あかるい暗室教室。

(0)
  • 3人
  • 2回
あかるい暗室教室。-あかるい暗室教室。教室ページの見出し画像

あかるい暗室教室。

ところは京都。
清水五条にあるレトロビルの一室、モノクロプリント、フィルム現像やサイアノタイプといった体験をする写真教室。講師は国内外で活動する写真家たちです。

“写真は光によって出来ている”をモットーに、月一回の開催で、毎回6名程度の年齢も性別もバラバラな参加者とともに楽しくワイワイ、モノクロプリントの体験を中心に、フィルム現像やサイアノタイプ(日光写真)の体験講座を行っています。初心者向けの講座なので、経験がなくても安心です。写真家として活動している講師がわかりやすく丁寧にレクチャーします。

とりあえず自分でモノクロプリントを焼いてみたい、と思っている方、暗室に少しでも興味のある方、サイアノタイプをやってみたい方、などなどお気軽にお問い合わせください。

デジタルデータとは違い、自分で焼いたプリントは格別です。貴重な経験となるでしょう。カラーフィルム、写ルンですで撮影したフィルムもモノクロプリントできます。おひとりでも、お仲間やお友達と一緒でも大丈夫、毎回みんなで愉しくやっていますので、気軽に参加してみてください。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • 先生一覧

  • レビュー0件

横山 隆平

写真家。 1979年大阪府生まれ。 モノクロフィルムによる都市写真を中心に作品を展開。 Photography Magazine 81LAB.、CITYRAT press立ち上げに参加。主な作品集に「TOKYO,UNTITLED.」、「酔っぱらったピアノ弾きのようなやりかたでシャッターを押せ」、「果たして路上は、都市のネズミの書く詩のように続いてゆく」等がある。近年の展示に「沈黙と静寂」(京都 元・淳風小学校 KG+ 2017)がある。 現在、京都市内にてモノクロプリントのワークショップあかるい暗室教室の講師としても活動している。 オフィシャルサイト http://www.yokoyamaryuhei.com あかるい暗室教室 https://brightdarkroom.themedia.jp

溝縁 真子

写真作家 1984年京都府生まれ。京都精華大学芸術学部造形学科版画専攻をへて、2010年に渡独。以後ライプツィ ヒと京都で制作発表を行いながら、2016年ドイツ·ライプツィヒ視覚芸術大学マイスターシューラー (PhD)を修了する。”自然環境と調和した人の暮らしとはどんなものなのだろうかと、生活の中での気づ きや実践を根拠に作品制作を展開する。 主な展示: How could we be able to overcome the distance? (Neuer saechsischer Kunst Verein Dresden, 2017) / FuR_Feuer und Rauch 火と煙 (KG+ 2017, 京都) 賞:SACHSEN_ART Preis fuer junge Kunst in Sachsen 2016 (ザクゼン州に住む若手芸術家のための賞)

2 件中 1 - 2 件表示

photo

教室風景写真