小林 一三のプロフィール写真

小林 一三

(0)
  • 2人
  • 1回

ローヴィーガン食で内臓脂肪を減らし、SDGsに貢献

東京工業大学大学院修士課程修了 専攻は地球環境化学
公害性のぜんそくに苦しむ(公害病認定患者)
社会人になってから、遺伝子診断薬、医療機器などの開発を経験しました。ファイザーという医薬品メーカー(当時は降圧薬でトップメーカー)で製造法の研究をしました。
そして、いろんな困難にぶち当たり最大血圧200mmHgを超える高血圧症になる。断食で一度克服しましたが再び同様な状態になり、欧米での健康食であるローフード・ヴィーガン食で体質改善中。
 日本リビングビューティー協会ローフードマイスター1級
また、環境が専門であり。2011年には大阪大学大学院で「環境リスク管理学」を終了し、Sustainableを学んだのでSDGs関連の支援も実施しています。
 一人ボッチ解消をめざして「伝筆」先生にもなりました。初級中級講師です。
 現在、合同会社持続可能 代表社員です。

企業研修のご依頼はこちら
小林 一三の教室ページの見出し画像

ローフードやビーガン食,伝筆で元気にSDGs達成!

内臓脂肪により違和感を感じ、減らしたい人向けに、減らすための食事法を教えています。ローヴィーガン食(ローフード、ビーガン)という欧米では当たり前の健康食です。
教えている合同会社持続可能 代表社員の小林が子の食事法で一か月に7kg以上の内臓脂肪を除去することに成功しました。最大血圧が200mmHgを超える高血圧でしたがだいぶ良くなりました。
日本リビングビューティ- 協会ローフードマイスター 淀屋橋校校長

また、伝筆と呼ばれる筆文字を教えています。コミュニケーションの改善に役立ちます。
一貫社団法人伝筆協会
初級講師
中級講師(ひらがな、漢字)

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真