お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

冨永 修のプロフィール写真
(8)
  • 17人
  • 10回

あなたと自然のお仲人✴︎山人クラブ

〜冨永修〜
南米に一年かけて行き、アマゾン川の筏下りに始まり、アンデスの6000m級の山々を5座登頂。
その後、マチュピチュなどのインカの遺跡を巡ってきました。
他にも、アラスカやヨーロッパの山々にも遠征。

自然の美しさ、現地の人たちとのあたたかな関わり、達成感が 私の原動力となっています。

現在は、そんなワクワクを体験できるプログラムを提案しています。また、リクエストに応え山旅案内もしております。
山旅の楽しさを一人でも多くの方に知ってもらいたい!
自然からエネルギーをもらって元気になってほしい!
自然のありがたさを知り、世界中の森や動物に優しい人を増やしたい!こんな思いでやっています。

企業研修のご依頼はこちら
冨永 修の教室ページの見出し画像

みんなのアウトドア「山人クラブ」

福岡の冒険家”Tommy(トミー)”と行く
世界中の自然体験

いつだってワクワクしていたい
自然の中に足を運ぶと
呼吸が整い気持ちが晴れ
自分の本来の軽やかなリズムを取り戻すことが出来ます。

木々のざわめき
土の感触や香り
花や緑の彩り

五感を刺激する様々なギフトが
自然の中にはあふれています。

わたしたちは
ひとりひとりの心身と自然を
そして自然の中での人との出逢いを
愛情たっぷりにつなぐ架け橋になりたいと思っています。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー8件

女性 50代

この講座は「ひとりずつの焚き火を作るという贅沢な時間が過ごせる講座」でした

世界各地の山に出かけ、数千回もの焚き火経験のあるプロの登山家から、じかに焚き火を習うという贅沢な講座でした。

大きな焚き火を囲んで火の起こし方を習うと思いきや、なんと自分の焚き火は責任持って自分でおこす…という予想外のものでした。

「ホッホウ、ホッホウ」とどこかからフクロウの鳴声が聞こえてくる中、参加者みんなで、すでに集めてある乾いた木の枝を「細い小枝」、「中くらいの枝」、「太めのしっかりした枝」に分け、その枝を使って小さな火からだんだん大きな焚き火にしていきました。着火剤や炭は使いませんでした。

香りの良いもみじの枝を燃やして心落ち着く自分の焚き火を作ったら、みんなで乾杯!
焚き火の遠赤外線でじっくり焼いたタンドリーチキンや丸ごとピーマンのおいしいこと!
焚き火用の長い竹串もナタを使って自分たちで作りました。
青竹を使った竹串は、爽やかな良い香りがしました!
その竹串に、家から持っていったパンの生地を巻きつけ、焼いて食べました。
ゆらゆら燃える炎を見ていると、なんだか心が落ち着くのも感じました。

焚き火、奥深い…
もっと極めたくなりました。

女性 40代

この講座は「自力で焚き火が出来る講座」でした

対面で参加しました。
自分で焚き火を起こし、色んな食材を焼いて食べてとても楽しい時間でした。

女性 50代

この講座は「アウトドア初心者にオススメ」でした

焚火の焚き方講座で、わかり易く楽しい講座でした。実際に火の起こし方、維持する為のコツを教えて貰いました。とても楽しく、有意義でした。

女性 40代

この講座は「燻製ベーコンの大きさと美味しさに感動する講座」でした

燻製の作り方に興味があり参加しました
最高の天候に恵まれ屋外で燻製ベーコンとベーグルを作りました
いろんなハーブやスパイスで味付けしても燻製の匂いで消えてしまったというおもしろエピソードなど楽しいお話も聞けました
ランチタイムで鶏肉の燻製もベーグルと一緒に食べとても美味しかったです
お土産の特大燻製ベーコンは本当に美味しかったです
大人の方はビールやワインと一緒に食べるのがおすすめです




先生からのコメント

今回はご参加ありがとうございました。燻製ランチに、燻製土産で、2種類の燻製を食べ比べることができたのではないでしょうか。
燻製について興味深く話を聞いてくださってあったので、今度はご自分でもトライしてみてください。そして、大人の楽しみ方もぜひしてみてくださいね。
また、練習したくなったら、リピートお待ちしています。
素敵な燻製ライフをお楽しみください。

8 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真