実際の山歩きで使える『凄いぞ、目からウロコのスマートフォン活用術』

登山(ハイキング)の時、最も必要なナビゲーション、天気、撮影…スマートフォン(iPhone)を使いながら新緑の奥多摩を歩きましましょう

learn

こんなことを学びます

ハイキングやアウトドアでも、スマートフォンをもっと簡単に、実用的に使えるということをご存知でしょうか?

<登山、興味はあるけど、、、心配です。。。>
⇒大丈夫ですよ
スマートフォンには県外であってもナビ(地図読み)も出来ますので、方位や現在地もピタリ!
お天気だって安心です

<写真も撮りたいし。。。>
⇒お任せ下さい
スマートフォンの最も得意機能の一つ、明暗も思いのまま。。。
構図の取り方や明るさを変える方法を丁寧にお教えいたします
またスマホに特化した、使える機材の紹介や使い方をご説明いたします
(格安交換レンズ、100均レリーズ、ストック三脚。。。等)

<装備も無いし。。。>
⇒大丈夫、装備は大事ですけど、必要な物から徐々に揃えましょう
登る山で何が必要か、重要なところからご説明いたします

<このレッスンのポイントは?>
スマートフォンによる、ハイキングで最も重要なナビゲーション(現在地の確認や目的地の方向、GPS機能)、天気概況。。。
さらに写真やビデオ撮影の楽しみ方を理解することで、山以外の郊外やアウトドアでも実用できるようになり、スマホをもっと活用できるようになります

<定員>
基本 8名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

多摩

価格

¥6,000

受けたい
10人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

キネシオテーピングによる安全な登山を楽しみましょう

日本山岳ガイド協会認定-登山ガイド、キネシオテーピング協会認定-指導員/療法家、山岳カメラマン、トレイルランニングガイド

16歳より、写真部に所属し、山旅をしながら山岳風景写真を撮影する
18歳からは、探検部に所属、写真撮影の他、本格的に登山を始める

登山は、四季を通じ、雪のバリエーションルートや長期縦走を得意とし、また、4WDレースにも参加する。
35歳からは、トライアスロンや、ウルトラマラソン、山岳マラソンレースにも数多く出場し、入賞も果たす。

各ツアー会社の登山学校の講師として、机上と山での実技を中心に説明しています

フィールドは主に、中部山岳地域(北アルプスや南アルプス、八ヶ岳)を中心に、秩父や奥多摩、丹沢… 他、屋久島から大雪山と全国に渡ります。
(海外はヒマラヤーネパール)

その他の資格、認定
・赤十字救急法救急員
・上級救命技能認定

主な取引き会社:クラブツーリズム、アトラストレック、歩きにすと倶楽部、石井スポーツ、ファイントラック、山と渓谷社、エイ出版、フィールドワーク、NHK、民放TV会社及び制作会社等
+ 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    新緑の奥多摩渓谷『むかし道』を歩きながら、スマートフォンの活用方法を勉強しましょう

    9:00 JR-奥多摩駅、駅前広場集合
    バスにて、奥多摩湖へ移動、身支度後、むかし道へ。
    途中は休憩と持参した昼食を摂りながら、地図読みや天気、撮影を楽しみます。
    16:00頃、奥多摩駅にて解散

    !コンディションによっては、バスに乗車して駅まで向かう場合もあります。
  • こんな方を対象としています

    アウトドアでスマートフォンの便利な使い方知りたい。。。
    登山(ハイキング)やアウトドアを体験したい、、、もっと楽しみたい。。。
    そんな入門者、対象です



  • 受講料の説明

    受講料には、テキスト、地図を含みますが、現地での交通費等は含みません。
    お天気や時間等によりますが、山の中で簡単なティーブレイクをご用意しています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    使用するスマートフォンは、出来ればiPhoneの方がわかりやすいのですが、androidでも大丈夫(?)です。
    基本、アプリは無料のみですので、有料アプリは使用いたしません
    ガラケーは写真撮影のみになります

    ハイキングに必要な装備
    アウトドア用のブーツ、ザック、飲み物(500ml程度)、昼食用のお弁当とおやつ類(行動食)、手袋、帽子、防寒着(ウィンドブレーカーやストール、セーター類)、雨具(折りたたみ傘もOK)、救急用品(バンドエイド類)・・・などを収容できるザック、手帳、ペン
    ◇あれば良いもの
    ストック、ヘッドライト、地図、プレート式コンパス
    ◇注意点
    アンダーシャツ類は綿製品では冷えます。アクリル等の化繊がベターです。

    !もしも、の怪我等の際の保険は各自で入って下さいね。 (ハイキング対象です)

    !! この講座は参加者がお二人から催行されます

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています