木のお箸をつくってランチを楽しもう

少しでも手をかけた食事が美味しいように、 少しでも手をかけた食器を使うとご飯はもっと美味しくなる。

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学び・体感して頂きます>
木でお箸をつくるためのに、道具をつかった簡単でしっかりした
お箸の作り方を体験したあと、使い心地を実際のランチでシェアします。

<こんなことが出来るようになります>
自分が選んだ木材で、自分の手のサイズにあったお箸を完成させることが出来ます。木材からお箸ができるまでの工程を知ることで普段使っている食器に興味をもつことができます。またカンナや、クルミ潰したオイル、焼きペンなど
日常ではあまり使わない道具の使い方を覚えることができます。

<こんな風に教えます>
多国籍ダイニングパンゲア様(http://www.dining-pangaea.com/)、
で少人数制のグループで丁寧に教えます。
ツクる工程と、使う工程を組み合わせた二部構成です。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

<このレッスンで得られるもの>
お箸の成り立ちを学べます。
毎日使っている道具なのに自分の手でツクったことのないお箸。
ツクるのは簡単そうにみえても実際につくろうとすると作り方がわからないお箸。
そんな身近な食器、お箸をツクることで新たな日常への発見を得られます。

<持ち物>
特にありません

<定員>
10時半〜開始の回は 5名
(別途ランチ1オーダーをお願いします)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

川口・越谷

価格(税込)

¥2,000

受けたい
4人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

受講者が変化する「木の食器の作り方」

「つくる と わかる」略してツクワカです。
http://tsukuwaka.com/

身の回りにある あらゆるものが 誰かの手で作られているなかで身の回りにあるものを
一度でいいから自分の手でつくる。

たった1度つくることに関わるだけで
日常の中で見える世界が変わってきます。

毎日の生活で触れていること中には知らない事だらけで
知れば知るほどに生き方も変わって生きる充実感が増したように思います。

食べ物の次は食べる道具も自らこしらえてみたくなり
飛騨高山に木工の勉強をさせて頂く機会を頂くこととなります。

日本に木はたくさんありますが、
木をどの様に加工したら自分の必要な形になるのか、、

やり方は幾通りもあります。
スプーンやお箸、食器の作り方も幾通りもあります。

色んなやり方があるので、
色んなやり方で挑戦してみたらいい。

そんな機会を提供させて頂きたいです。 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    10分  講義
    20分 好きな材を選んでカンナで削ります
    10分 やすりで表面をならします
    10分 くるみを潰してオイルを抽出して塗りこみます
    10分 焼きペンをつかって作品をデコレーションします
    30分 ランチ懇親会 自分のツクった作品の使用感をその場で体感&シェア
  • こんな方を対象としています

    ・お箸やスプーンをツクったことがなくて、ツクる工程に興味のある方。
    ・木を削りたい方
    ・親子での参加もOKですので、親子で木の食器つくりを体験してみたいかた。
  • 受講料の説明

    受講料にはレクチャー、材料代、道具使用料を含みます。

    また、受講においてはお店でランチまたは、ドリンク・デザートの1オーダーをお願いいたします。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は木屑などがついても構わない格好でお越しください。

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています