内呂 博之のプロフィール写真

内呂 博之

本人確認済み
(3)
  • 4人
  • 4回

講義と実技「藤田嗣治の絵画技法の秘密に迫る」

キュレーターの内呂博之(うちろひろゆき)です。画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ)の研究をしています。

藤田嗣治は、今もなおフランスで最も有名な日本人芸術家です。1913年、26歳で渡仏した藤田は、第一次世界大戦後のパリで、独自の「乳白色の地」を活かした絵画で高い評価を得て、一躍、画壇の寵児になりました。女性像をはじめ、子どもや猫、宗教的な場面をテーマに、1968年に81歳で亡くなるまで精力的に制作を続けました。

藤田の絵画技法は永らく秘法とされてきましたが、近年の科学的な調査などによって徐々に秘密が明らかにされてきました。その新たな情報をもとに、藤田は絵画をどのように描いたか、また何のためにその表現を行ったのかを、実際の制作を通じて解き明かしたいと思います。

【プロフィール】
・東京芸術大学大学院文化財保存学保存修復油画修了
・ポーラ美術館学芸員(専門:近現代美術、保存修復)
【出版】
・共著『もっと知りたい藤田嗣治』(東京美術、2013年)
・共著『藤田嗣治画集』(小学館、2014年)
・監修『猫と藤田嗣治』(エクスナレッジ、2019年) など

企業研修のご依頼はこちら
内呂 博之の教室ページの見出し画像

アーツ・アンド・クラフツ

藤田嗣治(レオナール・フジタ)の絵画に興味を持つ皆様へ

当教室では、ヨーロッパと日本の伝統的な絵画技法を研究し、「素晴らしき乳白色」と称された独自の表現方法を確立した藤田嗣治(レオナール・フジタ)の絵画技法を学び、その表現方法を用いて、皆さんのお好みのモチーフを描きます。藤田といえは猫😸。猫好きの方は、可愛い猫の絵を描いてみましょう。きっと楽しい時間を過ごせると思います!

藤田嗣治は、書道や水墨画に用いる墨、日本画で用いる極細の面相筆、そして水彩や油彩の絵具などを用いて制作を行いました。カンヴァスやパネルに油絵具で下地を塗り、まだ下地が乾かないうちに墨で描線を引いていきます。油絵具(油性)の上では墨は弾かれてしまうのではないか、と思われるかもしれませんが、そこは心配ご無用。藤田は墨を弾かず、スムーズに描線を施す方法を発見していました。どのような方法だったかは、実際に制作を行うなかでご確認ください。
上記の画材の取り扱いはとても難しいと思われるかもしれませんが、われわれも実際に落ち着いてやってみると案外早くに上達します。

藤田の技法以外にも、皆様のご要望に応じて、ヨーロッパの古典絵画の模写を行うこともできます。模写の実習を通じて絵画の技法を身につけることができます。美術史的、技法史的な側面から、西洋絵画の真髄に迫ることができるでしょう。

当教室は、藤田嗣治の作品に興味のある方、藤田の技法で絵画を描いてみたい方、名画を技法を学びそれを自分の制作に活かしたい方などをお待ちしています。もちろん、初めて本格的に絵を学びたい、油絵具の使い方から始めたい、という方もOKです。

持ち物は原則不要です。当教室にて準備いたします。
もし、普段からお使いの油絵具、水彩絵具、墨&硯、筆、鉛筆などお持ちでしたら、ご持参いただいてかまいません。

各講座は、神奈川県小田原市にある「アーツ・アンド・クラフツ小田原箱根」、もしくは都内のスタジオ等で行います(開催場所については、各講座ごとにお知らせします)。

もし藤田嗣治についてあまり詳しくない、という方は、以下の書籍をご覧ください。


https://www.amazon.co.jp/もっと知りたい藤田嗣治-―生涯と作品-アート・ビギナーズ・コレクション-林-洋子/dp/4808709686

https://www.amazon.co.jp/藤田嗣治-エコール・ド・パリの異邦人-TJMOOK-内呂-博之/dp/4800286123

https://www.amazon.co.jp/猫と藤田嗣治-浦島-茂世/dp/4767825873


最後に、講座の受講料の一部は、藤田嗣治の遺産を保持し、恵まれない子供たちを文化的側面から支援する団体 “Fondasion Foujita”(フジタ財団)に寄付いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー3件

女性 30代

この講座は「じっくり、わかりやすい講座でした!」でした

油絵自体初心者の私に、丁寧にゆっくり教えていただいて、とても良かったです!先生のお人柄もとても落ち着いた感じでリラックスしながら制作できました。この変わった技法を学べる貴重な機会に参加できてとても良かったです。今度は更に勉強して色々描きたいと思いました!ありがとございました。

続きを読む

女性 30代

この講座は「絵画の奥深さを知る講座」でした

絵の土台作りから色付けまでの過程を実践で学びます。何層にも作り込んだ下地、まるで水彩画のような油絵、墨との意外な調和などなど。絵画技法に決まったルールはないのだなと、その奥深さを感じました。藤田嗣治好きな方はもちろん、絵画に興味ある方でしたら十分楽しめる講座だと思います。手ぶらで参加でき、また作品をお土産にできるのも良かったです。

続きを読む

女性 40代

この講座は「藤田嗣治の技法で描こう」でした

下地作りから丁寧に教えて頂きました。
初心者から受講する方にもお薦めします!

続きを読む
3 件中 1 - 3 件表示

photo

教室風景写真