一般社団法人日本ビジネスメール協会

(4)
  • 15人
  • 14回
一般社団法人日本ビジネスメール協会-日本のメール教育を根本から変えます教室ページの見出し画像

日本のメール教育を根本から変えます

使わない日はないくらい、ビジネスで当たり前に使われているツール。それが『ビジネスメール』です。

しかし、ビジネスメールの教育は、まだまだ遅れていると言わざるを得ません。研修を実施している企業は全体の10%程度です。

出典:ビジネスメール実態調査2015(一般社団法人日本ビジネスメール協会調べ)

メールが普及するにつれて、仕事の中でメールにかける時間が増えています。10年ほど前と現在を比較すると、その増加に驚くことでしょう。

対面、電話、ファクス、ビジネス文書、ソーシャルメディアと、コミュニケーション手段はいろいろありますが、仕事でのコミュニケーションに占めるメールの割合は大きくなっています。

そのような状況下で、多くの人が誰からも教わらず、見よう見まねで、不安を感じながらメールを利用しています。電話やビジネスマナーの研修はあっても、メールの研修は受けたことが無い。それでも、毎日使うのがメールです。同じ仕事のコミュニケーションツールですが、その差は歴然としています。

学生時代からメールを使っていたとしても、社会人として求められるメールのスキルは異なります。プライベートメールとビジネスメールも違います。違いを理解し、特徴を理解し、使いこなす力が必要不可欠です。

企業におけるビジネスメール教育の普及は、社内外のコミュニケーションを円滑にするだけでなく、メールにかける時間を短縮し、業務の効率化につながります。

一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。

私たちは、ビジネスメール教育を通じて世の中のコミュニケーションを改善し、時間を創出することを目的としています。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • 先生一覧

  • レビュー4件

小林 裕典

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師 ECサイト運営について豊富な知識を持ち、楽天市場ショップオブザイヤー受賞店や、地方老舗企業や飲食店、有名ホテルなど、全国各地のクライアントに対してコンサルティングを行っているため、カスタマーサービスにおけるビジネスメール活用において評価が高い人気講師。 ECサイトにおける顧客満足度の向上のための重要なピースであるビジネスメールについて、実務的で即戦力となる事例が語れるため、セミナー受講後のアンケートでも受講者の満足度が非常に高い。売上アップ、事業拡大に繋がるための実践的な研修が得意。ネットショップ運営者向けのメールテクニックのコラムも好評公開中。

佐藤 安南

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師 国土交通省、東京ガス、トッパン エムアンドアイ、大手企業新人研修、大手企業営業研修など講演実績が多数ある。オリジナルエピソードが面白く、楽しく学べると受講生の評価も高い人気講師。 1988年東京大学文学部第4類心理学専修課程卒業。1990年東京大学大学院社会学研究科(社会心理学専攻)修士課程修了。社会学修士。映像制作会社勤務を経て独立。TBS「報道特集」日本テレビ「バンキシャ!」フジテレビ「報道2001」NHK「すくすく子育て」など、主に報道・情報番組の取材に携わる。 テレビの取材を通じ、専門家から主婦にいたるまで様々な分野・職業の人々とメールを交わした経験から、豊富な事例を持つため、受講者の経験や理解度に合わせた指導が可能。実家が不動産業を営んでいたことから、不動産業界についても詳しい知識を持つ。

野村 佳代

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師 公開講座での講演のほか、目黒区男女平等・共同参画センターでのセミナーを始め、自治体や企業研修などでの講演実績も多数。受講者の悩みに寄り添った具体的な事例と丁寧なアドバイスで理解が深まったという感想が多く寄せられる人気講師。広告代理店や出版社を経て、2005年に編集・ライターとして独立。2007年にアスラン編集スタジオを設立する。書籍・雑誌はもちろん、会社案内や広報誌・チラシ・ホームページなど、さまざまな媒体で1000回以上の取材・執筆経験を持つ。ライターとして経験を積むうち、「ビジネスでは作家のような美文よりも、わかりやすい文章が求められている」ことに気づき、「ビジネスパーソンに本当に必要な文章とは何か?」を追求するため、webサイト「ビジネス文章力研究所」を開設。メールマガジン「2分でわかる日本語力向上ドリル」を配信するなど、ビジネスパーソンに役立つ文章ノウハウの提供している。 ◎出版実績 「その日本語、大人はカチンときます!」(青春文庫) 「会社づくりの現実とお役立ちポイント」(日本実業出版社)

直井 章子

一般社団法人日本ビジネスメール協会 セールスプロモーション、広報、営業の仕事を通じ、メールコミュニケーション力は重要であるという問題意識から、ビジネスメール教育の専門家として活動中。教育研修プログラムの開発から講演・研修、執筆など活動は多岐に渡る。 「読売新聞」、「朝日新聞」、「日経WOMAN」、「日経ビジネスAssocie」など新聞・雑誌へのメディア掲載多数。 日経BP社PC online/ITproで、2010年からコラム「ビジネスメール事件簿」を連載中。直井研究員として、ビジネスの現場でトラブルを引き起こしかねないメールについて解説。 著書に『ビジネスメールの常識・非常識』(日経BP社) 『カリスマ講師に学ぶ!実践ビジネスメール教室』(日経BP社)がある。

9 件中 1 - 4 件表示

女性 30代

この講座は「わかりやすく実践的な講座」でした

ビジネスメールの基本的なルール、メール文面に入れる心遣いの表現、メール効率化を図る技術について、理解を深めることができました。メール処理にかける時間短縮のために、今回教えていただいたことを日々の業務の中に取り入れていきたいと思います。先生のご説明が、例を交えたとてもわかりやすいものでしたので、どのようなメールが望ましいかイメージしやすかったです。ありがとうございました。

続きを読む

女性 30代

この講座は「メールの基礎をしっかり学べる」でした

メールを書くのが苦手で、この講座に参加をしました。
今更聞けないような小さな疑問も、先生が丁寧に説明をしてくださり、安心して受講をすることができました。
教わった内容は、すぐに実践で活かせると思います。
さらに中級、上級編があるならば、ぜひ受講したいです。

続きを読む

男性 40代

この講座は「すぐに役立つ実践的な講座でした。」でした

実践的なスキルを学ぶことができる講座でした。

続きを読む

男性 40代

この講座は「基礎から教えて頂きました。」でした

ビジネス文章の書き方がわかりました。

続きを読む
4 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真