山崎 孝久のプロフィール写真

山崎 孝久

本人確認済み
(0)
  • 0人
  • 0回

外国為替相場・エリオット波動の研究家

2005年からFXを始めて、いろいろな相場を目のあたりにしてきました。

フィボナッチ、エリオット波動、その他テクニカルの分析が大好きで、細く長く外国為替相場の行く先を研究しています。

中でもエリオット波動の出会いは衝撃的でした。
「どうすれば相場の本質を見抜けられるのだろう」と
いろいなやり方を模索していたところ、
あるアメリカの個人トレーダーの過去のブログをたまたま見つけて、未来の予測の動きを線で書いてありました。

現在の動きと照らし合わせてみれば、ターゲット予測の誤差はあるものの、なんとほぼその通りに動いているではありませんか。

あの時の衝撃は今でも忘れられず、その時のアメリカの個人トレーダーはエリオット波動を使っていると分かり、その後は波動論の研究に没頭して今に至っています。

これを一人でも多くの人に伝えられたら、大変嬉しいです。

2005年 たまたま見ていたテレビでFXを知る。
2008年~2009年 リーマンショックで相場の恐ろしさを実感
なんとか生き残りました。
2009年~ 2009年にエリオット波動に出会う~現在に至る

企業研修のご依頼はこちら
山崎 孝久の教室ページの見出し画像

外国為替相場・研究会

外国為替相場の未来の動きは、どのように決定されるのだろうか?

ニュースや情報、専門家による見解を毎日見聞きしますが
はたしてファンダメンタルで相場は動くのか?

この教室ではファンダメンタルを100%否定しているのではなく、
それを追いかけても膨大な情報と時間がかかり、
それでも違う方向に行く場合があり、間違える時は間違えます。

それよりも「相場の事は相場に聞け」という言葉がありますが、
「相場の事はチャートに聞け」が一番の近道です。

賛否両論も出ると思いますが、波動論から言えば
相場の内部構造は決まっていて、後から出て来るニュースや経済指標などは
値動きの後の、後付け解釈にすぎないのです。

なかでもエリオット波動理論は、テクニカル分析のなかでも
もっともやりがいのある分野で、世界中のトレーダーも
エリオット波動に注目している人が多くいます。

勘違いしないでほしいのが、エリオット波動は難しくありません
実にシンプルです。

私は約10年これの研究をして来ました。
もちろん短所もありますが、長所のメリットの方が大きいのです。

エリオット波動の他に移動平均線、フィボナッチ、MACD、RSI、その他
などを絡ませて行けば、より正確な判断に近づけて行けます。
それについても学べます。

ぜひ経験をして見てください、技術は一生自分のものになります。

FXと聞くと儲け、利益が先に来ます。最終的にはそれを目指すのですが、
儲け、利益が先に来れば長続きしません。
まずは相場を楽しみましょう!!!利益は後からついてきます!!!

【こんな方におすすめ】
・FXを始めようと考えている方
・FXを始めたばかりの方
・今までトレードが上手く行っていない方
・エリオット波動をもっと深く知りたい方
・副収入を増やしたい方
・投資先を考えている方
ホームページ
http://gaitamedo.com/

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真