お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

哲学ってなに?科学ってなに?—思い込みをふりはらって—

対面

哲学が答えるべき問い。科学が答えるべき問い。哲学的な問いと科学的な問いの「違い」が見えてきます!

こんなことを学びます

「はじめに」
哲学といえば、抽象的で難しい・専門的で堅苦しい・非現実的で役に立たない。科学といえば、理論的でかっこいい・技術的ですごい・現実的で役に立つ。本当にそうですか?いつの間にそのように思い込んでいませんか?哲学と科学に対するそのような思い込みは、一面的な考え方にすぎません。哲学と科学に対する「誤解」を少しでもなくし、批判的な新しい見方を示したいのです!もちろん、私の独りよがりの意見を皆さんに伝えるだけではありません。古今東西の哲学者や科学者の知見にもふれながら、哲学と科学に対する新しい見方を示します!

「なぜ哲学と科学の思い込みを取り除きたいのか」
現代ほど、個人の将来が不確実で不透明な時代はないでしょう。情報があふれて、フェイクニュースがはびこり、誹謗中傷が後を絶たず、人間関係がうまくいかず、これからどのように生きていけばいいのかわからない。このように思っている人々はたくさんいます。こんな時代だからこそ、哲学者や科学者がどんなことを考えてきて、何を目指していたのかを「正しく知る」ことが重要です。しかし、哲学や科学に対する「誤解」があることも事実です。「誤解」を払拭してはじめて、彼らに学ぶことができるのだと思います。これによって、自分の身を振り返り、ひいては自分の将来の道について考えるきっかけにしたいと思います。

「構成」
前半:講義(60分)

1、哲学と科学に対する思い込みについて
「哲学は近寄りがたい」「科学は世界を解明している」など。
2、哲学と科学に対する新しい見方について
日常生活と人生に根ざした哲学、万能ではない科学。
哲学は何に答えを与えられるのか。科学は何に答えを与えられないのか。

後半:議論(30分)
参加者の皆さんで自由に気楽に意見交換

「持ち物」
何もありません。

「定員」
講座テーマを考慮して、少人数で行います。最大で5名を予定しております。
(要望と開催スペースに応じて変動あり)
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格(税込)

¥5,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
0人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

学生兼個人事業主

私は上海に生まれて、東京で育ちました。小中高は日本で教育を受けましたが、中国に数年間転入したことがあります。高校卒業後に大学進学を目指すも、不合格が続きました。いったん進学を断念して社会に出て、様々な仕事を経験しました。その中でもたとえば、博物館での運営や自動車シュールームでの接客はとても有意義な経験となっています。
多様な人々や経験を積んでいく中で、学問への関心が捨てきれずにいました。28才の時に一念発起して、大学進学を目指しました。現在、国際基督教大学4年。哲学・宗教学メジャー、言語学マイナー。
20代に感じたことや考えたこと、社会に出てからの経験を振り返り、そして人との出会いに触発されて、自分で起業しようと思い立ちました。今は個人事業主として、奮闘しています。
哲学、科学、歴史、文学に関心があります。また、学問的知見をビジネスへと応用して実践することに関心があります。個人の将来が不確実で不透明な現代に生きているからこそ、他者に学んで他者とともに学んでいきたいです。皆さんとの出会いを楽しみにしています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    「所要時間」
    90分程度

    「講座概要」
    講義:60分
    議論:30分
    • こんな方を対象としています

      この講座の対象者は、たとえば次のような方々を想定しています。
      「哲学?面白くない、役に立たない」などと思ったことがある人
      「哲学なんて答えの出ない学問だ」と思ったことがある人
      「哲学が何なのかわからないけど、何となく興味はある」と思っている人
      「哲学をやってみたいけど、どこから何から始めればわからない」と思っている人。
      「科学はどんどん発展していてすごい」と思っている人
      「理論は難しそうだけど、かっこいい」と思っている人。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      堅苦しい雰囲気で議論するのではなく、様々な考え方を通じて新しい見方を得ることが大事なので、気さくにご参加ください。「これが正しくてそれは間違いだ」というような「討論」ではありませんので、臆することなく自分の意見を言ってください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?