永野 純一郎のプロフィール写真

永野 純一郎

本人確認済み
(0)
  • 1人
  • 1回

自分の本質と繋がること、自由になることがテーマ


東日本大震災後に自分は何者なのか?の探求が始まり、占星術、オーラソーマ、タローデパリ、数秘などを学ぶ。それと同時に日本人であることに目覚め、各地の神社巡りをライフワークとする。自己実現もパートナーシップも、自分のハートと繋がり、スペースを確保せずには実現しないことに気づき、瞑想に関心をもつ。

2015年に3泊4日の瞑想合宿に参加したことをきっかけに、瞑想ライフがスタート。以降インドの瞑想施設や、瞑想合宿、ワークショップに参加しながら瞑想にとりくむ。2017年、瞑想インストラクションを学ぶため、OSHOメディテーショントレーニング受講。大阪市内で瞑想会を定期開催中。

2018年、自分のエッセンスとつながるための「ダイヤモンドロゴス」コースに参加。3年かけての自己探求を始める。

企業研修のご依頼はこちら
永野 純一郎の教室ページの見出し画像

瞑想グループ・サウンドオブサイレンス


<主なプログラムの内容>

現代人向けに設計された、ただ座るだけではないアクティブな瞑想をします。

30分以内のエクササイズ1本 + 1時間の瞑想1本、または1時間の瞑想を2本をします。

初めての方でも、瞑想は寝てしまう…という方でも、ご興味があるのであれば是非ご参加ください。


<こんな方にオススメです>

当グループで取り組む瞑想は、「無」や「空」といったものに向かった瞑想になります。

パフォーマンスをあげたり、ストレスをなくしたり、メッセージを受け取るようなものではなく、自分の内側とつながり、自分自身にくつろぐといった感覚を得たい人にオススメです。

毎日が忙し過ぎて、自分の時間を取り戻したい人。

自分らしくありたい、自分の人生を生きたいと思っている人。


<当グループの考え方>

瞑想のやり方についてはインストラクションを受けていただく必要がありますが、瞑想とは何か?は自分の体験の中から見つけるものです。なぜなら、瞑想は自分の内側で起こるもので、その体験は自分自身にしかわからないからです。
当グループでは知識よりも体験を重視しています。

瞑想することで何が体験得られたのであれば、その瞑想をしばらく続けてみることを推奨します。(理想は21日間!)
時々やる瞑想も素晴らしい体験になりますが、瞑想は続けることで体験が深まり変化し、自分のものとして着地していきます。


<この瞑想体験会で得られること>

1時間の瞑想を体験することができます。

一時的に気分がすっきりしたり、クリアになった体験が得られることがあります。
なんだそんなものか…と思われるかもしれませんが、単発の瞑想ではこれが限界です。もっと深い体験を得たいと思う人は、瞑想を日々続けたり、リトリートへの参加がオススメです。

瞑想する仲間が得られます。
これはとても大きなことです。瞑想は1人よりも複数人で場を持つ方が、体験が深まり、継続もしやすくなります。


<瞑想を人に伝える理由>

①瞑想でもっとも難しいことの1つは続けることです。瞑想会を始めたのは、まずは自分が瞑想を続けるためでありました。

②スピリチュアルなことや自己探求をしていると、「今ここ」とか、「ありのままの自分を受け入れる」といった言葉が出てきますが、そういったことを瞑想はとてもよくサポートしてくれます。この感覚を多くの人に感じてもらいたいと思っています。

③瞑想に取り組むことはとても楽しいです。その先には、無限の世界が広がっています。この体験をわかちあっていきたいと思っています。

④世界中の人が瞑想に取り組めば、究極的には世界平和が訪れると思っています。瞑想によって内なる自分にくつろぐということは、そういったエネルギーの質がある、ということを自分の体験の中で感じました。世界平和は大きく出過ぎかもしれませんが、瞑想を伝えていくことで、日常の中の小さな争いごとや、他人を否定したり攻撃したりすることがなくなったりと、小さなノンバイオレンスが広まっていくといいなと思っています。


<注意>

このグループに参加しても、瞑想をインストラクションする資格は得られません。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真