松上 純一郎 努力系 元外資戦略コンサル 資料作成のプロ location 東京
  • レビュー 130
  • 教えた人数 553
  • 開催回数 37

profile

松上 純一郎 matsugami junichiro

神戸大学大学院、University of East Anglia修士課程を修了。
米国戦略コンサルティングファームMonitor Groupに入社し、外資系製薬企業のマーケティング戦略や営業戦略、途上国政府の依頼によるツアリズムのマーケティング戦略、国内企業の海外市場進出戦略やパートナーシップ戦略策定にも参画。
その後、シリコンバレーのベンチャーキャピタリスト原丈人率いるアライアンス・フォーラム財団に参画。発展途上国プロジェクトの企画立案・実行に従事。ザンビアでの栄養不良改善プロジェクトのプロジェクトマネージャを務める。日本企業向けサービスにおいては、バングラデシュでの太陽光エネルギーを利用した新商品開発プロジェクト、栄養食品開発プロジェクトに携わる。
現在は株式会社ルバート代表取締役を務め、新規事業、KPI運用などのコンサルティング、アプリ事業「スマホからハガキが送れるアプリ『ピクレタ』](www.picleta.com)などの事業を行う。

TOEIC965点、ビジネスコンテストKING2009コンサルタント。

skills

スキル&専門知識タグ

  • ロジカルシンキング
  • 経営戦略
  • パワーポイント、パワポ、資料作成
  • パソコンスキル
  • プレゼンテーション
  • 130

  • 楽しかった!( 68 )

  • 勉強になった!( 92 )

  • 行く価値あり!( 106 )

  • 男性

    この講座は「実践的でためになる講座」でした

    自己流では学べない事ばかりなので非常にためになります。受講できて良かったです。

  • 男性 30代

    この講座は「パワポのスキルとロジカルシンキングを学べる講座」でした

    パワポのスキルだけでなくロジカルシンキングを学べ勉強になりました。
    自分自身でも改めて勉強する必要があると認識させてもらえた講座でした。
    良いきっかけになりました。

  • 男性 20代

    この講座は「プレゼンを体系的に学習できる講座」でした

    プレゼンのハウツーに終始せず、プレゼン作成の前段階で押さえておくべきことから、濃密に教えて頂ける講座でした。

  • 女性 30代

    この講座は「元外資コンサルによる「戦略的プレゼン資料作成講座」2日間集中講義」でした

    大変勉強になる2日間でした。
    資料作成だけでなく、人に何かを伝える人は受けると勉強になると思います。

  • 男性 30代

    この講座は「とても役に立つ講座」でした

    一人歩く資料を早く作るのknow-howをたくさん勉強になりました。資料作成のテクニックだけではなく、資料作成のロジカルなども詳しく教えていただきました。本当にありがとうございます。超お勧めな講座です。

  • 男性 40代

    この講座は「為になり実践的な内容の口座」でした

    色々な経験の元に指導しているので、説得力ある内容でした。
    2日間と長い内容でしたが、それを感じさせない中身の濃ゆさがありました。
    また、実践形式でしたので習ったことをそのまま確認もでき、とてもありがたかったです。
    私の場合、少し期間が空きましたが、その間もこちらで習った技を駆使して
    パワーポイントを作成でき、内容の反芻が出来ました。

    とても為になりました。ありがとうございました。

  • 男性

    この講座は「行く価値ありまくり!」でした

    本当にお得なコースです!資料作成のこの講座で決定です!

  • 男性 40代

    この講座は「大変勉強になりました。」でした

    痒い届かない所をついてくれたらという感想を持ちました。1人1人に対して、しっかりと説明していただきました。

  • 男性

    この講座は「実践的!」でした

    アウトプットがたくさんあり、実践につながる工夫がたくさんある講座でした。
    とても勉強になりました。

  • 男性 30代

    この講座は「パワポ資料作成が苦手な人には是非お勧めしたい」でした

    パワポが苦手な自分としてはとても参考になり、とても良い講座だったと思います。
    講義中にはグループディスカッションも多く含んでおり、単なる小手先の技術を学ぶだけの講義ではなく、資料を作る上での考える力を訓練できる非常に実践的な内容でした。
    1日目のあとに出される課題はまさに学んできたことのOUTPUTを活かす内容となるので、参加される方は是非取り組んだ頂きたいと思います。