お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

オンライン*英字新聞 The Economistで学ぶ時事英語

オンライン

英字新聞 The Economist を通訳者養成コースで使われる手法で読み込み、語彙力増強・背景知識の獲得・読解力を身につけましょう!

こんなことを学びます

\東京学芸大学名誉教授の大井 孝先生から推薦のお言葉をいただきました/(詳しくは▼)

◎東京の老舗語学学校で、通訳者養成コースを教えていた実績ある講師です!
◎通訳者養成コースで使われる手法を用いて「なんとなく読めている」から「正確に理解する」へレベルアップしましょう!
◎一方的な講義形式ではなく「自分で訳す」ので英語が身に付きます。
◎一歩先の英語力を身に付けたい英語中級〜上級者向け講座です。

The Economist『エコノミスト』紙はビルゲイツ氏が愛読しているなど、世界の知識層を中心に多くの人に読まれています。構文も複雑なものが多く、難しい語彙も頻出しますが、洗練された文章を正確に読み取る練習を積むことで、更なる英語力アップが期待できます。

▼受講の流れ・授業の流れをまとめました▼
https://youtu.be/ZVs49ANcd7U

▼授業の進め方▼
課題として割り当てておいた記事を、お一人数行ずつサイトラ(サイトトランスレーション)をしていただきます。
サイトラは通訳者養成コースでよく行われる方法ですが、英語を英語の順番のまま、チャンク毎に日本語に訳していく作業のことを言います。
サイトラを通して文法、語彙力を鍛えます。
適宜文法、語彙、背景知識などの解説を加えます。
また、記事に出てくる単語を使い、クイックレスポンスも行い、語彙増強も図ります。

▼授業の流れ▼
 0. 事前に講師から連絡のあった記事を使います(当日までに読んできてください)。
 1. 記事のサイトラ
  →文法・語彙力が鍛えられます!
  【語彙例】
   snafu 大混乱
   glaring 紛れもない
   quash 鎮圧する

 2. 記事に出てきた単語・表現を使って即興で文章を作る
  →その場で講師によるフィードバック

 3. 簡単なディスカッション
 →扱ったトピックに関して講師が英語で質問を投げかけます。
  それに対して即興で自分の意見を答えていただきます。
  自分の言葉で発信する練習になります!
 【質問例】
  Do you think this corona pandemic will change our society dramatically?
  What do you think are the benefits of remote work or online education?
  Do you agree with the idea of businesses donating 1% of their services, profit and employees' time to help NPOs?

▼受講方法▼
オンライン会議ツールZoomを使用します。事前に講師からZoom接続先URLをご連絡差し上げます。教材は事前にThe Economist紙からの抜粋記事をご連絡します。

ーーーーーーーーー
以前受講した生徒から、授業が「トレーニング」のようだと評されるほどストイックな授業です。一歩先の英語力を身につけたい方はぜひ受講をお申し込みください。

\受講生の声/
講師 高橋の授業をこれまでに受講した方々の感想をご紹介します。
※前職での教授歴です。

▶︎Kさん(通訳系クラス受講)
妥協せず、忍耐強く、一人一人に対峙してくれる授業、興味を持って取り組める最適な教材やツールの選択、的確な助言と指導をしてくれる高橋先生の授業は着実に語学力を底上げしてくれる。授業の厳しさにもかかわらず、指導にかける情熱と真摯な人柄に魅了され、講座を継続受講し続けたのは私だけではないだろう。

▶︎Tさん(通訳系クラス受講)
思い起こせば、先生の熱誠授業を目の当たりにし、「これは!」と思い、即受講を決意してから早4年。のめりこむように受講を継続してきた。[...] 先生の授業の魅力は何か?それは英語に対する真摯な姿勢に他ならない。[...] そこには、百万言の言葉にも勝る、英語を通じた魂の語らいがある。

▶︎Hさん(通訳系クラス受講)
日米会話学院では、通訳養成メソッドを活用した上級クラスで、高橋先生に楽しく厳しく(!)鍛えていただきました。[...] 出てくる単語や句動詞、構文を拾い上げ、類語・関連語まで丁寧に解説してくださるので、英語運用力の幅が広がりました。

\推薦者の声/
東京学芸大学名誉教授の大井 孝先生から推薦のお言葉をいただきました。

推薦します

 高橋講師の新設講座を推薦します。高橋講師と他の英語講師との違いの長所は、彼が英語教授法や英語学ではなく、英文学を専攻し、特にGeorge Orwell 研究者であることです。同講師と私との出会いは、15年以上前に上智大学に私が出講していた時にさかのぼります。彼は英語習得のみに飽き足らず、フランス語も習得し、パリとロンドンに留学。ロンドン大学で国際政治専攻の修士号を取得しました。また日本政府認定の英語・フランス語通訳ガイド資格の保有者でもあります。
 高橋先生はロンドン大学の留学から帰国後には数年間、国際教育振興会・日米会話学院の常勤講師として、Orwell 研究講座、TOEFL受験講座などで多くの教歴を重ね、明治学院大学、桜美林大学にも出講していました。
 このたびの高橋先生の新講座開設は、コロナ問題の中での発足となりましたが、遠隔講座の利点は、海外や国内の地方からも受講が可能なことです。
 外国語習得の基本は多読です。その点では、Orwell 研究を発地点とされた
高橋先生の英語学習講座は他の日常英会話中心の講座とは本質的に違います。
この講座の受講を皆さんに強くお勧めいたします。

