Kosuke Yoshimotoのプロフィール写真

Kosuke Yoshimoto

本人確認済み
(1)
  • 2人
  • 1回

ドラマー

今まで数々のバンドやアーティストさんのサポート、自身のバンドやライブバーでのレギュラー演奏を経験。
その15年のキャリアの中で、ジャズ、ボサノバ、ロック、R&B、レゲエなど様々なジャンルの音楽をプレイしてきました。
その中で培ったノウハウやドラムの楽しさや魅力をストアカをとおしてシェアできればと思っております。

企業研修のご依頼はこちら
Kosuke Yoshimotoの教室ページの見出し画像

日常を豊かにするドラム教室


 私は今まで運の良いことに多くのアーティストや周りのバンドメンバーの支えもあってライブ演奏という形で、聞き手の皆さんへエンターテイメントとしての音楽の楽しさを長年に渡って提供してきました。
もちろん今でもライブで演奏するのが大好きです。

 これからのAI(人工知能)時代、人間のする仕事は大幅に減ることが予想され、そのなかでも代替えがきかない音楽というコンテンツは現在よりも尚、人々の日常を豊かにする重要なファクターとなっていくと思っています。
とりわけドラムという楽器はそれに最適です。

 私はドラムを始めた当初、まったくの独学で[まずは叩いてみよう!]のレッスンで取り上げている8ビートも、「もうダメだ!」と何度も挫折しながら1か月以上かけてようやく叩けるようになりました。
 時がすぎ、当時演奏していたライブバーでお客さんから「ちょっとドラムの叩き方教えてよ!」と言われたとき、私は相手が酔っぱらっているのもあって内心「僕が1か月以上かかったのにそんなすぐ叩けるわけないじゃないか、しかも酔っぱらってて...」と思いながら半ば投げやりに「では、まず僕が言う8ビートを口に出して歌いながら叩いてみてください」と教えましました。
するとなんと、独学の僕が1か月以上かかった8ビートをその方はたった10分程で叩けるようになってしまったのです。
 その時はまだ相手がめちゃくちゃドラムを叩く才能があると思ってそのお客さんにも「お客さんはドラム叩く天才ですよ!」と素直に言ってました。
 しかしその後、同じように「ドラム教えて!」と言って来たお客さんにも同じ教え方をすると、個人差はありますがやはり短時間で8ビートを叩けるようになったのです。
 その時私は思いました、もしもこういうことをちゃんと教えられる先生がいれば、ドラムを叩くのってそんなに難しいことではないのではないか、もしも当時の自分がこれを知っていれば何度も挫折することはなかったのではないかと。

「ドラムやってみたいけど、何から手をつけて良いのかわからない」
「独学で始めてみたけど、最近行き詰ってきた...」
「そもそもドラムの練習って何すればいいの?」

 私は上記の経験から、このような悩みを持った方が少しでも挫折しないように教室を作ることにしました。

 現在講座は、入門者向け~中級者向けまでご用意しており、皆さん一人一人の目的に合わせたレッスン、最終的には生徒さんが実際にバンドで楽しくアンサンブルできるまでをカバーできる講座を今後充実させていく予定です。
ドラムを演奏するのってとても楽しいですよ♪

 興味のある講座がありましたら[開催リクエスト]から開催リクエストをお願いいたします!
不明な点は、[お問い合わせ]よりお気軽にお問い合わせください。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー1件

女性 20代

この講座は「初心者でも楽しく学べる講座」でした

ドラムに興味を持ちはじめたものの何から始めたらいいかわからないという方にとてもおすすめをしたい講座です!
私自身楽器初心者でしたが、8ビートを打てるまでになりました。
次回の講座も受講したいのでそれまで自主練を頑張ろうと思います。

続きを読む
1 件中 1 件表示

photo

教室風景写真