園部 浩司 「枠、超えよう!」がモットーのポジティブプランナー location 神奈川
  • レビュー 80
  • 教えた人数 213
  • 開催回数 32

profile

新卒でNECマネジメントパートナーに入社

経理部門で10年間下積み後、数値のスペシャリストとして事業計画部門へ異動。
数値の強みを活かして経営(トップ)サポートを担当。

事業計画部門では、損益管理だけでなく、人材開発や組織風土改革までフィールドを広げ、様々なプロジェクトマネジメントを経験。
在籍事業部(300名)の組織変革プロジェクトリーダも経験し、1年間で2億円の営業利益改善に導く。

企画力、プレゼン力、プロマネ力、ファシリテーション力を徹底的に磨き、全社(3,000人)の業務プロセス改革を責任者として推進。

これら大規模プロジェクトのマネジメント経験をベースに2016年4月独立。

「枠を超えろ!」をモットーとした人材育成・組織変革・風土改革コンサル会社、園部牧場(株)を2016年4月設立。

skills

スキル&専門知識タグ

  • ファシリテーション
  • マネジメント
  • プレゼン
  • 会議
  • リーダー
  • 80

  • 楽しかった!( 50 )

  • 勉強になった!( 48 )

  • 行く価値あり!( 61 )

  • 女性 40代

    この講座は「即実践できる内容でした!」でした

    大人気でなかなか予約が取れず、ようやく参加させていただきました。体感型なので、とても腑に落ち、納得の内容でした。ポイントをつかめばすぐに日常で実践できそうです。短時間で内容の濃いセミナーで、参加して大満足です!

  • 男性 40代

    この講座は「そもそもがわかる講座」でした

    会議あるあるを洗い出し、それをファシリエーターが交通整理する。そのプロセスがとても理にかなっていて、あっとゆうまに時間が過ぎました。 
    ありがとうございました。

  • 女性 50代

    この講座は「自他肯定感が上がる講座」でした

    ファシリテーションのイロハをわかりやすく、丁寧に、そしてロジカルに説明して下さり、先生の講座そのものがファシリテーションになっていて実践的でした。
    また、先生が私達の意見を取り上げて下さり、モチベーションが上がりました。ファシリテーターは、自他共に肯定感をアップさせるよう働きかける事が大切だなぁと感じました。そのためにも、人間力を鍛え、ファシリテーターの在り方を今後も追求していこうと思います。
    素晴らしい講座をありがとうございました。^_^

  • 男性 30代

    この講座は「お手本を見て学べる」でした

    実践を重ねてこられた講師なので、机上の空論ではなく腹落ちする講義でした。ワークもありますし、堅苦しくなく楽しい講義です。

  • 男性 40代

    この講座は「あっと驚く口座」でした

    短い時間でしたが、内容の濃い講座でした。ファシリテーションの考え方にとっても驚きました。こんな考え方もあるんだなと。

  • 男性

    この講座は「速攻で使え即戦力になる価値あるセミナー」でした

    導入の参加者の自己紹介から始まり、作業→レクチャー→作業→まとめ、の流れがとてもテンポよく、内容も盛りだくさんで、大変勉強になりました。

  • 男性 40代

    この講座は「とたもためになる講座でした。」でした

    とても参考になりました。打率9割目指して頑張ります。

  • 男性 40代

    この講座は「企画へのもやもや感がなくなった」でした

    企画は一人でするものではないことを改めて認識しました。 組織のなかで
    どのように伝えるかやちょっとしたテクニックなど明日から早速実践したいとおもえる
    講座でした。組織人必須の、今年一番のヒット講座でした!

  • 女性 30代

    この講座は「企画を立てることの最初の一歩が学べる講座」でした

    テンポが良く、大事なポイントを何度も重ねながら伝えてくださいました。キーワードが耳に残りました。また、企画会議のワークを通して、実際に進めていく感覚が体験出来ました。
    2時間半があっという間で、ここをやってみよう!と実践のイメージが湧きやすい講座です!

  • 男性 30代

    この講座は「ファシリテーションにおける一つのやり方をマスターできる内容」でした

    ファシリテーションのやり方に正解はありませんが、納得感があってすぐに導入しやすい一つのやり方を学ぶことができると思います。
    説明はわかりやすく、講師とのやりとり一つ一つが全て学びだと感じられるもので、充実した講義内容でした。