前島 秀一 木には感動があります!! location 東京
  • 開催回数 19
  • 教えた人数 59
  • 受けたい 268
  • 感想 15

profile

家業が堂宮彫刻師の家に生まれ四代目を継ぐ!(雅号 秀光)
現在は主に木竹茶道具の制作・教室などを主宰しております。
木の良さ、作る喜び、使う楽しさ、みなさんに感じ知って頂く
活動を行っております。

skills

スキル&専門知識タグ

  • 堂宮彫刻・糸鋸象嵌・漆・デザイン・茶道
  • 15

  • 楽しかった!( 13 )

  • 勉強になった!( 10 )

  • 行く価値あり!( 10 )

  • 女性 30代

    この講座は「使う道具も魅力的な講座」でした

    カッターの柄を作りました。豆鉋を使って削るときは無心になりました。同じ作品でも、作る人によって個性が出るのが面白かったです。先生は、穏やかに作業を見守ってくれて、難しそうな部分をさりげなく手伝ってくださるので、焦らずゆったりとした気持ちで制作に集中できます。また、参加したいです。

  • 女性

    この講座は「ノミと木槌で気分は木彫り職人!」でした

    木の説明、道具の説明、丁寧にご指導くださいました。初めて手にする道具は安全にも配慮され、安心して使うことができました。出来上がったお皿はノミの跡がなんとも言えない良い風情で、早く和菓子などを頂く時に使ってみたいと思います。ありがとうございました。

  • 女性

    この講座は「グループ参加しても皆が楽しめそうな雰囲気」でした

    二回目の参加です。
    持ち手部分が木製のカッターを、自分好みの形に彫らせて頂きました。
    自分の持ち方のクセや、切りたいもの、用途などを相談して、使い勝手もよく、見た目にもいいラインに仕上がるよう、丁寧にみてくれました。
    生徒さんが多い時も少人数のときも変わらず明るく元気な先生と、木の香りでいっぱいの工房の空間がとても素敵です。

  • 女性

    この講座は「ノミで木を彫ることに楽しくとりつかれる」でした

    木の基礎知識を最初に教えていただきますが、彫り作業をしながらもいろんなお話をきくことができました。安全に作業進んでいるか、先生が生徒よく見ていてくださり、彫りにくい…かも?と自分が感じたタイミングか、それより早くに「今どう彫りたい?だったらするといい。今のだと○○○になったりするから…」とケガをする前に教えてもらえました。怖じ気ず前のめりで進めるべきところは「大丈夫!」と言う言葉に気合いをもらってガツガツ作業をすることができました。
    ウヅクリも体験させていただけて感動しました!

  • 女性

    この講座は「気持ちよく自由に木彫りに向き合った時間」でした

    先生がおおらかな気持ちで接してくださったので、楽しくお皿を作ることができました。まさかこんな素敵なお皿を自分で作れるとは!

  • 女性

    この講座は「貴重な経験」でした

    道具や音の関係上、自宅ですることはできない体験をさせていただける貴重な機会でした。
    無心に取り組むあまり、あっという間に時間が過ぎて行きました。
    また機会があれば参加したいと思います。

  • 女性

    この講座は「木の奥深さを実感する講座」でした

    チーク材で小さめの平皿を作りました。
    表側を彫って裏側も彫ります。ノミや鉋に触るのが初めてでしたが体験できて良かったです。
    彫る向きによって違った表情になることや木材・道具の特徴など他にもいろいろと先生のお話を聞いていて勉強になりました。
    本来ならもっともっと細かい決まり事があると思いますが、アドバイスをくれつつ自由にやらせてくれるので、楽しみながら愛着がわくお皿が出来ました!小物トレーとして使おうと思います。
    別講座のお箸も見せていただきましたが触った感じが気持ちよくて興味が湧きました。またなにか作りに来てみたいです。

  • 女性 20代

    この講座は「楽しい時間を過ごせる講座」でした

    今回はお皿を作りました。
    とても楽しい時間でした!
    ノミを使って木材を削っていると、あっという間に時間が経ってしまいました。
    自分の思うがままに作ったお皿は、とても愛着があります。
    もっと色んな作品を作りたいです!
    また遊びに行きます!

  • 女性

    この講座は「木の癒しの中で、自分の感性を見つけられる講座」でした

    茶道に使う茶杓を自分で作る講座でした。でも実は私は茶道はやらない身・・・。
    先生が直接京都へお出掛けになり仕入れてきた、130年間いぶされた竹を材料とし、いくつかの候補の中から色や節の味わいなど自分好みを見つけ出し、先生お手製のミニ鉋を使って削っていく作業。先生の地下の工房は、木の匂いが溢れるまるで都心の中にある秘密基地のようで、先生の匠なお話を伺いながら、どっぷりと木と向き合えた時間となりました。
    茶道のたしなみもよく判りませんが、こんなに素敵なMY茶杓ができたので、日常で抹茶を楽しむ時間を是非取り入れたいと思います。

  • 男性

    この講座は「のみをふるう講座」でした

    のみをふるってることに集中してあっという間に時間が過ぎ、楽しかったです!