                     大井 孝
                    東京学芸大学名誉教授
                    パリ第二大学政治学国家博士
                    元国際教育振興会理事長
                    日米協会理事
                    日仏会館諮問委員
ーーーーーーーーー

▼こんな方にお薦めの講座です▼
・現在の英語力より一段階レベルアップを目指している方
・TOEIC、英検、TOEFLなどのスコアアップのための試験勉強ではもの足りない方
・読み応えのあるものを読みたい方
・一方的な講義ではなく、実践的に学びたい方
・英語「トレーニング」で語学力を底上げしたい方
・国連英検合格を目指す方
・単なる「英会話」ではなく、一歩先の英語力を身に付けたい方
・「ビジネス英語」をレベルアップしたい方
・世界の動向を知りたい方
・The Economistを購読している/したいと思っている方

どんな記事なのか一度読んでみたい!などリクエストがあれば個別メッセージでサンプル記事をお送りすることも可能です。
講座に関してご質問があれば、お気軽にご連絡ください!
続きを読む

4月23日(金)

19:30 - 20:30

オンライン

残りわずか

予約締切日時

4月19日(月) 19:30

参加人数

6/8人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥2,000

4月30日(金)

19:30 - 20:30

オンライン

予約締切日時

4月26日(月) 19:30

参加人数

1/8人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥2,000

  • 4月23日(金)

    19:30 - 20:30

    オンライン

    残りわずか
  • 4月30日(金)

    19:30 - 20:30

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
64人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

4月23日(金)19:30 - 20:30

¥2,000
参加人数6/8人

4月30日(金)19:30 - 20:30

¥2,000
参加人数1/8人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

この講座の先生

上質な文章を通じ英語力を磨きたい人のための英語講座

オンライン英語講座「ika.異化」代表、フリーランス翻訳家
通訳案内士(英・仏)、JSAF-IELTS Academic Supervisor

▪️経歴
元 一般財団法人 国際教育振興会 日米会話学院専任講師
ロンドン大学 東洋アフリカ研究学院(SOAS)大学院修士課程修了(MA in International Studies and Diplomacy)
上智大学卒(英文学)
日米会話学院同時通訳科卒
ソルボンヌ大学フランス文明講座最上級ディプロム取得
CELTA(ケンブリッジ大学認定英語教員資格)保持

▪️語学資格
国連英検特A級、英検1級、IELTS 8.0、DALF C1

1983年生まれ。20歳の時に交換留学生として初めて海外の地を踏み、異文化交流の奥深さに触れる。日本の文化や歴史に対する知識を高める必要性を実感し、通訳案内士の道へ。その後、外務省外郭団体の通訳を経て、英仏留学を経験。帰国後、英語講師となる。
IELTS、TOEFLなどの試験対策講座、通訳者養成プログラム、法人研修など幅広く担当。ティーチングは累計5,300時間。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

     1. 事前に講師から連絡のあった記事を使います(当日までに読んできてください)。
     2. 記事のサイトラ(文法・語彙力が鍛えられます!)
     3. 記事に出てきた単語・表現を使って即興で文章を作る(その場で講師によるフィードバック)​
    ​ 4. 簡単なディスカッション(扱ったトピックに関して講師が質問を投げかけます。自分の言葉で発信する練習になります!)
    • こんな方を対象としています

      ・英語中上級者
      ・現在の英語力より一段階レベルアップを目指している方
      ・TOEICの試験勉強ではなく、読み応えのあるものを読みたい方
      ・一方的な講義ではなく、実践的に学びたい方
      ・英語「トレーニング」で語学力を底上げしたい方
      ・国連英検合格を目指す方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      この講座はオンライン会議ツールZoomを使って開講します。3日前までに講師よりZoom接続先URLをご連絡いたします。また、初めて受講される方には、スムーズに受講開始できるために、事前に接続確認テストをお願いしています。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー34

    • 楽しかった!( 19 )
    • 勉強になった!( 30 )
    • 行く価値あり!( 27 )
  • M1

    男性 40代

    この講座は「学びの多い講座」でした

    hurl abuse, challenge, line のように自分ではわからなかった単語の意味がいくつかありました。テンポよく進んでくれていいです。ノイズが入ったり、音が割れていたのは残念でした。

  • W3

    女性 60代

    この講座は「brush upできる。」でした

    ハイレベルですが、丁寧に解説して頂けるのでちょっと賢くなった気がします。最後に新しい単行本を使う練習やスピーチもするので、総合力がつくと思います。

  • M1

    男性 40代

    この講座は「テンポよく進む講座」でした

    初めての参加でした。テンポよく進み、面白かったです。描出話法、自分で使いこなせるには程遠いけど、意識しようと思います。

  • W3

    女性 20代

    この講座は「洗練された英語が学べる講座」でした

    2回目の参加です。
    毎週The Economistから国際情勢に関する記事をpick upして教材にされています。

    今回のテーマはミャンマーのデモと軍事政権への揺り戻し。
    ミャンマーの歴史的背景から記事を解説いただいたため、英語の学習のみならず、アジアの国際情勢の理解も深まりました。

    有意義で、とても楽しい講義でした。

  • W3

    女性 40代

    この講座は「安心して学べる講座」でした

    今日も、たくさん間違えて訳してしまいましたが、しっかりフォローしてくださるので、間違えた分だけ世界が広がって楽しいです。講師は受講者をとても大切にされているように感じます。他の受講者の方の発言もすごく刺激になり成長につながるので、受講して良かったと感じています。

  • この先生の他の講座

    6

    開催リクエスト受付中

    オンライン