Blossom

経営者・ビジネスリーダー向けのビジネス講座を開講中
世の中にはビジネスの現場で日々成果を上げ続けているプロフェッショナルがいらっしゃいます。

しかし、現場で活躍しているプロフェッショナル人材が実際にBtoCのセミナー市場に講師として登壇することはほとんどありません。

このプロフェッショナルの保有している知識・スキル・ノウハウを市場に提供できれば、より世の中のビジネスマンは... もっと見る
先生一覧
李 英俊(リ ヨンジュン)

李 英俊(リ ヨンジュン)

組織人材開発コンサルタント

マインドセット株式会社代表取締役・兼トレーナー。トップ人材の指導者として、メンタリングセッション、リーダーシップ開発・組織エンゲージメントに圧倒的な強みを持つ。 経歴は、外資コンサルティングファームで戦略コンサルタントとして、官公庁・民間企業への事業再生・組織変革に従事。インキュベーター企業でビジネスプロデューサー(マーケティング&セールス領域)として活躍し、IPOに貢献する。IPO後は、人材開発担当執行役員として人材マネジメント全般の企画・運営を担当し、プロフェッショナル・マネジメント領域の教育事業である子会社社長を歴任。ターンアラウンド、インバウンドのベンチャー企業において、新規事業開発、組織人材開発、マーケティング、コンサルティング事業などの責任者を担当。2010年より取締役に就任し、会社を「GPTW働きがいある企業ランキング2位」に、2014・2015年の2年連続で受賞するまでに成長させる。 規模や成長ステージ・部下の能力に依存せず教育に成功し続けるマネジメント・経営人材の育成を800名以上に指導する実績を有す。(14年間で、1400回以上、3万時間以上のトレーニング・講演)

杉本 匡章 (すぎもと まさき)

杉本 匡章 (すぎもと まさき)

人材開発コンサルタント

MAP U(マップ ユー)代表。 外資系コンサルティングファームで中期経営計画、事業戦略策定から組織改革、人材戦略、M&A戦略、IT戦略、大規模PMOに至るまで幅広いコンサルティング領域に従事。 企業コンサルティングに従事する傍ら、人材開発支援を中心とした業務に従事する。コンサルティングファームにおけるインターンシップ採用の設計や、新入社員/中途入社向けの研修講師、学生向けの経営シミュレーション授業の講師等を務め続ける。

李 英俊(リ ヨンジュン)

李 英俊(リ ヨンジュン)

コンサルタント

マインドセット株式会社代表取締役 トップ人材の指導者として、メンタリングセッション、戦略PR,リーダーシップ開発・組織エンゲージメントに圧倒的な強みを持つ。 経歴は、外資コンサルティングファームで戦略コンサルタントとして、 官公庁・民間企業への事業再生・組織変革に従事。インキュベーター企業でビジネスプロデューサー(マーケティング&セールス領域)として活躍し、担当事業領域は、メディア開発・広告企画事業において、新しい広告成果をナショナルクライアントに数多くもたらす。それらの結果によって、組織のIPOに貢献する。IPO後は、人材開発担当執行役員として人材マネジメント全般の企画・運営を担当し、プロフェッショナル・マネジメント領域の教育事業である子会社社長を歴任。ターンアラウンド、インバウンドのベンチャー企業において、新規事業開発、組織人材開発、マーケティング、コンサルティング事業などの責任者を担当。現在では、超大手企業・メガベンチャー・スタートアップなど企業規模に関わらず、PR・広報・マーケティングにおけるコミュニケーションデザインやブランディング戦略のコンサルティングを提供しています。

感想一覧
  • 210

  • 楽しかった!( 89 )

  • 勉強になった!( 159 )

  • 行く価値あり!( 157 )

  • M3

    男性

    この講座は「ロジカルで納得でき、すぐ使える内容の講座でした」でした

    部下教育に関わるキーワードの定義をしたうえで、すぐに実践できる部下へのアプローチ方法を教えていただきました。部下の「好き」と「嫌い」の把握を行わずに「なんでできないの?」と思う上司の配下には自分もつきたくないですが、自分自身がそういう上司になりがちだと気づけました(笑)。観察からしっかりやっていきたいと思います。

  • 男性

    この講座は「部下の教育を通じて自分の立ち位置を見つめ直す講座」でした

    人に教えることは難しいとういことが改めて認識しました。講義の中で話されていた、人を変えることをゴールにすることではなく、どんな人でも変えることができる自分自身をゴールに設定することを意識して取り組んでいきたいと思います。

