Blossom

経営者・ビジネスリーダー向けのビジネス講座を開講中
世の中にはビジネスの現場で日々成果を上げ続けているプロフェッショナルがいらっしゃいます。

しかし、現場で活躍しているプロフェッショナル人材が実際にBtoCのセミナー市場に講師として登壇することはほとんどありません。

このプロフェッショナルの保有している知識・スキル・ノウハウを市場に提供できれば、より世の中のビジネスマンは... もっと見る
先生一覧
李 英俊(リ ヨンジュン)

李 英俊(リ ヨンジュン)

組織人材開発コンサルタント

マインドセット株式会社代表取締役・兼トレーナー。トップ人材の指導者として、メンタリングセッション、リーダーシップ開発・組織エンゲージメントに圧倒的な強みを持つ。 経歴は、外資コンサルティングファームで戦略コンサルタントとして、官公庁・民間企業への事業再生・組織変革に従事。インキュベーター企業でビジネスプロデューサー(マーケティング&セールス領域)として活躍し、IPOに貢献する。IPO後は、人材開発担当執行役員として人材マネジメント全般の企画・運営を担当し、プロフェッショナル・マネジメント領域の教育事業である子会社社長を歴任。ターンアラウンド、インバウンドのベンチャー企業において、新規事業開発、組織人材開発、マーケティング、コンサルティング事業などの責任者を担当。2010年より取締役に就任し、会社を「GPTW働きがいある企業ランキング2位」に、2015・2016年の2年連続で受賞するまでに成長させる。 規模や成長ステージ・部下の能力に依存せず教育に成功し続けるマネジメント・経営人材の育成を800名以上に指導する実績を有す。(14年間で、1600回以上、3万時間以上のトレーニング・講演)

杉本 匡章 (すぎもと まさき)

杉本 匡章 (すぎもと まさき)

人材開発コンサルタント

MAP U(マップ ユー)代表。 外資系コンサルティングファームで中期経営計画、事業戦略策定から組織改革、人材戦略、M&A戦略、IT戦略、大規模PMOに至るまで幅広いコンサルティング領域に従事。 企業コンサルティングに従事する傍ら、人材開発支援を中心とした業務に従事する。コンサルティングファームにおけるインターンシップ採用の設計や、新入社員/中途入社向けの研修講師、学生向けの経営シミュレーション授業の講師等を務め続ける。

李 英俊(リ ヨンジュン)

李 英俊(リ ヨンジュン)

コンサルタント

マインドセット株式会社代表取締役 トップ人材の指導者として、メンタリングセッション、戦略PR,リーダーシップ開発・組織エンゲージメントに圧倒的な強みを持つ。 経歴は、外資コンサルティングファームで戦略コンサルタントとして、 官公庁・民間企業への事業再生・組織変革に従事。インキュベーター企業でビジネスプロデューサー(マーケティング&セールス領域)として活躍し、担当事業領域は、メディア開発・広告企画事業において、新しい広告成果をナショナルクライアントに数多くもたらす。それらの結果によって、組織のIPOに貢献する。IPO後は、人材開発担当執行役員として人材マネジメント全般の企画・運営を担当し、プロフェッショナル・マネジメント領域の教育事業である子会社社長を歴任。ターンアラウンド、インバウンドのベンチャー企業において、新規事業開発、組織人材開発、マーケティング、コンサルティング事業などの責任者を担当。現在では、超大手企業・メガベンチャー・スタートアップなど企業規模に関わらず、PR・広報・マーケティングにおけるコミュニケーションデザインやブランディング戦略のコンサルティングを提供しています。

  • 242

  • 楽しかった!( 103 )

  • 勉強になった!( 178 )

  • 行く価値あり!( 182 )

  • 男性 40代

    この講座は「統治と市場の倫理の矛盾を考えさせる講座」でした

    プロジェクトとプロジェクト的なものとの違いを、統治の倫理と市場の倫理を定義することでわかりやすく解説頂けました。

    現実的にはプロジェクト的なものをいかにプロジェクト足らしめるかが課題で、統治の倫理の下部にいながらプロジェクト推進をするという難易度の高いことをやっているんだということが理解できました。

