お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

デザインの仕組【後編】・デザイン力を伸ばすための基礎(デザイン編)

オンライン

ニューヨークからの出前授業、後編。「グラフィックデザイン」の基礎的な型を論理的に解説。感覚に理論を組み込み、自分のデザインを次のレベルへ。

こんなことを学びます

[2020年7月30日・アップデート]

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以前開催されていた「デザインの仕組」講座ですが、
開催を重ねるたびに内容が膨らんできたため、前編・後編に分割しました。
この講座はその「後編」となります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


「デザイン独学中、デザインが上手くなりたい」
「発想の幅を広げ、表現力を伸ばしたい」
「自分のデザインを論理的に説明できるようになりたい」
「デザイナーのポテンシャルを引き出したい」

この講座は、そんな方に向けて準備されました。


こんにちは、講師の遠藤大輔です。

フリーのグラフィックデザイナーとして活動しつつ、
プラット・インスティチュートとう美大で7年ほど講師を勤めています。
ストアカでもオンライン講座が開催できるようになったことをきっかけに、
ニューヨークからデザインの講座を「出前」しています。


「デザインの仕組」講座では、大学の授業で扱っている内容を凝縮し、
創造やデザインに見られる基本的な型についてわかりやすく解説します。

講座の「前編」では創造の基礎を考えましたが、
「後編」では、グラフィック・デザインの基礎的な型を扱います。

(3)メッセージを作り伝えるコミュニケーションデザインの型
(4)タイポグラフィの型


創造に見られる「型」を意識的に自分のデザインに組み込むことで、
美大生の多くが、飛躍的に能力を伸ばしてゆく様子を現場で見てきました。
もちろん練習は不可欠ですが、「型」を意識できているかどうかで
成長の速度が全然変わります。

創造や発想といったデザインの「型」がわかると、
デザインをより分析的に捉えることができるようになります。
デザインを「全体的な印象」として捉えるだけでなく、
「意味」や「機能」という視点で見ることができるようになり、
より意図的にデザインできるようになります。
その結果、デザイン力(思考力+発想力+造形力)が上がるだけでなく、
チームメートやクライアントに対して、
自分のデザインをより論理的に説明できるようになります。


逆にこの「デザインの仕組み」講座では以下の内容は使われません

(1)アドビ・イラストレーターなどのツールの使い方
(2)文字の加工の仕方やグラデーションの作り方などのテクニック
(3)レイアウトの組み方や、ロゴの作り方などのハウツー
(4)デザインのトレンド

これら、いわゆる「テクニック」はデザイン力を伸ばす上で大切です。
しかし、この講座では、より普遍的な「考え方」を扱います。



<対象>

デザインの仕事に数年携わってみて、
漠然とレベルアップの必要を感じていらっしゃる方にとって、
この講座はデザインをさらに学んでゆくための基礎となるでしょう。

さらにアートディレクターや、経営者の方であれば、型を理解することで
デザイナーのポテンシャルを引き出すためのヒントを
見つけることができるでしょう。

参加者の皆さんの様々なバックグラウンドや関心事に対応できるように、
講座の中では、ディスカッションの機会を多く設けています。
実際、参加者の皆さんからいただく鋭い質問で、毎回授業が盛り上がります。
(授業内容よりも、質問のほうが刺激的なことが多いです!)

