お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

岡田 直之のプロフィール写真

岡田 直之

本人確認済み
(0)
  • 0人
  • 0回

スポーツインストラクター派遣事業

はじめまして、トータルスポーツの岡田直之です。

弊社は関西で体育の家庭教師サービスをおこない14年目を迎え、2018年8月から関東でも開講いたしました。

お客様のご希望日程と場所にお伺いする出張レッスン!
定期的に土日祝日で開催している単発かけっこ教室と来場個別レッスン!
他にも様々なサービスがあります。

年齢は3歳からマスターズの方までお越しいただいており、
指導種目は陸上競技、体操競技、水泳競技、サッカー、野球、バスケ、バレー、ラグビー、テニス、ヨガ、縄跳びや自転車乗り方など幅広い年齢の方と様々なスポーツ指導を行っております。


関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)エリア&関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)エリアにて「体育家庭教師」サービス
・スポーツインストラクター派遣
・スポーツイベントの企画・運営
・キッズ陸上クラブチーム
(スポーツクラブチーム)の運営

※レッスン種目によっては私岡田ではなく専門スタッフが担当になります。
わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

企業研修のご依頼はこちら
岡田 直之の教室ページの見出し画像

基礎体力向上&トップアスリートへのサポート(関西)

走り方・体幹(姿勢改善)・身体作りトレーニング・運動神経向上・パフォーマンス(競技力)向上・フィジカルトレーニング・ボディメイク・ダイエット・ボディメイク・をトップアスリートが直接指導!
【子供から大人、ジュニアアスリートからトップアスリートを目指す方まで対象です。】​

https://t-sports.jp

【出張エリア】
大阪市、茨木市、吹田市、高槻市、摂津市、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、島本町、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、守口市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、京都市付近、奈良市付近など幅広い場所までお伺いすることが可能です。


★走り方は早めに習っておいた方が良い★
【身につけよう、正しい走り方について】

子どもにかけっこ(走り方)の教え方がわからない、学校でも教えてもらえない、調べてもあんまりわからないなど、、、
陸上競技以外のスポーツではなかなか教えてもらうことはないですよね。
ましてや子どもが学校の授業や公園などで「走っているとき」、登下校での「歩き方」などはあまり見る機会がないかと思います。
しかし、子どもの頃に正しい走り方や身体の動かし方を習っていると、中学生、高校生、大学生以降、他のスポーツにも大きく関わってくるのです!
そこで今回は【走り方の基礎は早めに習っておいた方が良い!走り方を習うタイミングやメリット】についてご紹介させていただきます。

●走り方の基礎を習うタイミングは?
怪我をしやすい走り方や伸び悩む走り方ということを考えたことがありますか?
怪我は治療したり、長いこと休むと痛みは和らぎますが、また走るとクセが直っていなければ再発しやすい。
伸び悩んだ時、いくら練習してもパフォーマンスが上がらない。
ということは少なくないでしょう。

●実際に走り方について習うタイミングとしては
・小学生のあいだに
・怪我や伸び悩んだときに
という2パターンがあります。

現在多いのは
・走り方を教わると本当に変わるの?
・運動が苦手な子どもでもいいのか?
・レッスン料金が高いからどうしよう、、、
などと悩んでしまいがちですが、小学生のあいだに習っておくことにメリットがたくさんあります。

●小学生の間に習うメリットは?
小学生の間に習っておくことにはメリットがたくさんあります。
今後お子様が陸上競技以外のスポーツをしているときに、怪我や伸び悩んだときに、時間やお金を無駄にしないようにするためにも以下のメリットを踏まえて習っておくようにしましょう。

●治療費がかかりにくい
走り方の基礎を知っていないのと知っているのとでは、怪我の回数は大きく違います。
子どもの頃は力が小さいので、正しくない走り方でも負担は少ないでしょう。
ですが、身体が大きくなるにつれて筋肉が増えるとその分負担も大きくなります。
正しい走り方をすると、病院に行くことも少なく、怪我は軽減されるのです!

●どんな子でも走り方は必ず変わる
運動が苦手な子や走り方を習ったことがない子もどんどん走り方は変わります。
怒られるのが嫌とか自信を持ててない子などの保護者様から指導者方法についてよくお問い合わせがあります。
基本的に指導者は生徒のモチベーションを上げることを行いながらアドバイスしないと練習の質が下がったり、あまり理解してもらえないことがあるので、生徒のレベルによって指導方法・練習内容や声掛けを変えております。

●伸び悩んでも焦らずにすむ
最後きちんと基礎を身につけておくと、プラトーやスランプを迎えたときに自分のフォームの見直しができます。
伸び悩んだ時は、なにが正解かわからなくて冷静になれず正しいアドバイスも素直に受け入れることが難しい場合が多いです。
焦って見直すことを怠った状態で練習をしても悩むことが多くてストレスと疲労が溜まり、精神的にも辛いことでしょう。
ですので、一度基礎の動きを思い出し初心に戻るということも大変重要なので、小学生のあいだに走り方を習って身につけておくことが大切なのです。

続きを読む