白石 竜次のプロフィール写真

白石 竜次

(0)
  • 0人
  • 0回

元お笑い芸人・元調理師の初心者向けSEOセミナー

初めまして。白石竜次と申します。
芸名は白石ニョッキーと申します。
芸名があるのは、昔お笑い芸人をしていたからです。それについては、改めて説明させて頂きます。
主な肩書きは「SEOコンサルタント」です。

高校卒業後、調理師専門学校で調理師免許を取得し中華料理を修行。
その後飲食業・アルバイト・フリーライターなど多数の仕事をしながらフリーでお笑い芸人としても活動。
テレビ番組「怒りオヤジ3」出演時に芸人・ますだおかだ氏から「白石ニョッキー」と命名される。
その後、IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2010年、ameba芸能人・有名人ブログに登録。
2011年11月に書籍『SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技』を出版。
2014年1月に「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本」「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化」を出版。

企業研修のご依頼はこちら
白石 竜次の教室ページの見出し画像

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

【主な講演テーマ】
「基本的なSEOについて ~ゼロから始めるSEO講座~」
「コンテンツSEOについて」
「外部対策について」
「SNSでの集客について」
「SEOおもしろ体験談」
「基本的なSEOについて ~ゼロから始めるSEO講座~」
・キーワードを考える
・自社でできる基本的な内部対策
・LPOを視野に入れて対策する「コンテンツSEOについて」
・お金をかけない外部対策
・自社でできるコンテンツ作成「外部対策について」
・SEO業者の賢い利用法「SNSでの集客について」
・ツイッター
・フェイスブック「SEOおもしろ体験談」
・SEO・WEBマーケティングあるある
・企業のSEO担当者体験談
・HPのメタタグを見てみよう▼こんな人にオススメ!
「会社のサイトを作ったけど、アクセスが集まらない」
「サイトの広告にお金をかけたくはない!」
「自社の担当者がサイトをしていてSEOを覚えたい!」
「SEOセミナーに興味があるけど難しそう・・・」
「SEOって何?」
「SEOって難しいんじゃない?」
「SEOってお金かかるんじゃない?」
「会社のサイトすらない。作ったほうがいいの?」
「自社サイトを作りたいけど何から始めたら良いのか分からない」

----------
自己紹介
<導入>
初めまして。白石竜次と申します。
芸名は白石ニョッキーと申します。
芸名があるのは、昔お笑い芸人をしていたからです。それについては、改めて説明させて頂きます。
主な肩書きは「SEOコンサルタント」です。
これまで、初心者向けSEOの書籍を3冊出版致しました。また、2017年に「SEOコンサルタント」という肩書きで一冊寄稿しました。
仕事は主に
・インハウスSEOのお手伝い
・中小企業のSEOコンサル
・SEOセミナー
を行っています。
一見、儲かってそうに見える肩書きですが、私は知名度の無いフリーランスですので、一般サラリーマンの方より収入は低いと思います。

「ITのコンサルタント」
「本を三冊出版」
などと聞くと、さぞかし「大学出のエリートだろ?」と思う方がいるかも知れません。
しかし私はそれとは正反対で、頭の良くない平凡以下の人間です。

まず学歴は、
高卒から専門学校卒業
です。
田舎の普通高校を卒業してから調理師の専門学校を卒業、中華料理の修業を初めました。
今でも料理のセンスはあると自負していますが、メンタルが人並み以上に弱く、半年で胃に穴を空けて退職してしまいました。
実家のある栃木に引っ越し、カレー工場で全身をカレーの臭いにしながら働く日々を過ごしました。
やがて、中学時代からの夢である「お笑い芸人」を目指したいと思い、埼玉へ引っ越して、フリーターをしながら芸人活動をしました。
フリーターは飲食系の仕事が中心でした。その私からは「サラリーマン」への憧れがありました。
そこで「派遣」に登録をし、事務系の仕事やテレマーケテンングの仕事を始めました。
芸人の仕事がいつ入っても良いようにと、就職をせずアルバイトや派遣というかたちを選びました。
また、先に述べた通り、「メンタルが弱い」「飽きやすい」性格ですので、すぐに仕事を辞めてしまいました。
そのため、フリーター・転職時代に50以上の仕事をしたと思います。

とても印象的だった出来事がありました。
ある派遣会社の講習のひとつで、「転職コンサルタント」の方のワークショップを受けました。
講師の方がお話をして、参加者が少し自己アピールなどの練習をしてみるような内容だったと思います。
その中で講師の方が私に、これまでの経歴や今後についての考えを聞いた上で私に
「あなた、10年後にはのたれ死ぬよ」
と言いました。
その意図がどのようなものかはわかりません。
しかし当時の私は、スキルも特技も(調理師以外)ひとつもなく、ただその場その場で仕事を探していた状態でした。
一応唯一「お笑い」という夢はあったものの、それ以外に友達も恋人もいない、寂しい日々で希望もありませんでした。
そういった意味では、「10年後にはのたれ死ぬ」という言葉は正しかったのかもしれません。

そのような中での転機は、事務系のお仕事の中にありました。
とあるアフィリエイト会社での業務。
ここで「アフィリエイト」という仕組みがある事を知り、「ブログ」「SEO」というものを知りました。
最初に「お笑い志望」と書きましたが、前に出るタイプではなかった私は「放送作家」を志望していました。
一時期「シナリオのセミナー」にも通っていたこともあり、何か「文章を書く仕事」に就きたいと考えていた私には「ブログ」「SEO」というものは良い出会いでした。

「SEO」という「知識」を身につけた私は、就職活動に利用しました。
求人に応募し、その面接の場で「SEOの知識があります」と自己アピールしました。
当時20代後半で、派遣社員の仕事が全く採用されなくなっていました。
しかし中小企業の求人についてはこの自己アピールが成功し、いくつかの会社に「事務兼サイト管理件インハウスSEO担当者」として採用されました。
当時は「SEO担当者」なんて役職のある会社は中小企業ではありませんでした。
インハウスSEOで様々な施策(今となっては基本だったりグレー、ブラックな施策ですが)を行いながらSEOの知識と経験を積んでいきました。
ある程度知識がたまった所で、「文章を書く仕事」についてアイデアがひらめきました。
「この経験と知識を本にしよう」
私はIT系の本を出版している出版社に片っ端から連絡し、企画を売り込みました。
そして幸いにも企画が認められ出版できることになり、2010年にSEOの本を出版しました。
「SEOの本」をきっかけに、様々な事が進んで行きました。
アメーバブログの公式アカウントになったり、講演会(セミナー)サイトに登録して貰えたり。
そしてついに「SEOコンサルタント」として依頼を受けるようになりました。
最初は知り合いからの依頼でしたが、現在では私の本やサイトを見たかたからの依頼を頂けるようになりました。
また、企業のインハウスSEOの仕事も頂くようになりました。

冒頭にお話ししたとおり、私は収入も普通以下ですし知名度もありません。
ですが「好きな事を仕事に」することができました。
そして「まだのたれ死んでません(笑)」
苦労は続きますが、いち人間としては十分幸せだと思います。
私のような、才能もスキルもコネもない人間が、それなりに人前に立てるようにはなれたのです。

私のセミナーやWebサイトでは「SEOの初心者の方」に向けて発信をしています。
今後。インターネット、ツイッター、Webサイト、Facebookなどを通して、様々な人と繋がる事が出来ればと思っています。
こんな私ではありますが、
皆様どうぞ宜しく御願いします。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真