良い学びは双方向です。クリエイティブな学びには、仲間が不可欠です。
一方通行のビデオ配信とは違う、参加型・ライブ講座の良さを
是非体験してみてください。



<デザインの独学について>

デザインの独学について、note にまとめてあります。
是非、併せてご覧ください。

https://note.com/daisuke0226/n/n201908db262d



<学習目標>

創造の型を理解し、デザインをレベルアップするための基礎をすえる
デザインを論理的に分析し、意図的に意味をデザインできるようになる
チームメートやクライアントにデザインを論理的に説明できるようになる
デザイナーが想像力を十分発揮できる指示を出せるようになる


<教え方>

レクチャーとワークショップを組み合わせたコースです。
講師の一方的な説明にならずに、参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学べます。


<持ち物>

筆記用具(紙と鉛筆)
パソコン


<定員>

基本 6名(要望応じて変わります)
続きを読む

11月14日(土)

09:00 - 12:30

オンライン

SOLD OUT

予約締切日時

11月13日(金) 09:00

参加人数

7/7人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥4,000

開催時間は日本時間です。(【日本時間】11月14日(土曜日)午前9時)11月の開催から、開始時刻が9時になります。お間違いないようにお気をつけください。 Zoom でのオンライン講座となり... もっとみる

12月5日(土)

09:00 - 12:30

オンライン

SOLD OUT

予約締切日時

12月4日(金) 09:00

参加人数

7/7人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥4,000

開催時間は日本時間です。(【日本時間】12月5日(土曜日)午前9時) Zoom でのオンライン講座となります。講座開始10分程前にお繋ぎいただき、回線状況を確認できれば幸いです。 当... もっとみる
  • 11月14日(土)

    09:00 - 12:30

    オンライン

    SOLD OUT
  • 12月5日(土)

    09:00 - 12:30

    オンライン

    SOLD OUT
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
46人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥4,000

この講座の先生

グラフィックデザイナー+美大講師

プラット・インスティテュートというニューヨークにある美術大学で、コミュニケーション・デザインを教えています。「才能というミステリーを解き明かす」ことをテーマに、心を揺さぶる視覚表現の背後にある構造や仕組みについて、学生と一緒に考えています。

大変光栄なことに、2019年、1000人を超える教員の中から、その年の最も優秀な教員として選ばれ、ディスティンクティブ・ティーチャー・アワードをいただきました。

本業はグラフィックデザイナーです。1999年にニューヨークの美大を卒業し、世界的にリスペクトされるデザイン事務所、ペンタグラムでキャリアをスタートしました。以来、20年以上にわたりグラフィックデザイナーとして活動しています。ニューヨーク、アートディクターズクラブ賞や、タイプディレクターズクラブ賞など、多くの賞を受賞しています。

詳しい経歴は、ホームページをご覧ください。

www.daisukeendo.com

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    以下、大まかな流れになります。
    参加者の人数や関心により、時間配分や
    講義の内容が多少変わる場合性があります。
    予めご了承ください。


    【約2時間】

    ■イントロダクション(15分)

    ■レクチャー+ワークショップ(1時間半)

    コミュニケーション・デザインの型

      フォームとコンテンツ(「何」を「どのように」で伝える)
      コンテクスト(文脈が意味に及ぼす影響)
      複雑化するコミュニケーションデザインの現状
      ムードボードの活用法

    タイポグラフィの型

      タイポグラフィの定義
      声・ジェスチャー・参照
      文字の分類


    ■質疑応答・まとめ(15〜30分)
    • こんな方を対象としています

      デザインを学んでいる学生の方
      デザインを独学で学んでいらっしゃる方
      グラフィックデザイナーとして数年働いていらっしゃる方
      事業でデザイナーと協業される方
      発想の幅を広げ、表現力を伸ばしたい方
      デザイン教育そのものに興味のある方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      この講座は、「デザインの仕組・前編」の続きとなります。
      内容をより理解するために、まず「前編」の御受講をおすすめしています。

      この講座は、オンライン(ズーム)での開催のみとなります。講座ご予約後、グループメッセージ(メッセージ)にて講座の参加用URLをお送りいたします。コースが始まる10分ほど前にログインし、問題なくアクセスできるか確認してください。はじめてオンライン講座を受講し不安な方はこちらもご参考ください。https://bit.ly/3dL6myn

