お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

6回コース 【オンライン】15本の映画から観たラテンアメリカの冷戦時代

6回コース
オンライン

ラテンアメリカの冷戦時代を体験した教科書の著者は、当時の現場の状況を自身の経験と映画を通じて物語ります。

こんなことを学びます

ラテンアメリカの冷戦時代において、独立的な経済発展を求めた多様な政治的なアクターとアメリカの経済的・政治的な圧力間の対立が目立った。前者の内、社会主義への移転を求めていたものがあれば、資本主義体制を守りながら、独立的な経済発展を求めたものもあった。アメリカ政府からみると、両方とも敵であった。キューバ革命政権が誕生すると、その対立はより激しくなり、1980年代の中米紛争まで上々にエスカレートして行った。この本は、映画を通して40年に及ぶ冷戦時代の過程を、主な役割を果たした人物や出来事、そして一般市民の生活を考慮しながら、分析する。エルネスト・チェ・ゲバラとキューバ革命から出発して、ブラジル、チリ、アルゼンチンや中米紛争まで紹介していく。最後にリオデジャネイロのファベラの歴史を通じて、冷戦時代の人々への影響を考えてみる。15本の映画は日本でDVDとして販売されている。
続きを読む
6回コース

9月1日(火) - 10月6日(火)

11:00 - 12:00

オンライン

開催日程

第1回 9月1日(火) 11:00 - 12:00

第2回 9月8日(火) 11:00 - 12:00

第3回 9月15日(火) 11:00 - 12:00

第4回 9月22日(火) 11:00 - 12:00

第5回 9月29日(火) 11:00 - 12:00

第6回 10月6日(火) 11:00 - 12:00

予約締切日時

8月31日(月) 22:00

参加人数

1/20人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥7,500

  • 6回コース

    9月1日(火) - 10月6日(火)

    11:00 - 12:00

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
2人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

9月1日(火) - 10月6日(火)

第1回 9月1日(火) 11:00 - 12:00

第2回 9月8日(火) 11:00 - 12:00

第3回 9月15日(火) 11:00 - 12:00

第4回 9月22日(火) 11:00 - 12:00

第5回 9月29日(火) 11:00 - 12:00

第6回 10月6日(火) 11:00 - 12:00

¥7,500
参加人数 1/20人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

この講座の先生

Di Martino Luigi Albertoのプロフィール写真

Di Martino Luigi Alberto

  • 0人
  • 0回
教室ページをみる 先生に質問する

京都大学経済学博士、元大学教授、作家

ルイジ・アルベルト・ディマルティノです。
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、イタリア出身の家族に生まれました。
ブエノスアイレス国立大学で経済学士号を取得。
国営企業で数ヶ月務めたましたが勉強を続けたかったので、メキシコ国立自治大学の大学院研究課で経済学を勉強するためにメキシコに渡りました。
卒業後、エル・コレヒオ・デ・メキシコの日本研究科でもう一つの修士号を取得。
1980年代に日本経済の急速な成長とその世界的拡大の原因を研究するために、法政大学の奨学金で1年間半研究に専念しました。
その後、京都大学で経済学博士号(経済理論・経済史専攻)を取得しました。非常勤講師、助教授、教授として、役30年間さまざまな日本の大学で勤めました。
引退後、現代日本社会について書き始め、これまでにエッセイ本2冊,小説を1冊書きました。
最初のエッセイ本は、日本での31年間の私の経験と現代の日本社会のさまざまな側面に関する研究を組み合わせています。
2冊目は、日本の社会的想像についてです。
3冊目は、第二次世界大戦直後の大阪で、英語学校の創立と運営に携わる人々の歴史的小説です。 + 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 1回目 エルネスト・チェ・ゲバラとキューバ革命(1952〜1959年)

    1)モーターサイクル・ダイアリーズ 監督:ヴァルテル・サレス Diarios de Motocicleta (2004) de Walter Salles.
    2)チェ 28歳の革命 監督:スチーブン・ソダーバーグ Che, el Argentino (2008) de Steven Soderbergh.

  • 第2回 2回目 トマス・グティエレス・アレア監督とキューバ革命直後の社会変貌(1959〜1962年)

    映画:
    3)低開発の記憶 監督:トマス・グティエレス・アレア Memorias del Subdesarrollo (1968) de Tomás Gutiérrez Alea.
    4)12の椅子 監督:トマス・グティエレス・アレア Las 12 Sillas (1962) de Tomás Gutiérrez Alea. 映画「ある官僚の死」(La muerte de un burócrata) など、日本でDVDとして販売されているアレア監督の映画についても語ります。

  • 第3回 3回目 1960年代後半のゲリラ チェ・ゲバラのボリビア作戦(1967年)とブラジルの都市ゲリラの事例(1969年)

    映画:
    5)チェ 39歳別れの手紙 監督:スチーブン・ソダーバーグ Che, Guerrilla (2008) de Steven Soderbergh.
    6)クアトロ・ディアス 監督:ブルーノ・バレット O Que é Isso, Companheiro? (1997) de Bruno Barreto.

  • 第4回 4回目 チリのアジェンデ民主政権、軍事クーデター、独裁政権、行方不明者(1970年代前半)、アルゼンチンの軍事独裁政権(1970年代後半)

    映画:
    7)マチュカ 監督:アンドレス・ウッド Machuca (2004) de Andrés Wood.
    8)ミッシング 監督:コスタ=ガヴラス Missing (1982) de Costa-Gavras.
    9)瞳は静かに 監督:ダニエル・ブスタマンテ Andrés no quiere dormir la siesta (2009) de Daniel Bustamante. 映画「オフィシャル・ストーリー」、「スール」についても語ります。

  • 第5回 5回目 ラテンアメリカの亡命者、中米諸国(エルサルバドル、グアテマラ、ニカラグア)における紛争(1980年代)

    映画:
    10)タンゴ ガルデルの亡命 監督:フェルナンド・ソラナス El exilio de Gardel, Tangos (1985) de Fernando Solanas.
    11)サルバドル 監督:オリバー・ストーン Salvador (1986) de Oliver Stone.
    12)イノセント・ボイス 監督:ルイス・マンドキ Voces Inocentes (2004) de Luis Mandoki.

  • 第6回 6回目 冷戦時代の間リオデジャネイロのファヴェラ(1950〜1980年代)

    13)黒いオルフェ 監督:マルセル・カミュ Orfeu Negro (1959) de Marcel Camus.
    14)オルフェ 監督:カルロス・チェゲス Orfeu (1999) de Carlos Diegues.
    15)シティ・オブ・ゴッド 監督:フェルナンド・メイレレス、カチア・ルンヂ Cidade de Deus (2002) de Fernando Meirelles y Katia Lund.

  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当講座は日本語で行われます。
    講座の内容は教科書と著者の体験に基づいています。
    教科書はアマゾン(Amazon)でebookとして販売されています。Kindle Unlimitedに契約している方は無料で読むことができます。
    この講座のテキストとなりますので、受講前にそれぞれの章を読むようにお願いいたします。
    https://dimartino.studio/courses-in-japanese-on-latinamerica/ 著者のホームページです。この講座に関しての細かい情報が記載されています。

    本のタイトル「15本の映画から観たラテンアメリカの冷戦時代」
    著者 ルイジ アルベルト ディマルティノ
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?