Tunnicliffe Luke イギリス人とアメリカ人のハーフの英語教師 location 東京
  • 開催回数 1
  • 教えた人数 2
  • 受けたい 19
  • 感想 1

profile

1982年イギリス生まれ。イギリス人の父とアメリカ人の母を持つ。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカのノースカロライナ州の高校に転校、イギリス英語とアメリカ英語の違いを経験。Wesleyan Universityを卒業後、雑誌編集者/記者の仕事を経て、2005年、JETプログラムで来日。新潟の中学校で2年間英語教師をつとめ、その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学大学院にて翻訳論を学ぶ。

2010年に開設した自身のホームページ「英語with Luke」は開設直後からコアな英語学習者の間で話題となる。「元気ですか?を意味する20のフレーズ」「ハーフは英語で何というか」「セミコロンの使い方」など、初心者から上級者までレベルを問わず楽しめる記事でまたたく間に人気を博し、月間100万PVを記録する破格の人気サイトとなっている。著書に『アメリカのスラング、イギリスのスラング』(研究社)がある。

skills

スキル&専門知識タグ

  • 日本語能力試験1級
  • 1

  • 楽しかった!( 0 )

  • 勉強になった!( 1 )

  • 行く価値あり!( 0 )

  • 女性

    この講座は「ぜいたくなレッスン」でした

    先生は有名な方なので、ご本人を前にして最初はかなり緊張しましたが、「癒し系」という言葉がぴったりな方で、すぐにそれもほぐれました。驚いたのは、セミナー後のフォローです。 セミナー中のやりとりでの私の英語の誤りをピックアップし、それぞれについて「なぜ間違いなのか」「どう言うべきだったのか」をメールで詳しく解説してくださいました。大人数のイベントでは決して受けられないぜいたくなレッスンでした。