お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

6回コース 【弥生時代】それはどのような時代だったのか 全6回講座セット

6回コース
対面

弥生時代、それはどのような時代だったのか。最新の研究成果と知見で主要な論点を解き明かします。

こんなことを学びます

弥生時代、それはどのような時代だったのか

弥生文化を特徴づける「弥生式土器」「水田稲作」「鉄器の使用」はそれぞれいつからどのように始まったのか。縄文文化との比較を交え、最新の研究成果と知見で主要な論点を解き明かします。


第1回 10月24日(土)13:00~14:30
500年古くなる論拠-弥生時代の実年代
①年代を科学する ②紀元前3世紀説の根拠 ③年代が変わると何が変わるのか。

第2回 11月21日(土)13:00~14:30
水田稲作の実態
①二波あった稲作の伝播、②水田稲作の始まり、③水田稲作の拡散

第3回 12月13日(日)13:00~14:30
縄文人と弥生人
①弥生時代に縄文人はいなかった?②縄文系弥生人と渡来系弥生人 ③DNAからみた各地の弥生人

第4回 2021年1月9日(土)13:00~14:30
戦う弥生人
①縄文人と弥生人は戦ったのか?②武人の武器と防御施設 ③傷つき戦死した弥生人

第5回 2月13日(土)13:00~14:30
金属器時代の到来
①青銅器の出現 ②鉄器の出現 ③金属器加工工人の出現

第6回 3月13日(土)13:00~14:30
東日本の水田稲作
①もっとも遅く稲作を始めた関東南部の人びと ②土偶のまつりを行う水田稲作民(青森) ③農耕社会を造らずに古墳を造った人びと(仙台平野)


※講座ごとの申し込みも可能です。
  詳しくは【令和アカデミー倶楽部】HPまで。
続きを読む
6回コース

10月24日(土) - 3月13日(土)

13:00 - 14:30

東京 / 銀座・大手町

開催日程

第1回 10月24日(土) 13:00 - 14:30

第2回 11月21日(土) 13:00 - 14:30

第3回 12月13日(日) 13:00 - 14:30

第4回 1月9日(土) 13:00 - 14:30

第5回 2月13日(土) 13:00 - 14:30

第6回 3月13日(土) 13:00 - 14:30

予約締切日時

10月23日(金) 17:00

参加人数

0/20人

開催場所

都営三田線 内幸町駅 徒歩1分
令和アカデミー倶楽部 新橋校 東京都港区新橋2-4-1

価格(税込)

¥30,800

  • 6回コース

    10月24日(土) - 3月13日(土)

    13:00 - 14:30

    東京 / 銀座・大手町

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
0人が受けたい登録しています

対面受講日程

10月24日(土) - 3月13日(土)

第1回 10月24日(土) 13:00 - 14:30

第2回 11月21日(土) 13:00 - 14:30

第3回 12月13日(日) 13:00 - 14:30

第4回 1月9日(土) 13:00 - 14:30

第5回 2月13日(土) 13:00 - 14:30

第6回 3月13日(土) 13:00 - 14:30

¥30,800
参加人数 0/20人
場所 都営三田線 内幸町駅 徒歩1分

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

この講座の先生

藤尾 慎一朗のプロフィール写真
国立歴史民俗博物館教授・総合研究大学院大学教授

藤尾 慎一朗

1959(昭和34)年、福岡市生まれ。中学2年生の時に観た「奴国展」が弥生時代研究を目指すきっかけになったと思われる。九州大学文学部助手をへて、1988(昭和63)年より国立歴史民俗博物館在職。歴博着任後は、考古学と自然科学との協業にとり組み、鉄の分析、年代測定などを行う。2003年には,日本の水田稲作が紀元前10世紀に始まっていた可能性があることを発表。新しい弥生時代観の構築を目指している。現在は人骨のDNAと年代測定か
ら日本人の起源プロジェクトを推進中。

この講座の主催団体

日本の文化を知り楽しむ

【日本を誇りに思う日本人を増やしたい】
昨今、子供や外国人に日本の歴史・文化を満足に説明できないといった「日本人の日本知らず」という現象が顕在化しつつあり、文化的側面から日本人自身のアイデンティティーが失われつつあるのではないか、と危惧されております。
私たちは、日本の歴史・文化を中心としたリベラルアーツを日常的に深く学べるアクセスしやすい環境を構築することで、日本人ひとりひとりが日本を誇りに思える社会が醸成され、それぞれの人生がより豊かになることを願っております。

【本質的な「学び」の場を創りたい】
学校教育はより多くの知識を効率的に習得することが優先されます。それは子供達、学生達の時間が有限で希少であり、彼らに学ばせたい事は無限で膨大である為の選択です。
私たちは学校教育とは別の立ち位置から、本物に触れながら、体系的・網羅的に深く学べる場を提供することにこだわり、集う人々に本質的な学びと、学ぶ喜びを味わっていただきたいと願っています。

主催団体に質問する 教室ページをみる

カリキュラム

  • 第1回 500年古くなる論拠-弥生時代の実年代

    10月24日(土)13:00~14:30
    ①年代を科学する
    ②紀元前3世紀説の根拠
    ③年代が変わると何が変わるのか

  • 第2回 水田稲作の実態

    11月21日(土)13:00~14:30
    ①二波あった稲作の伝播
    ②水田稲作の始まり
    ③水田稲作の拡散

  • 第3回 縄文人と弥生人

    12月13日(日)13:00~14:30
    ①弥生時代に縄文人はいなかった?
    ②縄文系弥生人と渡来系弥生人
    ③DNAからみた各地の弥生人

  • 第4回 戦う弥生人

    2021年1月9日(土)13:00~14:30
    ①縄文人と弥生人は戦ったのか?
    ②武人の武器と防御施設
    ③傷つき戦死した弥生人

  • 第5回 金属器時代の到来

    2月13日(土)13:00~14:30
    ①青銅器の出現
    ②鉄器の出現
    ③金属器加工工人の出現

  • 第6回 東日本の水田稲作

    3月13日(土)13:00~14:30
    ①もっとも遅く稲作を始めた関東南部の人びと
    ②土偶のまつりを行う水田稲作民(青森)
    ③農耕社会を造らずに古墳を造った人びと(仙台平野

  • こんな方を対象としています

    弥生時代に興味がある方
    日本文化に興味のある方
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

この主催団体の他の講座

0

開催リクエスト受付中

銀座・大手町 コース
1

開催リクエスト受付中

銀座・大手町 コース
1

開催リクエスト受付中

銀座・大手町 コース

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?