お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

6回コース  中学英語でペラペラ!《基本動詞》をマスター する

6回コース
オンライン

あなたの英語、直訳ガチガチではありませんか? goやtakeのような基本動詞をコアイメージから理解して、英語らしい英語をマスターしましょう!

こんなことを学びます

この講座は、
「基本動詞①〜③ 中学英語でペラペラ! 5つの基本動詞で100フレーズ」と
内容はほぼ同じです。
https://www.street-academy.com/myclass/24706

いっぺんにたくさんの情報を詰め込むのではなく、
1回当たりの時間が短い分、ぎゅっと集中できるコースです。


**********


■「中学英語でペラペラ」は本当か

よく「中学英語だけで英語はしゃべれる」と言われますね。
これ、本当なんでしょうか。

結論からいえば、本当です!

私はほぼ毎日半分ぐらい英語で生活していますが
中学英語以上の英語を使う機会は
1日にせいぜい数回といったところでしょうか。

中学英語が生活のかなりの部分を占めているというのは間違いありません。

でも、「中学英語でペラペラになれる!」という言い方には、
落とし穴があると思うのです。

それは、「中学で習ったように中学英語を勉強しても、
しゃべれるようにはならない」という事実です。



■基本動詞はカンタン?

中1の最初に習うような動詞は、基本なのでやさしい
というイメージをお持ちではありませんか?

そのイメージは、残念ながらはずれているかもしれません。

試しにお手持ちの辞書で、「go」を引いてみてください。
短いものでも数ページ、長いものだと10ページほどにわたって
go の説明が書かれているのではないでしょうか。

そうなんです。
基本動詞は、意味や用法が複雑に分化していて
実にいろいろな使い方ができるということなのです。

逆に、難しい単語や専門用語は、すっきりと1行だけ、
ということが多いです。

難しい単語は、意味が狭い分カンタン。
基本単語になるほど、意味や用法が複雑。

その意味では、基本動詞がいちばん難しいとさえ言えるのかもしれません。



■「コアになる意味」から読み解く!

基本動詞は意味や用法がたくさんあるから大変、がんばって覚えなきゃ!
……といって、それらを片っぱしから暗記していくのは得策ではありません。

そのやり方では、まず覚えきれない。
そして、覚えてもすぐに忘れる。
仮に覚えられたとしても、使いこなせない。

やみくもに覚えようとするのではなく
「コアとなる意味からどのように派生したのか」を
しっかりつかんでいくことが大事です。

人間は、しっかり理解できていることは
「暗記しよう」としなくても、自然に頭に入るものです。

「なぜそうなるのか」がわかっていれば
覚える労力はぐんと減りますよ!



■たった12個の基本動詞で、何百ものフレーズに広がります

コアになる意味から広がりを知っていくと、
本当に豊な表現ができるようになります。

そして、ネイティブがふだん使っているのは実は、この基本単語がほとんど。

たとえば comprehend なんていう単語をふだんの会話で使うネイティブは
実際にはほとんどいません。

「理解する」は understand でもいいですが、
I got it. とか I can't make it out! なーんて言えた方がカッコいいですね。

受験英語やTOEICの勉強をがんばった人ほど
ネイティブが使わないような"ビッグワード"を使いがち。
基本動詞を身につけて、やわらかい表現ができるようになりましょう!



■この講座で目指すこと

この講座は中学英語を深く掘り下げていく講座なので、
中学英語の基礎、そして5文型の基本がわかっていることを前提としています。
「中学レベルの講座ではない」ことにご注意ください。

「自分は基本ができているかどうかわからない」という方は、
まずはこちらの5文型講座 ↓ を受講してみてください。

ここが理解できていると、それがそのまま
基本動詞をしっかりと使いこなす土台になりますよ!
https://www.street-academy.com/myclass/25434




【この講座はZoom開催です】

・前日までにZoomのご準備をお願いいたします。
(参考:https://support.street-academy.com/hc/ja/articles/360012726300

・レジュメは、メッセージよりPDFでお送りします。前日までに、必ずストアカのマイページからメッセージをチェックしてください。

・2〜30分程度、終了時間の余裕をみていだだけるようお願いします。

・電波状況のよい、「ご自身も声を出せる場所」で受講してください。




ご質問等は、ご遠慮なくメッセージくださいね^^

続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥20,000(¥3,333 × 6 回)

受けたい
5人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥20,000

この講座の先生

「だいたいわかる」を「ちゃんとできる!」に

言ってることはだいたいはわかるし
言いたいこともまあまあ通じるから
ネイティブの先生との会話を
ダラダラと続けてしまっていませんか?

