Maruyama Shinjiのプロフィール写真

Maruyama Shinji

(0)
  • 0人
  • 0回

楽に走れる身体を提供するランニングトレーナー

JCMA認定体軸セラピスト
JRTAマスタートレーナー
ランニングを行う中で自身が長年怪我に悩まされてきましたが、練習量をこなすのではなく「身体の症状による悩みの解決」と「パフォーマンスアップ」を両立させる理論を学び、これまでの練習量が半減する中でも毎年自己ベストを更新し続けてします。
レッスンでは普段使えていないインナーマッスルを目覚めさせ、頑張りすぎているアウターマッスルを緩めることで両方の筋肉をニュートラルに整えることで、これまで悩んでいた痛みやコリを和らげ、機能的な身体を手に入れて頂くことを目指して頂きます。

企業研修のご依頼はこちら
Maruyama Shinjiの教室ページの見出し画像

福岡天神ランニングスクールAXIIZ

福岡天神ランニングスクールAXIIZでは慢性的な症状で悩んでいる、スポーツパフォーマンスを向上させたい、なかなか疲れが取れない、病院や整体に通っているけどなかなか治らないなど、日常生活の中でこのようなお悩みにお答えします。
これらのお悩みには共通することがあります。それはからだの”よどみ”いわゆる筋肉が固まってしまって血流が悪くなり不調の原因になっているということです。そのよどみを取り除くために「クロスポイント」をはじめ体軸理論を活用し身体を整えていくことで痛みやコリをやわらげていきます。セルフメンテナンスの方法もお教えしますので、継続的に行って頂くことで更に効果が高まります。※クロスポイント・体軸理論とは・・・体軸コンディショニングスクール代表の高橋龍三氏が考案した身体の使い方を上手くするポイントのこと。体軸理論の詳細はこちらをご覧ください。https://metaaxis.co.jp/

筋肉には「アウターマッスル」と「インナーマッスル」があります。アウターマッスルは重いものを持ち上げるなど単純な動きは得意ですが、柔軟性に乏しく筋組織が弱いという特徴があります。これに対しインナーマッスルは見た目にわからず意識することも少ないですが、日常生活の様々な姿勢を保持し動きを担っています。また柔軟性があり筋組織が強いのも特徴です。
本来であればインナーマッスルが身体を支え姿勢を保っているのですが、弱ってくるとアウターマッスルで支えることになります。身体のどこかに痛みやコリがある時はアウターマッスルが頑張り過ぎることで固まってしまった状態と言えます。
AXIIZのトレーニングでは怠けて使えていないインナーマッスルを目覚めさせ、頑張り過ぎているアウターマッスルを緩めることで両方の筋肉をニュートラルに整えます。
​継続的に行うことでこれまで悩んでいた痛みやコリをやわらげ、機能的な身体を手に入れて頂くことが出来ます。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真