お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

藁科 郁子のプロフィール写真

藁科 郁子

(0)
  • 0人
  • 0回

現金の残る経営!利益を残す決算書の読み方

潰れない経営のお手伝いをしています。
社長の右腕、企業価値底上げプロデューサーの藁科郁子(わらしないくこ)です。

・売上が上がっているのに支払いが苦しい、
・儲けた利益がどこに消えたか分からない
・日々の返済が厳しい
・お金が残る会社にしたい

決算書は、社長の成績表です。
事業活動の全ては数字に表れます。

決算書は税理士が作るもの、自分は売上と納税額だけ気にしていれば良いと思ってませんか。
税理士が作る決算書は、納税額を計算する為のものです。

・お金を残したいと思ったら、
・ビジネスを大きくしたいと思ったら、

大事な経営指数をご自身の決算書を通して
一緒に勉強しませんか。

※なぜ私がこれをお伝えしているか。
 有名税理士に見て貰ってるから大丈夫、、
 でも、知人の会社倒産、個人破産。
 多大なる迷惑を大勢に掛けました。
 そもそもお金の残らない利益構造でした。

※日本BCP協会認定 
  財務・金融コンサルタント、事業承継コンサルタント
※あしたのチーム認定
  給与コンサルタント
※神戸出身、魚座A型

 

企業研修のご依頼はこちら
藁科 郁子の教室ページの見出し画像

お金の残る経営教室!決算書の読み方使い方を知る

潰れない事業のお手伝い。

頑張ってるのに資金繰りが苦しい。
そんな経営者の方に、最低限知っておいていただきたい、決算書の数字のお話をしています。

計算が出来るからといって、事業ができる訳ではありません。
計算が出来なくても、立派に事業をされてる方も大勢います。

どちらかというと、数字は苦手でも、頑張っている方が多い印象です。

ただ、大きく発展させたい!なら、
財務の知識を知らないままでいると
大きな壁や穴が出てきます。

また、「知っている」と「分かっている」は違う、ということもあります。

有名大学卒、日本を代表するような大手企業でコンサルタント、中小企業診断士、MBAホルダーの起業家さんでも、資金繰り表に大事な出金を漏らしてしまって、危ぶまれた時もあります。

金策で無駄に駆けずり回らなくて済むように、
事業発展に集中できるように、

知っておいて損はない考え方です。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真