そのダラダラは、いくら続けても
万年中級です

「だいたいわかる」を
「ちゃんとできる」に変えましょう

話すために必要なポイントを
ギュっとお伝えしていきます

勉強したけれどしゃべれないという方
ぜひいらしてくださいね


■日本人のための英語講座

日本語と英語は一体どこがどう違うのか
日本人の間違えやすいポイントはどこなのか
ネイティブの先生には解説できない部分を
しっかりとお伝えします

英語ってそうだったのか!
と目からウロコの英語講座です^^


経歴:
日本語教育能力検定合格。外資系企業(ダイソン、ノキア等)日本語教育に従事し、その後大手英会話スクールで会話コース、TOEIC800点コース、ビジネス英語コース等を担当。早稲田大学文学学術院博士後期課程を出産のため中退。
プライベートでは、インターナショナルスクールに通う2人の小学生の母で、バイリンガル育児中。趣味は辞書集め。
+ 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 take, bring

    takeとbringは、もともとの基本義はまったく異なりますが、双子のように対をなす部分もあります。

    いちばんコアになる基本義から、どのように意味が広がっているのかたどっていき、どのような場面でどう使えるのか理解していきましょう。

  • 第2回 get, turn

    getは使いこなすのが最も難しい動詞のひとつですね。
    getのもつ文法的な機能をきちんと押さえることで、理解を広げます。

    getと共通点をもつものとして、turnを選びました。
    turn自体の意味の広がりも、とても興味深いものです。

  • 第3回 have, put

    haveはいったんコツをつかんでしまえば、ものすごく使い勝手のいい動詞です。
    コロケーションの特徴をつかんでいただけるように整理しました。

    putは、単独で使われることがほとんどないタイプの動詞です。
    「put=置く」という狭いところから、さまざまな前置詞や副詞と組み合わせることで脱出していきます。

  • 第4回 make, see

    日本語から訳そうとすると、「作る」のとき以外にmakeを使える人がほとんどいないのはとても残念なことです。
    コアになるイメージをつかむことで、使える場面を増やしていってください。

    seeも、「見る」だけではありません。
    意外なところで使えることを覚えていきましょう。

  • 第5回 go, come

    これを単に「行く」「来る」と覚えてしまってはもったいない。
    (もちろんコアとなる意味はそれでOKです)

    ネイティブの会話で「そんなところでgoを使うのか!」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。
    自分でもそういう使い方ができるようになるためのヒントをたくさん盛り込みました。

  • 第6回 give, run

    giveは、日本語に訳したときに「あげる」「与える」からかけ離れてしまうことがあります。
    でも、丁寧にたどっていけば、コアとなる意味から大きくはずれているわけではないことがおわかりいただけると思います。

    runは、人に限らずどんなものがrunすることができるのか、いっしょに考えていきましょう。
    そこから使いこなすことへつなげていきます。

  • こんな方を対象としています

    ・直訳英語からなかなか抜け出せない
    ・けっこう話せる方だと思うけど、固い表現になってしまう
    ・英語を基礎からやり直したい
    ・がんばって勉強しているけれど、いまいち自信を持って話せない
    ・ネイティブの発想を知りたい
    ・中学英語が大事だといってもどうやって勉強したらいいかわからない
    ・単語のニュアンスや使い分けがわからない
    ・ついついビッグワード(難しい単語)を使ってしまう
    ・やわらかい表現、自然な表現ができるようになりたい
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

レビュー4

  • 楽しかった!( 2 )
  • 勉強になった!( 3 )
  • 行く価値あり!( 4 )
  • W3

    女性 40代

    この講座は「わかりやすく学べる講座」でした

    あいまいな部分が少しずつクリアーになり、英語を話すのが少しずつ楽しくなってきました。

  • W3

    女性 50代

    この講座は「もう一回受けたいくらい濃い内容」でした

    基本動詞には幅があって、使いやすそうです。
    ビッグワードより日常会話に適しているようで身につけたいなと思いました。

  • W3

    女性 50代

    この講座は「深く基本動詞を学び使い方の情報量もたっぷりの内容」でした

    今までこれほど基本動詞について深く学んだことがありませんでした。例えばrunにはいろいろな使い方がありますが、使ったことのない表現もありました。1つの動詞で表現できることが色々あるとわかり会話でも使えそうだと思いました。先生のレッスンはいつもわかりやすくストンと腑に落ちて行きます。学んだことを会話でどんどん使っていきたいです。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「基本動詞を体系的に学べる講座」でした

    ネイティブがどのように使うか、この場面にこういう言い方がはまるというのを一つ一つ教えていただきました。6回で長かったけど、一生使える知識を得られたと思います。受けて良かったです。

  • この先生の他の講座

    66

    開催リクエスト受付中

    新宿・代々木 / オンライン
    84

    開催リクエスト受付中

    新宿・代々木 / オンライン

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?