お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

あがり症のスピーチ練習会 キンスピ

主催団体確認済み
(68)
  • 156人
  • 19回
企業研修のご依頼はこちら

続きを読む
  • 講座一覧

  • 先生一覧

  • レビュー68件

小松原 亜矢子

会社の朝礼進行で緊張していた現ラジオパーソナリティ ラジオパーソナリティー、司会、ナレーター、選挙うぐいす 大手都市銀行勤務を経て 現在、C ityFMさいたま REDSWAVEにて番組を担当する他、古閑美保トークショー、荻原次晴トークショーやIR、金融系セミナーなども多数歴任 ナレーションや選挙うぐいすなど喋りのプロとして、活動は多岐に渡る ブライダル司会は1500組超 自身が人前で話す事が苦手だった経験を持つ これまでに数百社の上場企業トップの方の話しを間近で見てきた経験を生かし、スピーチが苦手な方の克服をお手伝いする活動にも力を注いでいる また、双子の子育ての経験を生かし、さいたま市親の学習ファシリテーターとしても講座を担当している

城野 えん

トリリンガル司会者 トリリンガル司会事務所 Trigual代表 英語・中国語・日本語MC/ナレーター 上海出身、4歳より東京在住。慶應義塾大学卒業後、某大手ITセキュリティ関連企業に就職、法人営業、新規ビジネス開発の業務に7年間携わる。在職中にシンガポールに2年間赴任し、現地企業向け営業を担当。営業活動で培った英語・日本語のプレゼンテーションは多方面より高く評価され、数々の情報セキュリティ関連セミナーでの司会進行や、セミナー講師としても多数の登壇経験を持つ。 結婚・出産を経て、司会者に転身。トリリンガル司会事務所Trigualを立ち上げる。中国語、英語、日本語の3か国語のスキルを活かし、披露宴や企業イベント・式典、展示会などでトリリンガルMC/ナレーターとして活躍中。

田島 公子(きみこ)

「あなたの持ち味をいかしなさい」 (株)ハンズオン 代表  大学卒業後 生命保険会社のお客様窓口担当として総務部勤務。 組織内でのコミュニケーションの重要性、人材育成の大切さを学び現場スタッフの育成について難しさを経験する。より現場での貢献活動を目的に、各種学会、イベントの企画・運営会社で運営統括マネジャーとして現場スタッフ育成に専念。スキルアップ指導では、外国人アテンドスキル、聴き方・話し方ヴォイストレーニング、アナウンススキル等、サービススタッフスキルアップをメインに支援。 2013年3月11日 自身の強みである「現場主義」をもっと活かせる企業様との出会いを目標として研修会社設立。

3 件中 1 - 3 件表示

男性 50代

この講座は「ほどよい緊張感の中でスピーチの実践体験を積める場所7」でした

今回は半年ぶり8回目の参加でした。
今回の参加には目的とテーマがありました。

目的は、最近自分の周りで起こったある出来事2つを披瀝することでした。話の組み立て、話すスピードの変化、間の取り方、声の強弱・高低、ジェスチャー、アイコンタクト、うまく行ったと思います。

テーマは、マスクをしたままで、どれだけ自分を表現できるのかでした。表現はできたのかもしれませんが、「伝わった」と言う感覚がさほどありませんでした。知り合ったばかりの方に、マスクをしたままで自分の想いを伝えるのは難しいことなんだなあ、とつくづく思いました。3回目はマスクを外してスピーチしてみました(ソーシャルディスタンスを守って)。やはり反応が違いました。

この講座では講師の田島先生が、参加者一人一人に承認を与えて下さいますので、初めての方でも安心して参加できると思います。また、同じような悩みを持った方がいらっしゃるので共感しあえます。最後に、他の参加者からのコメントが書かれたメモをもらえます。自分が思っているより良いことが書いてあります。励みになりますよ。

女性 30代

この講座は「ためになる講座」でした

今月は腹式呼吸や、文章を発声する時の区切り方を教えていただきました。
その後3回スピーチを練習する場があります。
受講生のみなさんも真剣に取り組まれており、参加して良かったと思える講座です。

女性 40代

この講座は「前日はドキドキ、当日は逃げずに行ってよかったと思える講座」でした

発声や、腹式呼吸の資料もあり家でさっそく実践してみようと思いました!

自分だけ重症なあがり症かと思っていましたが、同じ悩みを持つ方がいて、自分だけじゃない、ここにこられるみんなと一緒に克服できたらいいなぁと思いました!

元あがり症と言える人になりたいなぁ!

男性 40代

この講座は「オーディエンスから力をもらう」でした

 話の内容を分かりやすく伝えながらや聞き手に目を配ったり笑顔で話すことは緊張していればなかなか難しいかも知れないけど、慣れることで余裕が生まれてくるということかなと思いました。

68 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真