ENGLISH CAMP (英語スクール)

主催団体確認済み
(0)
  • 0人
  • 0回
企業研修のご依頼はこちら
ENGLISH CAMP (英語スクール)-ENGLISH CAMP教室ページの見出し画像

ENGLISH CAMP

ENGLISH CAMPは
仲間とともに学び、
本質的な英語コミュニケーションの力を身につけ、
可能性を広げる英語スクールです。

大事なのは英語の正しさではなく、「伝わる」こと。もっと大事なのは伝える中で与えられる「価値」です。その価値がコミュニケーションの本質であると私たちは考えています。ENGLISH CAMPではそのためのコミュニケーション・トレーニングをします。

トレーニングを一人で続けていくのは大変です。ENGLISH CAMPではクラスメートの仲間と励まし合い、刺激し合いながら学んでいきます。失敗を歓迎する環境ですので、英語を間違えても恥ずかしくありません。英語を発することに慣れ、恥ずかしさをなくしていきます。最終日にクラス全員の前で自分の仕事や趣味についてのプレゼンテーションを行います。そこに向かっていく過程で自分の持つ可能性に気づき、自信を身につけていきます。

続きを読む
  • 講座一覧

  • 先生一覧

  • レビュー0件

髙木 明子

英語講師・通訳。元外資系バイリガル秘書。 外資系企業に勤務するバイリンガルの社長秘書。高校卒業と同時に渡米。インディアナ大学ビジネス学部マネージメント学科およびマーケティング学科の学士号を取得。帰国後はバイリンガル秘書として外国人エグゼクティブをサポート。2018年に独立し現在は英語講師・通訳として活躍。 <講師メッセージ> 中学高校と英語は苦手でした。「勉強せずに話せるようになりたい」という甘い考えで高校卒業と同時に渡米しました。楽して英語を身に付けるという考えは見事に打ち砕かれ、24時間365日間英語漬けの日々に悪戦苦闘。高すぎる言葉の壁を前に気付いたことが一つ。大事なのはネイティブに近づくことではなく、いかに言いたいことを相手に伝えられるかだと。努力の結果英語を身につけ、今では外資系の会社で外国人の上司を相手に英語で仕事をしています。英語によって人生の可能性が広がることを実感しています。

戸田 輝

ENGLISH CAMP 代表 兼 講師 ENGLISH CAMP代表。上智大学外国語学部英語学科卒。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営学修士(MBA)。 地方公立小中高校から海外在住や留学経験のないまま、塾・予備校に一切通わず、自身で確立した「脳に負荷をかけ続ける勉強法」で英語を勉強し、上智大学 外国語学部 英語学科に入学。同大学にて学業奨励賞を1年次に受賞。 伊藤忠商事にて海外での通信プロジェクト、シリコンバレーベンチャーとの折衝、アジアの生産者と国内製造業とのライセンス交渉、技術通訳などを担当。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に2年間MBA留学。さらに留学中にイタリア語を勉強し、イタリア、ミラノのボッコーニ大学に交換留学。ボストン コンサルティング グループにて国際プロジェクトを担当。グロービス経営大学院にてCritical Thinking、Operation Strategy、Creativity and Organization Managementなどの英語科目の講師を担当。

山原 すすむ

ENGLISH CAMP 講師 ビジネスコーチ、企業研修コーチ、グローバルマーケティング・コンサルタント。神戸大学経済学部(国際経済学)卒業後、半年間のロサンゼルスでの英語留学を経てソニー入社。ハンディカムなどデジタルイメージング商品の全世界向けプロダクト企画を担当し、ヒット商品を創出。入社当時は、海外の販売会社に対して留学時代そのままの英語でプレゼンし、上司から”全然伝わらない”と言われて挫折。ビジネス英語を再度学び直し、英語で伝わるプレゼンのスキルを習得して実践を重ねる。その後、シンガポールに海外赴任し、プロダクト・マネージャーとして日本人と現地のローカルスタッフを率いて、アジア〜中東〜アフリカ圏全域の地域マーケティングを統括。ソニー本社に帰任後は、音楽業界と協力して音楽配信プラットフォームの立ち上げを行った後、企画マーケティング部門のマネージャーとして電子書籍サービスの日米欧のグローバル展開を推進。2014年に独立し、現在はビジネスコーチ、企業研修講師として、管理職や現場リーダー、海外赴任者などの人材育成に従事。同時にグローバルマーケティング・コンサルタントとして、新しい電子書籍商品の海外展開を担っている。

合澤 栄美

ENGLISH CAMP講師 株式会社ミライロ 経営企画室ディレクター。独立行政法人国際協力機構(JICA)に約21年間勤務。JICA在職中に、国際機関との援助協調、社会保障分野の技術協力プロジェクトの計画・実施促進・評価、途上国から来日した人材に対する研修の企画・運営、広報・メディア対応等に従事。カンボジア、タイ、パラグアイの駐在経験あり。 小学生の頃、自宅でホームステイを受け入れたことがきっかけで、外国語や外国人とのコミュニケーションに興味を抱き、高校2年生の1年間をアメリカでホームステイ。埼玉県の公立高校を経て上智大学外国語学部英語学科(国際関係副専攻)在籍中にアメリカのブランダイス大学に1年間留学し、開発人類学を学ぶ。JICA在職中、イギリスのリーズ大学大学院で「障害と開発」修士号を取得。留学経験に加え、JICAカンボジア事務所(4年弱)およびタイ”Asia Pacific Development Center on Disability”(2年間)での業務を通じて、英語を介したコミュニケーション力と多様な環境における適応力を身に着ける。英検1級、TOEIC985点。

6 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真