      スマホの小さな画面だと、プレゼン資料などが読みにくい場合がありますので、PCやタブレットでの受講をおすすめします。

      ネットやプラットフォームの問題など、講座開催に支障が生じ止むを得ず講座をキャンセルしなければいけない場合は、全額ご返金させていただきます。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー10

    • 楽しかった!( 7 )
    • 勉強になった!( 8 )
    • 行く価値あり!( 8 )
  • W3

    女性 20代

    この講座は「受講して良かったと心から思える講座」でした

    前編・後編を受講しましたが、両方とも素晴らしかったです。概念的な話と実践的な話バランス良く聞けたので、仕事にすぐ活かせそうです。

  • M1

    その他 30代

    この講座は「デザインというモノの現在地を学ぶ事が出来る講座」でした

    前編がデザインやデザイン創造のプロセスがもたらす価値とデザインの楽しさを学ぶ講座だったのに対して、
    後編ではデザインの歴史やデザイン領域がこれからどこに向かおうとしているのかを学ぶ事が出来る「サピエンス全史のデザイン版」のような講座です。
    深い内容でありつつ、非常にシンプルに説明頂ける為、デザインを学びたい学生にはとてもオススメの講座です。

    講座終了後にはラップアップや参考資料なども共有いただく事が出来る為、とても有意義な講座です。

  • W1

    女性

    この講座は「コンディションを整えてから受けたい講座」でした

    「前編」に続いて「後半」を受講しました。
    前編の復習をしっかりとしてくださった上で、さらに「タイポグラフィーについての基礎」や「ムードボード」の作り方や役割を
    教えてくださいました。
    先生のご専門のタイポグラフィーを通して解説されていますが、その分野について知りたい方だけでなく、美術・デザイン関係の方でなくても自分の仕事や直面している問題にも応用・置き換えて考えられるため、どんな方が受けても得るものたくさんあります。私も全く関係のないことをしている身ですが、今回も心に刺さる内容ばかりでした。
    遠藤先生の授業は一言も聞き逃したくなく(今日も宅急便が2回来たが席を立てなかった)とにかく集中力が求められます。
    そして3時間近くあるので「持続力」も必要。遠藤先生の授業を受ける時は、数日前から風邪をひかないように気をつけて前日は早く寝て頭と心をすっきりとさせてコンディションを整えてから受けると決めています。次の講座も楽しみにしています。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「初心者でもデザインの勘所がわかる」でした

    前編が相当楽しかったので、迷わず後編も予約しました。今回は具体例満載でまたさらに面白かったです。あらためてデザイン、ひいては物づくり、なんなら人生における学習は「分析」と「統合」の結果であると再認識できました。物づくりに才能はいらないよ、と繰り返しおっしゃっていて遠藤先生の考えに触れるたびに本当にそうなんだなと理解でき、それを理解したところで大変な道であるのは間違いないのですが笑 毎回とてもありがたい教えです。また新しい授業が開催されるのをたのしみにしています!

  • W2

    女性 30代

    この講座は「デザインの根本に立ち返ることができる講座」でした

    デザインの仕事をして数年になりますが、普段意識せず「なんとなく」でやっていたことに対して「理由」が見つけやすくなる講座でした。カタチだけを取り繕うことを考えてしまいがちでしたが、もっと本質的な、デザインの根っこの部分を改めて教えていただけました。特に分析と統合という考え方は、仕事だけでなくいろんなことに活かせると思いました。スライドは美しく先生のお人柄も素晴らしいです。受講できてよかったです。

    先生からのコメント

    この度は、講座を受講くださり、ありがとうございます!

    ナカミがカタチを決めることもありますし、カタチがナカミを連想させることもあるのが、デザインの面白さですね。ナカミとカタチの関係を作っているのがデザインだと捉えると、その関係性を支える「理由」がコンセプトですね。毎回講座を開催し、皆さんからご意見を頂けると、自分の中でもいろいろと整理できて勉強になります。

    またお会いできるこをと楽しみにしつつ。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?