お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

前田 智行のプロフィール写真

前田 智行

本人確認済み
(0)
  • 0人
  • 0回

発達障害者支援の専門家

神奈川県の放デイと小学校で勤務しています。

発達障害(ASD、ADHD)の当事者であり、特別支援教育・児童福祉を専門で学び続けています。

▶︎ 現場経験
▶︎ 当事者経験
▶︎ 専門で学んだ経験

という3つの経験を元に「発達障害を抱える人を含めて全ての人が自分の人生を生きれる世の中を創りたい」と考えて、教育・療育実践をSNSやブログにて発信しています。

Twitter
→https://twitter.com/home
ブログ
→https://teachers-job.com


(所属)
一般社団法人こども発達支援研究会 理事
→https://kodomoshien.org/blog/20200321-k/

放課後等デイサービス
小学校支援級担任
LD学会
授業UD学会
感覚統合学会

企業研修のご依頼はこちら
前田 智行の教室ページの見出し画像

特別支援教育を学んで困難な子を育てるプロになろう!

※現在はコロナウイルスの影響もあり、全てオンライン開催とさせていただいてます

▶︎概要
特別支援教育の知識を体系的に学び、発達障害等の特性のある子どもを育てる教育の専門家を目指す講座です。

▶︎自己紹介
初めまして。一般社団法人こども発達研究会の前田智行です。

現在、放デイ、小学校にて「特別支援教育」の知見を生かして子どもの教育に関わっています。
長年にわたって、発達障害を抱えた子やグレーゾーンと呼ばれる通常学級では対応が難しい子どもの教育に携わっています。
現在、専門の知見を必要とする子どもが増えています。ぜひ共に学んで、困っている子どもたちを支えられる教育の専門家を目指しましょう!


▶︎発達障害の支援者とは?

・うちの子は、落ち着きがなく育てにくい気がする
・あの子だけ周りの子とうまく関われない
・授業中に離席して妨害されてしまう

そのような「困り感のある子」への対応に悩む保護者、先生が現在増えています。そしてその背景には、

▶︎ ASD(自閉症スペクトラム)
▶︎ ADHD(注意欠如多動症)
▶︎ SLD(限極性学習症)
▶︎ DCD(発達性協調運動症)
▶︎ 吃音
▶︎ 場面緘黙
▶︎ チック(トゥレット症候群)
▶︎ 愛着障害

など、発達障害や各種疾患など様々な背景が存在しています。これらの背景に、保護者・先生は試行錯誤をしますが、対応に苦労している人が多いのが現状です。

しかし、「発達障害」は、先天的なものであり、決して悪いものではありません。そして、特性や対処方法は、長い現場の知見からすでに確立されています。

この発達支援講座では、そのような「困り感のある子をどう育てるのか?」「将来自立して生きる力をどう育てるのか?」という具体的な支援方法を中心に学び、現場の課題を解決できる専門家になるためのステップを紹介しています。


▶︎講座内容
基礎講座と発展講座の2つがあります。
どの講座も自由に受講していただくことができますが、
10の基礎講座を受講していただくと、「基礎講座修了証」
10の発展講座を受講していただくと、「発展講座修了証」
をお渡しさせていただきます。

※現在はコロナウイルスの影響もあり、全てオンライン開催とさせていただいてます

【基礎編】
1、発達障害と支援に関わる社会資源
2、ADHD(注意欠如多動症)の基礎知識
3、ASD(自閉症スペクトラム)の基礎知識
4、SLD(限極性学習症)の基礎知識
5、DCD(発達性協調運動症)・吃音・チック・場面緘黙の基礎知識
6、愛着障害の基礎知識
7、認知機能からみる支援
8、神経伝達物質からみる支援
9、子どもの発達段階を知る
10、困難のある子の進学と就労

【発展編】
1、行動科学を活用した子どもの分析と支援体制の構築(1)
2、行動科学を活用した子どもの分析と支援体制の構築(2)
3、言語発達支援の体制づくりと活用法
4、ソーシャルスキルトレーニングの理論と活用法(1)
5、ソーシャルスキルトレーニングの理論と活用法(2)
6、感覚と運動から見る子どもの段階的な支援体制の作り方(1)
7、感覚と運動から見る子どもの段階的な支援体制の作り方(2)
8、集団指導における特別支援の活用法
9、アセスメントの理論と実際(1)
10、アセスメントの理論と実際(2)


▶︎ 対象
◯子育て中の親御さん
◯保育園・幼稚園の先生
◯小・中・高・大・特別支援学校の先生
◯学童・塾などの先生
◯児童発達支援事業所・放課後等デイサービスの先生
◯教育業界に興味のある学生
◯その他教育に興味のある方

「困難のある子」「困っている子」に対する汎用性の高さが特別支援教育のよさですので、教育にか関わる多くの方にお役立ていただけます(^ ^)

続きを読む