お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

⭐️中級⭐️【桃空Online】日本古筆『白氏詩巻』で佳き時間を。

オンライン

藤原行成『白氏詩巻』にみる「艶」とはなにか

こんなことを学びます

⭐️この講座は主に【リクエスト開講】です。

国宝指定となっている藤原行成(ふじわらのこうぜい)筆の『白氏詩巻※』
※(平安時代・寛仁2年:1018年)東京国立博物館

を臨書していきます。

藤原行成の文字にみる艶っぽさとはなにか。
中国書道史の道から少し枝分かれした、
日本の独特の文字へと発展したものとなっています。

では【行成の筆】を知るのにどのような道具が必要なのでしょうか。
柔らかな羊毛筆を使いこなすポイントを説明します。

柔らかな筆遣いは、柔らかい筆が必要です。
そのための筆はどういったものが良いのかを説明します。
初回は普通の兼毫筆で構いませんが、
続けたい方はぜひ柔らかい筆を経験して書の幅を広げていきましょう。
おすすめの用具の説明をいたします。

⭐️リクエストとご質問は、いつでもお受けいたします⭐️
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥3,500

受けたい
2人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥3,500

この講座の先生

書道師範取得・書字研究者 桃空のオンライン書道講座

毎日書道展(大字)、読売書法展(篆刻)など多数の入選履歴、日本書道教育学会・師範を持つ書道家・詩人の桃空。
活動は幅広く、フランス、ポルトガル、ルーマニア、インド、台湾などで自身の詩と書のパフォーマンスを展開している。

教室でのモットーは「毛筆で書く楽しさ」をメインにこれまで得た知識を惜しみなく伝えること。
対面にて学生、大人の書の教えのほか、常に新たな知識を蓄え「書はおもしろい!このことをみんなに伝えたい!」という意識で取り組んでいる。

研究内容は、東アジアの漢字の歴史から日本で独自に発展した仮名の歴史。
さらに、身体性と音楽性に文字との関わりについてをテーマとしている。

【桃空メソッド】
・甲骨、竹簡・木簡、隷書、行書、草書、楷書、仮名など各種
・普段書きの「名前・住所」など宛名がうまくなる
・道具の使い方、片づけ方、長持ちの秘訣を知る
・書道は身体全体を使い体幹意識
・書く姿勢を美しく、筆の動きと呼吸の意識でリラックス
・「級」や「段」、また「師範」取得へのアドバイスも
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ・藤原行成の文字の特徴を知る
    ・漢字なのに柔らかく書くためにやるべきこと
    ・実際に書いてみる文字を選ぶ(こちらからも提案します)
    ・続けて数文字続けて書いてみたときにどのように違うのか
    ・墨の量とタイミングについて

    上記は例えばです。
    このような文字を書くための秘訣と、
    そのために用意すべき道具、
    姿勢などを1回目のなかで説明します。
    2回目からは添削をしていきます。
    実際に、私と同じ様な「羊毛筆」をご用意していただきます。
    楽しみは、ここからです。どうぞ挑戦してみてください⭐️
    • こんな方を対象としています

      【中級・上級向け】
      唐の三大家の臨書とは一味違う書に挑戦してみたい。
      これまでとは違う文字を書いてみたい。
      書道で高みを目指したい。
      少し「ハードルをあげたもの」に挑戦してみたい。
      新たな道具「筆」を使いこなしてみたい。
      中国から日本独自の文字への変化した文字を辿ってみたい。

      もちろん初心者の方でもどんどん挑戦してみてください。
      ⭐️道具を知ることは、道を極めることです⭐️
      お待ちしております。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      少し良い筆をご用意していただく必要があるため初回はアドバイスをさせていただきます。なので、1回目から筆は購入せず、2回目から購入をお勧めします。

      最初はわたしの持っている筆の動きをみていただきたいと思います。
      次に、ご自分の兼毫筆がどう違うのか確かめていただき、次の回へと進みましょう。

      いい道具は、長く使えます。
      長く書をやっていきたいけれど、中国書史だけでは少し疲れてきた、
      味わいの違うものがやってみたい、そういう方におすすめしたいコースです。
      時々このような「違った雰囲気のものを臨書してみたい」という気持ちが
      芽生えるのは当然だと思います。

      【漢字と仮名の中間に位置する、この柔らかな行成の筆致】に身体を委ねてみるのもよい時間と成るでしょう。
      わたしがそうであったように、新たな書の「楽しさ」を感じられるきっかけになると思っています。

      ぜひ試みて、そして長く「書を楽しんでください」という気持ちで
      こちらを設定しました。
      桃空
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    3

    開催リクエスト受付中

    オンライン
    5

    開催リクエスト受付中

    オンライン コース

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?