    プロジェクトのあるべき姿に近づいていきたいと思います。

  • 男性 30代

    この講座は「充実した講座!」でした

    プロジェクトそのものがかなり無理なことをやっていること。文化的背景からPMBOKを流用した授業まで目から鱗でした。

  • 男性 20代

    この講座は「プロジェクトマネジメントの本質に迫る時間」でした

    【参加動機】
    プロジェクトはなぜ失敗するのか自分なりの言葉で表現し、明日から何か一つ行動を起こす。
    【講座概要】
    前半は市場の倫理と統治の倫理の話、後半はプロジェクトマネジメントの本質について。他の参加者とのディスカッションあり。
    【感想】
    前半のインプットによりプロジェクトについて現場とは違う視点で客観的に考えることができた。後半は、「プロジェクトとはそもそもムリがあることが前提でマネジメントしていくべきである」という言葉が印象に残った。人間が行うからこそ問題が起きるが、人間だからこそプロジェクトを実施できるのだと感じた。
    【講師】
    現場での体験談もあり、情熱的で分かりやすかった。

  • 男性 30代

    この講座は「プロジェクトを体系的に学べる講座」でした

    プロジェクトに対する視点やポイントを体系的に学べました。
    今までプロジェクトを行う上で、ぼやっとした知識を基にしていましたが、今回の講義を学び大事なポイントを意識できるようになりそうだなと感じました。

  • 男性 30代

    この講座は「コンサルティングの本質が分かっちゃうすごい授業」でした

    人材育成の話として聞いていると、実は人の「できない」を「できる」に変える仕組みの話になっていて、それはコンサルティング全般にも適応できる考え方になっています。コンサルティングも「業務代行」はもはや価値がなく、顧客の「できない」→「できる」ようになるのを支援するところに本質的な価値がシフトしています。
    李さんの授業が腹落ちするのは、単なる経験則ではなくて、脳科学的な理論が背景にあるからというのが大きいです。一度仕組みが分かると、自分の「できない」を「できる」に変える方法にも応用できてしまいますし、二度も三度もオイシイ内容になっています。

  • 男性 50代

    この講座は「本質的かつ実践的」でした

    単なるノウハウ伝授の講座ではない。
    具体と抽象を行き来しながら、じっくりと着実に本質的な理解が促され、
    明日から現場でアクションせずにはいられなくなる。そんな気持ちをかきたてられる。
    受講生のいま現在の知識や経験、関心事のジャンルによらず、これまでの認識を拡大する機会になるでしょう。
    私はここで学んだことを、翌日、部下との関係性、上司との関係性、ビジネスパートナーとの関係性、妻との関係性、娘との関係性に適用し、これまで以上にコミュニケーションが高まるとともに、協働的なマインドをよりよく実感できるようになりました。
    何よりも、自分自身の視野が広がったことが最大の収穫です。
    ありがとうございました。

  • 男性 30代

    この講座は「厳しくも、楽しい」でした

    考え方の学びをすることで、
    発見に繋がると思うのですが、
    行動に繋げられる講習内容となっており、今をもがく方にはきっかけになる講座と思います。

  • 男性 20代

    この講座は「頭に残る内容が多すぎて、3時間では消化しきれないくらい密度が濃い講座」でした

    他人に変化を起こす技術は、そのまま自分に変化を起こす技術になる気がします。タイトルには、部下を右腕に、とありますが、自己変革を起こしたい全ての人にとって転機になる3時間になると思います。ただ、学びが多すぎて、講座の後に自分で消化し続ける時間は必須だと思うので、tipsだけ欲しいという人は少し違うのかな、とも。

  • 男性 30代

    この講座は「部下に対する期待をいい意味で粉砕してくれる講座」でした

    手伝っている会社が、社長と部下との関係性に問題を抱えており、この講座に参加することで問題解決のための気づきが得られるのではないかと思い、参加しました。
    李先生の広汎な知識をベースにした説明は個人の経験をもとにした成功談義よりも説得力があり、非常に納得感のあるものでした。同時に、自分が部下や上司に対して抱いていた期待が、実は自分が都合よく作り上げた一種の錯視であることにも気づくことができました。
    人間の本質を客観的に見つめ、それをベースにマネジメントを組みなおすことの重要性を痛感し、さっそく明日から人への接し方に活かしていこうと思います。ありがとうございました。

  • 女性

    この講座は「為になったと実感できる講座」でした

    急に部下を持つことになり、マネジメントを学ばなければと、危機感を持っていたので、この講座に参加しました。
    事前にレビューを確認し評価が高い講座だったので、かなり期待をしつつ参加したのですが、その期待値を超える学びがありました。
    講師の李さんの話しは、理解しやすく面白い例えを交えながらのセミナーだったため、教えていただいた内容が頭に残りやすかったです。

  • 活動エリア
    活動風景