お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

Hachiya Yasukoのプロフィール写真

Hachiya Yasuko

本人確認済み
(29)
  • 70人
  • 49回

怒りに 振り回されない 育児!

24年の教育経験。
5,200人以上の教育実績。

1967年生まれ。
東京都文京区生まれ、東京都中野区育ち。3児の母。
《取得資格・免許》
中高教員免許
調理師免許
漢方養生指導士
アドラー心理学勇気付けトレーナー
アドラー心理学育児リーダー
アドラー心理学カウンセラー修了 
「TOC Learning Connection」国際認定資格
アンガーマネジメントキッズインストラクター 他

約25年間、高校で教育に携わっています。

ブレブレだった子育て軸・自分軸・親軸をどっしり太く、しなやかに
再構築することが できます。
 【アドラー心理学】【教育TOCfE(クリティカルシンキング)】に基づく
考え方で、メンタルコントロールを学んでいただきます

参加者ご自身の「感情」「感情の目的」
「育児の目標」「問題解決方法」「達成させるための手段」を
現職高校教師が ご一緒にひも解きますヾ(*´∀`*)ノ

企業研修のご依頼はこちら
Hachiya Yasukoの教室ページの見出し画像

アドラー + 図形を用いた解決法☆後悔しない☆育児

 ブレブレだった子育て軸・自分軸・親軸をどっしり太く、しなやかに再構築することが できます!!!
みつばち企画がLINE公式アカウントに登場!

お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。
https://lin.ee/yw7eGwl

 【 行動を制する者は、結果を制す(*´∀`*) 】

 待ちに待った我が子なのに。。。
どうして? 泣くの???
どうして? 怒るの?
どうして? 言うことをきかないの?
なんで???
こんなに頑張っているのに!!
もう!どうしていいのか分からない!!(つд⊂)

そんな不安を配偶者に話しても、返ってくる言葉は
何か 違う!

そんな事を思ったことはありませんか?
わたしは、ありました~

アドラー心理学は、古くて新しい考え方です。
だから、使いこなすのには ちょっとしたコツが必要です

そうなのです!
「知る」のではなく、『使う』のです(*´∀`*)

「知る」のであれば、本やネット記事を読めば知ることができます。
しかし、『使いこなす』には習得することが必要となります

つまり、お稽古事と同じで、本やネットでは習得ができません

スキマ時間に是非
お立ち寄りくださいヽ(*´∀`)ノ
まずは、体験してみてください

これまでとは、全く違う行動は楽しいで~す(*´∀`*)

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー29件

男性 40代

この講座は「自分の悩みを図にしてスッキリできる講座」でした

職場での悩みをテーマにしました。先生からの質問に答えて、自分の思いと相手の思いを図にしてもらい、今後できることを考えました。図を見ることで、悩みの全体像を客観的に把握することができました。
これまで自分一人で悩んでいましたが、話をして、先生に悩みを共感してもらえたことも、心の大きな支えになりました。今後、仕事をするうえでの力になります。

男性 50代

この講座は「気づきを与える」でした

前回は、娘が都合がつかず、父のみ参加となりましたが、有意義でした。今回は、娘と一緒に参加し、娘もいろいろ思うところがあったようです。娘のことを『努力することが好き』と評してくれたのは、言い得て妙でした。残念だったのは、オンラインで、聞きにくいところもあり、伝わり具合が、3割減くらいでした。次は、対面で受講できるとよいです。

女性 40代

この講座は「こどもの考える力を伸ばす講座」でした

小学生の娘と一緒に参加しました。
あるテーマの課題について問題解決のツールを使って考え、解決策を考えました。
娘は、そこで学んだツール(クラウド)について
・「〜するためには◯◯必要がある」というふうに要望を確認することで自分の考えを復習できるので面白い
・ステージさえクリアすればどんどん先に進めるゲームと違って、上記のようにちゃんと振り返る過程があるのが良い
と言ってました。たくさん考え、楽しい時間です。そして、大人もこどもの学びから刺激を受ける、そんな講座でした。

男性 50代

この講座は「子どもが自己肯定感を得られる講座でした」でした

新しく買ってもらったゲーム機をもって
友達の家に行ったら「明日まで貸して」といわれた

本当は、貸したくないけれども
嫌われたくもない。。。

そんな対立を、『お友達も自分もよい』の両立(Win‐Win)に変える為に
自分には、どんな思い込みがあるのかを考えました

その後は、各チームで自分たちの日常生活内での【対立】を【両立】に変えました

講師からの、事例も勉強になりました  

20 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真