことが多いため、専門性に特化した人が必要なのですが、私はその現場で長年働いております。

skills

スキル&専門知識タグ

  • mysql
  • データベース
  • Linux
  • oracle
  • 設計
  • 構築
  • 0

  • 楽しかった!( 0 )

  • 勉強になった!( 0 )

  • 行く価値あり!( 0 )