  • 女性

    この講座は「振り返りの時間」でした

    具体例が多く、わかりやすかったです。ありがとうございました。

  • 男性 50代

    この講座は「プロジェクト管理の次元を超えた抽象度の高い講座でした」でした

    今までに何回か受けた李先生のWS(体幹を鍛える、最高価値、健康、プロジェクト管理)はどれも分野が違うのに知的好奇心を刺激してくれるものばかりです。

    プロジェクト管理についてはPMBOKの講習を受けたことがありますが、一般的なプロジェクト管理の講習とは抽象度が異なり
    プロジェクト管理を超えて、今まで疑問に思っていたことが自分の中では解決できました。
    解決できた訳はプロジェクトが大変な理由は統治の倫理と市場の倫理がぶつかり合う矛盾の世界と教えてくれたからでした。

    なぜ「あるがまま」、「無条件の受入れ」を説くインド哲学がカーストのような制度をとっているのか。
    こんな矛盾があるということは偽善ではないのかと思っていましたが、統治の倫理は市場の倫理と異なり
    実力主義ではないから、あるがままで受け入れられる。そして統治はヒエラルキー(階層)を構築する。
    階層の話をわかりやすく家族の例を出して説明して下さり(子供は無条件で親から受け入れられる。親と子の関係は階層である)、ものすごい充実感でした。

    充実感と同時に無知から誤解をしており、正しく物事を見れていないということがリアリティを持って理解できました。
    また今までプロジェクトで関わった嫌いな人々への思いも、憎しみが薄れていきました。

  • 男性 30代

    この講座は「マーケティングの本質的な視点が学べた」でした

    マーケティングの基礎と、事業でマーケティングを行う際の本質的な視点を学べたと思います。この視点を取り入れてマーケティングできるかどうかで、事業の成長性に大きな違いが出るはずです。また、マーケティングの古典を学んで右往左往してしまうであろう時間を短縮できたので、それもよかったです。

  • 女性 40代

    この講座は「知識圧縮目力ビーム💫」でした

    「市場の倫理」でプロの仕事をするうえで知っておくことと、「統治の倫理」で組織が意思決定する時のルールとの間に発生する矛盾のマネジメントの重要性と、本当のプロジェクトマネジメントの凄さを知れました。
    李先生の知識圧縮目力ビームを全身に浴びまくる(笑)あっという間の3時間でした!

  • 男性 40代

    この講座は「講座タイトルの意味が完全に腹落ちる講座」でした

    当初「USP」「リスクリバーサル」「セールスファネル」といった聴き慣れていなかった言葉が並んでいたので、もしかしたら求めていたものと違う内容なのかも、と思いましたが、「顧客が守るべき存在である」という命題を時間をかけて解説頂き、手法にまで落とし込まれていたので圧巻の3時間でした。

    いかなるビジネスも、顧客ニーズをいかに深掘りし、明確に絞り込むかが肝なのだと感じました。

  • 男性 20代

    この講座は「プロジェクトマネジメントの考え方が覆りました!」でした

    これまで自分がやってきたプロジェクトマネジメントは本当のプロジェクトマネジメントではなかったとこのセミナーを通して気付きました。
    そもそものマインドセットができていなかったことを知れたので、まずはそのマインドを元にアクションしていきたいと思います。
    プロジェクトマネジメントに限らず、ビジネスをやっている方にはとても役に立つ内容です!

  • 男性 50代

    この講座は「若いうちに聞いておきたかった」でした

    長年ゲームプロデューサーを務めてきましたが、自覚はなかったけれど「統治」と「市場」を使い分けてきたんだということを思い知らされました。
    というか、常に「統治」と「市場」の狭間で悩む存在がプロデューサーであり(治れば作品がとんがらず、作品をとんがらせれば治りはきかず)、結局私は軸がぶれて=鬼になり切れず中途半端(三流)で終わりました。
    今の若者は他人との真剣なぶつかり合いを避けたがる傾向があるので、初日の「覚悟」をどう徹底するかはなかなか難しいテーマですね(特にゲーム業界では)。
    これからものづくりを志す若者に、ぜひ聞いてもらいたい講義です。

  • 男性 30代

    この講座は「仕事でだけ無く、個人の生活にも応用が利く考え方を学べます」でした

    今まで漠然と感じていたことが、プロジェクトマネジメントを行う上でのマインドセットを学ぶことができ、物凄くためになりました。

    仕事だけでなく、個人の生活にも応用が利く考え方でしたので、様々なシチュエーションで実践していきたいです。

  • 活動エリア
    活動風景