川北 麻緒 乙女ゲームシナリオライター location 東京
  • レビュー 5
  • 教えた人数 17
  • 開催回数 3

profile

2005年頃よりフリーランスのシナリオライターとして活動。
2010年、ひつじぐもにジョイン。
執筆タイトルは、「逆転吉原」「男遊郭」「女王蜂の王房」等(+自社タイトル)。
現在もメインで監修をしているのは 「夢王国と眠れる100人の王子様」や「パラノーマル・キス」。
現在はコンテンツ事業部統括として、経営や人事にも携わる。
また、シナリオライターインターン生の教育も担当中。
その他の実績はこちら→http://hitsujigumo.co.jp/category/case/

乙女ゲームのシナリオ制作に関わってみたい、すべての方へ。

どんなふうに一歩を踏み出せば良いのか、
どんな心構えを持ち、どんな姿勢で仕事をしていくべきなのか、
それらをお伝えし、素敵で誠実な乙女シナリオ作家が生まれるお手伝いをしていきたいと思っています。

文章が上手なだけでは駄目。
感性が豊かなだけでは駄目。
ただやる気があるだけでは駄目。

この業界で生き抜く方法を、
シナリオの手法と一緒にお伝えしていきたいです。

skills

スキル&専門知識タグ

  • 乙女シナリオ
  • シナリオ執筆
  • ゲーム
  • 5

  • 楽しかった!( 2 )

  • 勉強になった!( 4 )

  • 行く価値あり!( 4 )

  • W1

    女性 30代

    この講座は「新しい発見の多い講座」でした

    重要なポイントに絞った講座でした。
    ぼんやりとした認識を明確に解説されたことでモチベーションが高まり、今後の自分のビジネスで活かすことができそうです。
    とても有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

  • 女性

    この講座は「初心者にも楽しい講座」でした

    シナリオを書くということや、乙女ゲーム業界の事は遠い世界の話のように感じていましたが、少しだけかもしれませんが近づけたように思います。

    シナリオライターを目指す人だけでなく、乙女ゲームが好き、興味があるという人も楽しめる講座でした。

    猫ちゃんも可愛いかったです!

  • 男性

    この講座は「基礎を学べる場」でした

    非常にわかりやすく、また現場の声と合わせてシナリオライターがどういったものなのか。
    原稿を書き上げるための必要な要素など、とても勉強になりました。
    話を聞くだけでなく、実際に参加者でディレクションして短い時間ながら一つのシナリオを書き上げる作業など、今後に生きる内容だと思います。

  • 女性

    この講座は「初心者におすすめ!」でした

    お話あり、実践ありで勉強になりました。講座が終わるのがとてつもなく早く感じられたほどです。質問にも丁寧に答えていただけますし、おすすめの講座です。

  • 女性

    この講座は「目から鱗」でした

    先生、大変お疲れ様でした。御多忙な中、この様な機会を作って下さり、誠にありがとうございました!一つ一つが大変分かりやすく、とても充実した貴重なお時間でした。どうか、お気をつけてお帰り下さいませ。