たなか あきこのプロフィール写真

たなか あきこ

本人確認済み
(0)
  • 0人
  • 0回

元声優プロデュース! 思考整理もできるボイトレ

「ファッション」や「メイク」のように、「声・話し方」はその人の印象を決定づける大きな要素です。

そんな大切な事ですが、多くの人が今まで習ったり学んだことがないと思います。

「緊張して声が上ずる・震える」「頭が真っ白になる」「よく聞き返される」

多くの生徒さんが感じている悩みはレッスンで解決できるものがほとんど。悩んでいるのはあなただけではありません。

伝えるチカラをUPさせることで、あなたが提供しているものの価値が上がる事を考えてください。
単なる発声練習としてではなく、人生に小さな変化と気付きを感じる時間を提供したいと思っています。
★資格・実績
・国内外を合わせて25名を越える生徒さんへマンツーマン指導を行う。2019年に約750レッスンを達成。(オンライン含む)
・海外ドラマ・ナレーション・企業向け・教育ビデオの出演、ミュージカルや朗読劇等の舞台出演。自主企画の朗読ライヴ40本以上。
・声と体の関係を探るうちに「ヨガ」に出会い、都内スタジオで、クラス担当中。
・心理学検定 1級/色彩検定 3級
・ヨガティーチャートレーニング200時間終了

企業研修のご依頼はこちら
たなか あきこの教室ページの見出し画像

美トークレッスン/ヨガクラス

私の開催している教室は「美トークレッスン」と「ヨガ」2種類のカテゴリが有ります。


◆「美トークレッスン」

ボイスレッスンと聞くと、
どんなことを想像されますか?

簡単に動画や音声をシェア出来る時代になりました。

役者やアナウンサーなど特別な仕事をする人だけのものから、
人前に立つ人にとって、もはやボイスレッスンはメジャーなレッスンになりつつあります。

ここで質問です。
あなたは今まで日本語の発音や声の出し方を習った事はありますか?

英語の「L」「R」はあんなに丁寧に中学校で教えてもらいましたが、
日本語の滑舌指導などは演劇部でない限り受けたことがない人がほとんどです。


私のレッスンには、部下を持つ営業職の方や管理職の方が多くレッスンを受けられています。
インストラクターの先生からのオーダーも増えています。

皆「人前でお話をする立場」であり、
「自分の言葉でより気持ちや想いを伝えること」に関心を持つ方ばかりです。

《相談内容一例》
・滑舌の悪さを上司から指摘された
・プレゼンなどをする立場、部署になった
・インストラクターとしてデビューを控えている(orデビューした)ものの、
声の出し方について不安がある。


「声」と「こころ」は繋がっています。
テクニック的な面だけでなく、
心理面からのアプローチも加え、
あなたの魅力を引き出す時間を提供します。


「伝え方・話し方について」悩みを持たれていたり、
コツを知りたいあなたにオススメ出来る講座です。

難しいことは考えず、まずは伸び伸びと
楽に声が出せるようになる事を目標にしています。


プレゼン・スピーチなどのブラッシュアップは
「私らしさを発信する美トークレッスン」
をご検討ください。

*------------------------*
◆「ヨガ」

・声がか細くて、弱い。
・「腹から声出せ」と言われる事があるが
腹筋を使うってどういう事か、よくわからない。


こんな悩みを持たれている方に、どういうアプローチが良いか模索していました。

たまたま通い始めたヨガスタジオで、
「インストラクターさんの声って良いなあ。理想的な発声だな」
と思ったのがきっかけでした。


気がついたら、ヨガの先生になるトレーニングを終えていました。


時として、「頭で考える」よりも
「体で覚える」事が勝る時があります。



自転車の乗り方を考えたり言葉で説明するより、
実際に乗ってみたら早いですよね。


というよりも、いくら説明しても乗らなければ、
自転車に乗れるようになれません。

乗れるようになってから、
「足はこう動いているな」と客観的に見られて、
腑に落ちるようになります。

「腹筋の使い方がわからない」のであれば、
使わなければならない状況を作ることも
アプローチのひとつ。

そして普段使えていない筋肉をストレッチし、
心にも働きかける「ヨガ」が、最適だと感じました。

ボイスレッスンに活かせるヨガ
「ボイスヨガ」を中心に、

癒しの楽器「クリスタルボウル」を使った
「クリスタルボウルヨガ」も開催しています。


また、ヨガのインストラクター向けに
「ヨガインストラクターのためのボイスワークショップ」
を今後開催予定です。

続きを読む