お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

教える人の【応じ方】マンツーマン指導!『「照れ」は自分への拘り』

オンライン

思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」(その5)「応じ方」「対応力」

こんなことを学びます

 この講座は、士業、プロ講師、教師、経営者、マネージャー 、リーダーなど人前で「話す力」が不可欠な人々を対象に、ビジネス・コミュニケーション研修を様々な企業に対して30年近く実施してきた講師が、「場の空気を読む!」という高度なコミュニケーション・センスと言える「応じ方」(対応力)を磨く時のツボを「様々なビジネスシーン毎の体験談」を中心に楽しく学んで行きます。

 教える人の仕事は、「相手や状況を見分ける能力」と言っても過言ではありません。このことを「コミュニケーション・センス」と言います。

 これは例えば、「りんごの木」に例えると、木の「幹」にあたります。りんごの「実」は「仕事の成果」と言えます。その仕事の成果であるリンゴの実を支えている豊かな「枝葉」のことを「コミュニケーション・スキル」と呼びます。即ち、現代のインターネットを使った情報時代において、「スキル」は、選びきれないほどたくさん存在するのです。
 
 この「ビジネスコミュニケーション・スキル」は戦うための「武器」のようなものですが、選択の仕方や扱い方を間違うととんでもない結果となります。そこで、必要になってくるのが、「場の空気」を読むと同時に、相手と状況を瞬時にして見分ける能力としての【コミュニケーション・センス】なのです。これが「りんごの木」で言えば、「木の幹」にあたるのです。

 そして、相手と状況を見分ける能力としてのコミュニケーション・センスとは、大きく3つの要因から成り立っています。結論から申しますと、①「自分から進んで働きかけて行くー積極性」②「相手の立場や気持ちに目を向けて寄り添うー共感性」③「自分や状況に拘り過ぎないー柔軟性」です。私はこの3つの要因のことを3つの「心の持ち方」と呼んでいます。「積極的で、共感的で、しかも柔軟な心の持ち方」なのです。ところが「心」とは「コロコロ変わるからココロ」と言うくらい常に変化します。したがって、この3つが揃ったときに、大きな力を発揮させるのが「センス」なのです。
 
 この「センスを磨く」ということは、実は生身の人間同士のコミュニケーションにおいて、かなりハイレベルなコミュニケーションとなります。なぜならば、人間は、「マニュアル通りにならない!」「思い通りにならない存在」だからなのです。

 私の好きな言葉で「ダイヤはダイヤによって磨かれる。人は人によって磨かれる!」というのがあります。今回の「対応力」ー「コミュニケーション・センス」はまさに生身の人間同士のコミュニケーションの経験によってお互いで磨き、身につけて行くものなのです。

 そこで、この講座では、「コミュニケーション・センス」の30のチェックリストを「3つの心の持ち方」として10個ずつのチェック項目があります。この10個の項目をチェックしつつ、各自のビジネスシーンや実生活においての具体的なケースや体験談を取り上げて、状況対応力を養う勘所を学習するのが狙いです。

 チェックリストでチェックして、意見交換したり、自分の体験談で裏付けたり検証したりして、各項目の内容を掘り下げていきます。
 
 そして、コミュニケーション・センスを磨くトレ〜ニングとして実施するのが1分間の「即題トーク」です。準備時間が一切ない状況の中で、与えられたタイトルについて「1分間トーク」をするのです。IQRと言って、「Interactive Quick Response」つまり「双方向の即時対応力」を磨くトレーニングとなるのです。

 しかし、準備もできなく、いきなり話せというのは、イメージ的には何やら難しそうに思われるかもしれませんが、そこで必要になるのが「心の持ち方!」です。「簡単に考えれば!?」「日常で同じようなシーンはないだろうか?」などと気持ちの持ちようやものの見方・考え方によって、展開が変わり結果も大きく変わるのです。即ち「幹」ー「センス」によって「枝葉」ー「スキル」の選択が決まり、結果的に「りんごの実」の良し悪しも決まるのです。

