お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

中野 みのりこのプロフィール写真

中野 みのりこ

本人確認済み
(4)
  • 6人
  • 2回

「MBTI®️」ベーシックフィードバックの専門家

目黒キャリアコンサルティング室 代表

 ・認知のクセをMBTIで客観視するお手伝い
 ・日本MBTI協会認定 MBTI Qualified User
 ・キャリアコンサルタントだから面談のプロ
 ・横浜市出身
 ・ギョウザとビール、IKEA好き

40歳の時、実は養女であることを聞かされ、ルーツをいったん見失ってしまった経験から

 「ホントの自分、自分らしさって?」
 「生まれ持った素の自分を知りたい!」

そんなことを深く考えるようになりました。

その後に出会ったのが、ユングの心理学的タイプ論をベースとした『MBTI®︎』。

オトナとして社会で生きるなかで、自分自身を見失うことや、上司や部下、パートナーとのコミュニケーションに悩む日々は、だれにでも訪れます。

この講座ではMBTI®︎性格検査への回答をスタート地点として、

あなたの

「そもそも生まれ持ったキャラクター」
「もののみかた」「判断のしかた」

などを知るプロセスを、全面的にサポートします!


企業研修のご依頼はこちら
中野 みのりこの教室ページの見出し画像

世界標準の指標で自分の『認知のクセ』を知る講座

フォーブス100社のうち7割が研修導入する『MBTI®︎』がストアカ登場!
帝国ホテルビジネスラウンジ・都内ブックカフェ等で定期開催。

自分にとっては当たり前すぎてなかなか気づけない自分のキャラクターを客観視し
他者との違いを予め認識しておくことで、ビジネスのコミュニケーションを戦略的に
コントロールできたらいいなと思いませんか?それなら「MBTI」が最適!

ぼんやりではなく理論ベースで自分の認知タイプをしっかり知りたい方、海外で活躍
するビジネスパーソンにもおススメです。


<こんな人にぴったり>

 ・上司や部下とのコミュニケーションをもっと円滑にしたい
 ・チームビルディングをスピーディにすすめたい
 ・常に判断を求められる立場にある
 ・海外赴任前に自分のタイプを把握し言えるようにしておきたい



<こんなお仕事のかたにもぴったり>

 ・HR関連のかた、人事評価をする立場のかた
 ・チームで仕事を進めているかた
 ・医療関係、カウンセラーや支援職のかた
 ・学校の先生、研修講師のかた
 ・相手の話を聴き出すお仕事のかた  などなど

 

<そもそもMBTI®︎って?>
MBTI®︎は、スイスの心理学者ユングの心理学的タイプ論をベースに開発された
実質的に世界標準の性格検査。でも受けて終わりではありません!
検査用紙の情報を基に、トレーニングを受けた認定ユーザーがあなたの「タイプ」を
一緒に見つけていくプロセスと体験がMBTIであり、ほかの性格検査と全く違います。



 
<こんな講座があります>

 ・平日夜2時間×2日間で受講できる講座
 ・土日の4時間で完了できる講座
 ・マンツーマンやカップルで受講できるクローズドな講座



<講座の雰囲気>

 ・ほぼ全員が初めてMBTIを利用されるかたばかり
 ・最大4人までの少人数制で丁寧にすすめます
 ・飲み物をのみながらリラックスした雰囲気
 


<講座のすすめかた>

 ①自己紹介・MBTIとは?
   ↓
 ②MBTI受検(ウェブ版・ペーパー版どちらかになります)
   ↓
 ③MBTI受検レポートのについての解説
   ↓
 ④自分の性格タイプ検証のためのワーク
   ↓
 ⑤仕事などにどう活かすかの検討




<こんなことがわかるようになります>

 ・無意識のうちに自分が自然に使っている心の働きのパターン
 ・自分と他者の結論の導きかたの違い
 ・自分と他者の言葉の選び方やコミュニケーションの違い 
 ・仕事や役割上でかぶっているペルソナ(仮面)の存在  などなど



<受講者の仕事がこんな風に変わりました(一例)>

 ・自分のタイプにしっくりくるプレゼンテーションに変わったら成功した!
 ・苦手だった上司(他のタイプ)にも伝わりやすい企画書が書けるようになった!
 ・同僚の発言の意図やや沈黙の意味が理解でき、関係性が変わった!
 ・負荷がかかった状態の自分が予想できるからコントロールできるようになった!
 ・自信をもってSNSを利用できるように変わった!  などなど



<講座で必ず必要となるもの>
 ・MBTIタイプ入門第6版のご購入(当日配布)
 ・MBTIの受検(ウェブ版とペーパー版があります)
  ※2点とも講座料金に含まれています



