翠緯 泰のプロフィール写真

翠緯 泰

(0)
  • 0人
  • 0回

「つくる」「あそぶ」「つながる」をデザインする

ものつくりを仕事として十数年たち、ものつくりを遊びとして楽しむことで、人と人、人と地域、地域と地域の新しい繋がりが見えてきました。

コミュニケーションの重要性が高まる昨今、アートやメディアが持つ役割も変化しているように思います。
「つくる」ということは作家やクリエーターの特権ではなくなり、コミュニケーションのツールになっていくと考えます。

多くの人に、「つくる」を「あそび」のように楽しみ、多くの人がつながるように、いろいろなワークショップを開いていきたいと思います。

京都造形芸術大学在学中に制作した『PRESENT』(06’)が「飛騨国際メルヘンアニメ映像祭」(こどもメルヘン賞受賞)や「こどもアニメーションフェスティバル」(優秀賞)など多数の映画祭で賞を受賞し、卒業後フリー作家として活動する。

映像・アニメーション制作の他にインスタレーション展示やワークショップ活動を行っている。

2011年より成安造形大学にて非常勤講師。

翠緯 泰の教室ページの見出し画像

「つくる」を「遊び」にして「つながる」をつくる

人との「つながり」を作る時、人との「つながり」を強くしたい時、何かを作るという行為は強力なツールになります。

一緒に食事を作った時、一緒にお絵描きをした時、一緒に思い出を作った時。。。

「つくる」だけでなく、作ったものがあれば、それを見せる事や、意見をもらうことで、さらにコミュニケーションは深まります。

アートやメディアは、今まで作家やマスコミの特権でした。
しかし、SNSやスマホの広まりで、誰もがものを作れるし、誰もが発表することが可能になり、すべての人が表現者になりました。

これからの時代、アートやメディアは今までの一方的な情報拡散ツールではなく、相互のコミュニケーションツールになっていきます。

人との「つながり」を作るため、「つくる」という事を「遊び」として楽しみましょう。

続きを読む
  • Icon share シェア