 この「1分間即題トーク」も、日常のシーンに照らし合わせて簡単に考えてみると、「日常会話」と同じなのです。何を聞いてくるのかわからない状態でも、我々はそれなりに、自分なりに対応して、会話のキャッチボールを行っているのです。しかし、ビジネスの場合は、「自分なり」「独り善がり」では、通じません。この時の土台を支えているのがりんごの木の「根っ子」に当たる「コミュニケーションの原則」ー「相手のことを考える!」ということなのです。

 「ダイバーシティー」などと言われる「価値観の多様化時代」に於いて、最も求められることこそが「状況対応型」の「コミュニケーション・センス」なのです。

 「咄嗟の」「想定外の」「まさかの」刺激によって出る自分自身の「反応」こそが実は自分自身の「持ち味」であったり「特徴・傾向」であったりします。

 あなたもこの講座を受講することで、「新たな自分発見」「自分の持ち味の再認識」がきっとできることでしょう。なぜならば、「会話は機敏性を磨く!」からなのです。

 この「応じる力」(対応力)ー「コミュニケーション・センス」を学び、磨くことによって、最終ステージの「人を動かす説得コミュニケーション」へと進んで行きます。

 しかし、状況対応がうまくいかなかった場合は、「表し方」「伝え方」「話し方」「聞き方」という前提条件のコミュニケーション能力を磨くことが求められます。

 「話は人なり!」この講座を通じて「自分探しの学習」である「話す力」をより一層磨くことで、あなた自身の持ち味を生かして行きましょう!

 それでは、講師の説得力ある話し方をもとにしたプレゼンテーション能力を支える「6つの秘訣」とは何か?を次に示します。できれば、6つを全て受講していただくと体系的な理解と実践的なスキル・メソッドのツボがご理解できると思います。また、ご自分の強みや持ち味を活かす方向での強化・改善すべき力を磨いていくために単独で集中的に受講するというのも良いかもしれません。

 いずれにしても、コミュニケーション能力とは、頭の中でわかったような気になっているだけでは全く十分ではなく、通じません。「勇気は言う気!」で自分の考えや必要な情報を自分以外の相手に「話す」「書く」などして、「アウトプット」することが重要なのです。なぜならば、そのことで自分自身の真の内容に関する理解度がわかると同時に、自分自身の傾向や特徴を客観的に観察し、自分の持ち味を再認識できることでしょう。この講座は下記の「教える人」としての思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」で構成されています。

 ①思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」教える人の「聞き方」(その1)
 ②思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」教える人の「話し方」(その2) 
 ③思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」教える人の「伝え方」(その3)
 ④思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」教える人の「表し方」(その4)
 ⑤思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」教える人の「応じ方」(その5)
 ⑥思わず相手が動いてしまう「6つの秘訣」教える人の「説得力」(その6)

「話す力は磨けば光る!」「話し方とは、心の持ち方!」
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥8,800

受けたい
3人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込)¥8,800

オンライン受講料に含まれるもの

消費税・パワーポイント資料も含まれます。PDFを講座終了後差し上げます。
「個人指導」の貴重な体験ができる絶対にお得な講座となっております。
この機会をお見逃しなく!

この講座の先生

聞き方・話し方が変われば、あなたが変わる!

 東京都港区出身。大学、外資系セールスを経て、1993年プロ講師になり、様々な業界・業種の民間企業はもとより、官公庁・各種団体等でコミュニケーションに関する研修・講演を25年以上に渡って実施。クライアントは2,000以上。説明力強化トレーニングやプレゼンテーション等のわかりやすい研修には定評がある。
 著書出版も80冊以上。ベストセラー「話す力が面白いほどつく本」(知的生きかた文庫第1位)を始め売上累計180万部超。
 お客様のニーズに合わせて、セミナーの狙い・人数・時間に応じてプログラムをカスタマイズできます。日常ですぐに活用できて役立ち度も高い実践的で楽しい櫻井オリジナル・メソッドを伝授します。「実践!人間関係を10倍よくする傾聴力」、「実践!正確にわかりやすく伝わる説明力」、「実践!相手をその気にさせ、自発行動を促す説得力」など、コミュニケーションに関する様々なプログラムが実施可能です。一般社団法人日本秘書協会認定講師。一般社団法人日本能率協会「説明力強化トレーニング・セミナー」担当講師。文部科学省認定講座 産業能率大学通信講座「話す力を磨く」制作監修。
 
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1名の場合【90分~】マンツーマン指導!