<なぜMBTIなのか?>

「なぜ彼は言うことが変わっていくのだろう」
「彼は意見をもとめるとなぜ沈黙してしまうのか」
「どうして会議で意見を否定されただけで涙が出てしまうのかな」
「集中すると周囲の雑音が一切きこえなくなってしまう私っておかしいの?」
「あの人はどうしていつも締め切りギリギリに提出してくるのか」

 仕事の日常に発生する、自分や他者の性格や考え方の違い。
 それはもしかしたら「タイプの違い」で説明できるかもしれません。

 入社や転職などで適性検査や性格検査で性格を測定されたご経験は誰でも
 あると思います。世の中のそういった検査のほとんどは「特性論」という
 「明るさ」「積極性」などの量や頻度で行動から測定するものです.

  MBTIはものの見方や情報の取り入れ方、判断や結論の導き方などのその
 人が生来もっている性格の組み合わせから、16のタイプで説明するという
 数少ない「類型論(タイプ論)」です。

 「タイプにあてはめられたくない」というご意見は大きな誤解!

 MBTIは検査の結果にレポートされるタイプはあくまでもスタートライン。
 仕事上の役割などにひっぱられてわからなくなりがちなの自分のキャラ
 クターを、一緒に探しましょう。

 そういうわたくしも、ペルソナ(仮面)に引っ張られて、自分のタイプが
 しっくりくるまで、認定ユーザーのかたに時間をかけてサポートして頂く
 時間が必要でした。ほかの受講者さんよりずっと時間がかかったのです。

 今でこそ自分が認定ユーザーですが、想像以上に自分のことは自分では
 当たり前すぎてわからないんだなーということを身に染みて知っています。

 MBTIは少々理屈っぽく、ややこしさもありますが、できるかぎり「そう
 だったんだ!」という体験をしていただけるように、誠心誠意サポートを
 します。
 
 自分の他者との違い、生まれ持ったタイプは「ギフト」であるとMBTIの
 理論の基本である心理学的タイプ論を唱えたユングは言っています。

 自分を知ることは同時に他者を知ることでもあります。
 人生はあっという間。立ち止まって自己理解の時間を持ちませんか。
 MBTIのタイプを表すアルファベット4文字は、人生のパートナーとなる
 ものになると私は確信しています。

 ご参加を心よりお待ちしています。


 MBTI タイプ『I N F J』中野みのりこ
 

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー4件

女性 50代

この講座は「自分の考え方、言動の傾向を振り返る貴重な体験」でした

自分が日頃どういうことに価値を置いて、判断を下したり仕事を進めているのか、過去の人間関係の失敗の原因はどういうところにあったのか等たくさんの気づきを得られました。また職場の上司や同僚たちに自分が何を求め、求められているのかを考え、振り返るきっかけになりました。
先生が上手に話を引き出してくださったので、安心して質問したり話をすることが出来ました。
もっと理解を深めたい、また受講したいと感じる講座でした。

男性 50代

この講座は「「ものの見方」「判断のクセ」を知り仕事と人生を変える!」でした

このセミナーは、『誰とでも器用に仕事が出来る』ようになります。
(経営者、管理職やプロジェクトリーダーにお勧め!!)

仕事って誰とでも同じように楽しく進めたいけれど、・・・。
ヒト毎に癖が有って苦手なヒトっています。
相手を否定していては事業が進まない事は分かっていても、どうしても苦手意識が、・・・・。
理想は、誰とでも楽しく仕事がしたい。

そんな問題を解決して理想的な人間関係を築く事が出来るセミナーに出会いました。
内容は、個人毎に異なる判断の好み(癖)を知り、自身にも強みと弱みがある事を知って、相手を否定するのではなく『なるほど~』と受け入れる手助けをしてくれる新しい切り口のセミナー。

誰とでも器用に仕事が出来るようになるセミナーです。

男性 20代

この講座は「上司と自分の違いがハッキリ言語化できた講座」でした

上司と合わない原因や意味が整理できてスッキリした。生まれ持った性格と、役割上の性格を分けて考えるアプローチも新鮮。ワークがよく練られていて、自分のことを言われているような例示が多く、そうそう!と腑に落ちることばかりだった。若いうちに知っておくと楽だと思う。同僚にも受講させたい。

その他 70代

この講座は「本とかで得る知識とは全く違い、腑に落ちる講座」でした

本やWebサイトで調べたりしていてもよく理解できなかったMBTIでしたが、Face to Faceで、かつ具体例を交えた説明で、とても分かりやすく納得できました。
他の参加者との対比もできたので、とても参考になりました。

これを機会に、もっと深く追求したいという気持ちになっています。
先ずは、復習をします。
そして、フォローアップの口座があれば、ぜひ受講してみたいです。

4 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真