遠藤 邦夫のプロフィール写真

遠藤 邦夫

(27)
  • 106人
  • 53回

誰でも役者になれるをモットーとしています。

これまで、100本以上の公演にかかわり、その大半は演出として関わって来ました。演劇の面白さを多くの方に知って貰おうと、2003年より演劇教室を開催しています。
世の中に役者を目指す人は沢山います。また役者に成る為のプロセスも沢山あります。
ところで、役者に成る為の条件とは何でしょう?
基本的な肉体の柔軟性、容姿、きちんとした発声、演技力、台本の読解力、経験でしょうか?
このような条件が本当に役者に必要なのでしょうか、有名な役者と言われる人を思い浮かべてみて下さい。芝居は下手だけど味がある役者さん、演技の勉強などはしたことのない役者、まったく演技経験の無いのに主役をやる新人、こう考えると役者になるのに条件など無いと思いませんか。
演劇工房では売れる為の演技の方法は教えられません。またそんな方法は無いと思っています。演技は教えられて上手くなるものではありません。あくまでも自分で発見するものだからです。演劇工房のレッスンで行われるのはひとり一人の中にある可能性を見つける事です。後はあなた次第です。たとえ一人の観客の前でも、そこで演じて本人が役者だと思えばその時すでにあなたは役者なのです。

遠藤 邦夫の教室ページの見出し画像

演劇工房ワークショップ

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー27件

女性 20代

この講座は「気分転換のできる楽しい講座」でした

同じ文章を誰に向けて話すかによって、話し方や感情の込め方が変わっていく。普段意識せずしていることが意識すると思うように出来ず、自分をコントロールするって難しいことなんだな、と思いました。
台本読みでは、役の設定は書かれておらず自分で読み、彼はどんな子なのかと考えながら演じるのが楽しかったです。
初めは恥ずかしさがありましたが、共に受講している方々に気持ちを引っ張られ、最後は自分の思うがままに出来たかと思います。
とても良い気分転換になりました!

続きを読む

女性 30代

この講座は「初心者に優しい基礎講座」でした

基礎トレーニング(初心者にも充分ついていける軽さ)のあと即興劇(これは色々な意味で難しい)と簡単な本読み(楽しい)という構成で、「扉をあけて演者の世界を覗き込んだ」くらいの演劇体験でした。
日頃の自分というものを忘れていいよ、と云われる場はなかなかないと思います。大声を出すのでより自分を解放できますね。
とても楽しかったです。機会がありましたらまた参加したいです。

続きを読む

女性 20代

この講座は「芝居の基礎を鍛える!」でした

一回の中で身体の使い方から発声から、エチュード、台本読み合わせ…と、充実した内容でした!
講座を通してたくさんの気付きが得られましたし、芝居の基礎を体験できました。

続きを読む

女性

この講座は「名前の通り演劇体験!」でした

セリフを読んだり、エチュード(ある設定の中で劇を展開していく)をやったり、私は女ですが男の子の台本を読んだり、普段だったらできない体験が出来てとてもおもしろかったです。あまり広くなく、こじんまりとした場所だったのもよかったです。劇団に入るのは難しいけど、演劇をやってみたい!と言う人や、声を出したい人にもオススメです。

続きを読む
22 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真