    【40分】
    1.【実習①】「コミュニケーション・センス自己診断」
    「3つのツボー心の持ち方」の事例紹介
    *各自の体験談「積極・共感・柔軟な心」
    【10分】
    2.【実習②】1分間「即題トレーニング」
    *直線・面・空間思考の紹介
    【10分】
    *話題発見の5つのヒント
    【20分】
    3.【実習③】「即題3連発」
    【10分】
    【レビュー】「私は日常で対応力をこうして磨く」
    【質疑応答】
    • こんな方を対象としています

      ・同じ内容でも他の人が表現するとしっくりきたり、説得力があると感じることが多い人。表現力にあまり自信がない人。
      ・身近な例えを出そうとしても、なかなか思い浮かばない人。
      ・想定外の働きかけや予想外の反応などがあると、頭が真っ白になって、言葉が出てこないという人。
      ・日常の会話でも、すぐに反応して、できれば、ユーモアの一つでも言って場の空気を一瞬にして変える力を身につけたいと思っている人。
      ・より積極的な見方をして取り組んで行きたい。
      ・相手の立場や気持ちに目が向いて、相手の自尊感情を守りながらコミュニケーションをしたい人。
      ・自分の考えや見方にばかりこだわらず、相手や状況に柔軟に対応していけるリーダーになりたい人。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ・緊張したりして、喉が渇くので、水分は自由にお取りください。
      ・講座は「zoom」を使ったオンライン講座となります。開始1時間前位にzoomのURLとID、パスワードを送ります。10分前位から入室できます。
      ・ご自身の発表、話し方をご自身のスマホなどで自撮りして録画し、講座終了後に再生をご覧になって改善された箇所をご確認ください。(必須ではありません)
      ・パワーポイントの資料はPDFでプレゼントしますので、講座中は講師の話や実習に集中して取り組んでください。
      ・ご質問は積極的にどうそ。受講という「受け身」ではなく「参加」という自主的、積極的な学習者としてご参加ください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー4

    • 楽しかった!( 2 )
    • 勉強になった!( 2 )
    • 行く価値あり!( 3 )
  • W3

    女性 40代

    この講座は「実践的で楽しく学べる有意義な講座」でした

    英語講師としての自分の仕事にとって重要な「対応力」についてしっかり学ぶことができました。櫻井先生の講座は、とても実践的ですので、ただ理論を学ぶだけではなく、自分の話し方を客観的に見ることができ、今まで気にしたことのない点を発見したり、指摘していただくことで気付いたりできます。気付くことができなければ、改善できないですので、気づかせていただく場として貴重です。そして、櫻井先生のお話を聞いて、「自分もここは次回取り入れよう!」とヒントになることが多くあります。対応力は、普段の会話でも非常に重要ですので、全ての方にお勧めします。櫻井先生、ありがとうございました!

    先生からのコメント

    本当に毎回着実に力をつけて発表する姿には心を打たれます。今回の「対応力」は「咄嗟の働きかけ」あるいは「想定外・予想外の質問」等への対応のトレーニングを行いました。そしてその都度発表があるわけですが、限られた時間内で、内容を正確に伝える技術をもって、効果的に届くような表現の工夫をしてくれました。
    まさに今まで学んだ集大成をギュッと目的に応じて凝縮してアウトプットできたことは、今まで学んだ知識を日常で「活用・実践」していた証拠と言えます。次回はいよいよビジネスの最終目標である「人を動かす説得」のツボ
    を学びます。そして、学んだ「説得力」を活かして、是非ともお知り合いの方々をこのセミナーへと行動喚起してくれることを信じております。(笑)引き続きよろしくお願い致します。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「櫻井弘先生の「話し方」が常に参考となり、アットホームな雰囲気で新たな知識を習得できる講座」でした

    話し方の対応力として、基本はもちろんのこと、「お題」に即答するなど、新たな思考に脳が活性されました。いつもありがとうございます。

    先生からのコメント

    コメントありがとうございます。そして、いつもお忙しい中で、ご熱心にご参加くださって感謝しております。「話す力」を向上させるための5つの条件の内、前半の3つまでは一言で言うと、「準備の大切さ」です。話の内容構成で最も重要なこと「主題」について学び、主題を中心にした「内容構成5つのポイント」を学びました。そして、その内容をわかりやすく伝える「説明のスキル」を体験して、さらに効果的に「伝わる」ための「表現の3原則」を押さえました。これらの「準備のポイント」を学んだわけですが、今回の「対応力」では、想定外、予想外の働きかけに対する反応の示し方のトレーニングを行いました。「準備とは捨て去ることなり!」準備はとても大切なことなのですが、準備すると「準備通り話さなければ!」という状況に陥ってしまうのです。本当にコミュニケーションとは、思い通りにならず、マニュアルのようにはいかないものです。しかし、だからこそ面白いとも言えるのです。引き続き、広く深く「話す力」を掘り下げて、楽しくそして役立つ講座を目指していきたいと思います。

  • W3

    女性 50代

    この講座は「実践的で、話し方がわかり、自信がつく講座です!」でした

    連続して、受講することで、着実に、話し方に自信が持てるようになります。
    話し方がわかるようになると、今まで、苦手と思っていた人前で喋ることへの抵抗感が少なくなり、だんだんと楽しめるようになってきました。
    グループでレッスンすることにより、他の方の良いところはもちろん、自分の良いところも再発見できるので、とってもお勧めです。

    大人になった今だからこそ、学ぶべき講座だと思います。

    先生からのコメント

    素晴しいです!積極的に取り組んでいる証拠と言えます。それだけではなく、今回の「対応力」を実践するための3つの心の持ち方「積極的な心」「共感的な心」「柔軟な心」を以て実習に取り組んでくださったからこその結果、楽しんで、自分とメンバーの良いところの再発見などができたと思います。スピーチやトーク上達のコツは3つ。①「場数」②「打ち込みの度合い」「わざとつっかえる気持ちの余裕」です。今までの実習は全て「話す力」を強化するための意味ある体験です。なぜならば、諺にあるように「道に迷えば、道を覚える!」からです。次回お会いできるのを楽しみにしております。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「楽しくて、確実にプラスになってると実感出来る講座」でした

    櫻井先生の講座は、ポイントもわかりやすいし、事例もあり、実習もありで、気づかせてもらえるのが素晴らしいな、と感じています。受講回数が増えた分、自分への自信へと繋がってきて、とても嬉しいです。
    話すことへの不安が減ることで、人前に出で話すことなど、これから先も楽しみです。
    意識することも出来るようになったので、櫻井先生に感謝しています。
    素晴らしい講座だと実感しています。

    先生からのコメント

    ありがとうございます。回数を重ねるごとに「顔」が変わって良い表情になって行きますね!ご一緒に受講した方もそうおっしゃっていました。素晴らしいことです!学習の成果は、いたずらに他人と比較することではなく、一番意識して比較しなければいけないのが「自分自身」です。昨日より今日、今日より明日と改善されていく、成長した自分を実感することが「こうすればできる!」「恐るるに足らず!」「思い込み、決めつけ、先入観の塊だった!」などと様々なことに気づけば、自ずと自然と取り組みしせが積極的、自主的になります。このような時は人は生き生きと笑顔でとても良い表情になります。また良い表情にお会いできることが私自身の楽しみ、喜びでもあります。次の講座もすでにお申し込みくださってありがとうございます。お会いできるのが本当に楽しみです。ありがとうございました。

  • この先生の他の講座