お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

ブログより簡単!文章やYoutube動画が売れる「note」入門

対面 オンライン

【期間限定500円】副業より複業実践!facebookより国内ユーザー数が多いブログSNS「note」はじめの一歩を踏み出すための入門講座

こんなことを学びます


期間限定!
5月キャンペーン価格
500円


日程はこちらでも公開しています。
https://www.street-academy.com/myclass/81784

・ブログ以外で他に収益化する方法がないか気になる

・ブログをはじめてみたいが、難しそう

・noteはなんとなく気になっていたから、これを機会に始めたい

・自粛ムードもそろそろ疲れてきたので、何か表現して世界を広げたい

・ブログを書いて収益化しようとしたけど、なかなかうまくいかない

・FacebookやInstagramもそろそろ疲れてきたな

・自分の文章や動画、イラストなど売ってみたけど方法がわからない

・SEOライティングを意識した文章を書くのにも疲れてきた

・アフィリエイトブログが収益化できなくて困っている

・自分の文章や動画、イラストを作品にして販売してみたい

・自分のファンをつくりたいけど、どうしたらいいかわからない


本講座は、
そんなお悩みや課題をお持ちの方に、
おすすめの新感覚SNS note入門講座です。

note(ノート)というアプリをご存知でしょうか?

ノートといっても、紙のノートではなく、
株式会社ピースオブケイクが運営する投稿型のプラットフォームです。

noteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、
クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービスです。

このnoteが凄いのは、
テキスト、写真、トーク、音声、動画などを簡単に投稿でき、
なおかつ有料で販売することができます。


つまり、自分の好きなこと・得意なことを作品にして収益化ができます。

価格は、100〜10,000円の範囲内で自由に決めてOKなので、
副業・複業を考えている会社員の方や、
スキマ時間に稼ぎたい、主婦の方にもオススメのサービスです。


しかも、ステップもとても簡単!
文章を書いて、価格を決めて、投稿する 3ステップ


まだまだ、これから伸びていくサービスnote

今のうちに、はじめておいて損はないです!

本講座では、そんなnoteがはじめて使う方に、
最初の一歩を踏み出すための入門講座になります。


▼こんなことを教えます。

■noteってなに?

■noteの機能・特徴紹介

■noteとブログの違い?

■noteを使うとおすすめな理由

■noteの商品タイプ
・単品/マガジン
・マガジンの種類

■noteをはじめる
・アカウントをつくる
・プロフィールをつくる
・口座を入力する

■実際にnoteを書いてみよう

■noteで作品を売るまでのステップ

■Q&A
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥500

受けたい
59人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥500
場所 渋谷・恵比寿

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥500

この講座の先生

新しい「学び」を還元し続ける。

株式会社litl 代表取締役/百年教室 学長
スキルシェア講師/デジタルマーケッター/短期集中 英語コーチ

茨城県生まれ 9月3日(ドラえもんと同じ誕生日)

19歳で渡米。NYの大学でCG(WEB、映像、デザイン)専攻。タンザニアでホームステイ。

笑いあり、涙ありのショートムービーが好きで、海外の面白いCMをブログで紹介していたら、アメブロランキング2位。Yahoo! Internet Guideという雑誌に掲載され、「インターネットってすごい!」と感動。

帰国後は、野球チームを持つIT会社に就職。企画したビジネスの特許出願。ITベンチャー、外資系検索エンジンの企業など数社を経て、縁とタイミングでプロダンサーと会社を共同創業。

そこから数年…ITが個人に力をくれる感動を胸に「すべての人がITで好き・得意を活かせる社会をつくる」をミッションとし新たにlitlを創業。オンラインのみで複業をし、最高売上を達成。そのスキル・ノウハウをストアカでも伝えている。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ■自己紹介/お悩みヒアリング

    ■noteってなに?

    ■noteの機能・特徴紹介

    ■noteとブログの違い?

    ■noteを使うとおすすめな理由

    ■noteの商品タイプ
    ・単品/マガジン
    ・マガジンの種類

    ■noteをはじめる
    ・アカウントをつくる
    ・プロフィールをつくる
    ・口座を入力する

    ■実際にnoteを書いてみよう

    ■noteで作品を売るまでのステップ

    ■Q&A
    • こんな方を対象としています

      ・ブログ以外で他に収益化する方法がないか気になる
      ・ブログをはじめてみたいが、難しそう
      ・noteはなんとなく気になっていたから、これを機会に始めたい
      ・自粛ムードもそろそろ疲れてきたので、何か表現して世界を広げたい
      ・ブログを書いて収益化しようとしたけど、なかなかうまくいかない
      ・FacebookやInstagramもそろそろ疲れてきたな
      ・自分の文章や動画、イラストなど売ってみたけど方法がわからない
      ・SEOライティングを意識した文章を書くのにも疲れてきた
      ・アフィリエイトブログが収益化できなくて困っている
      ・自分の文章や動画、イラストを作品にして販売してみたい
      ・自分のファンをつくりたいけど、どうしたらいいかわからない
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      noteを知らない方、まだnoteをはじめてない方が対象になります。本講座ではアカウントの作成からはじめていきます。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 13
    • 楽しかった!( 5 )
    • 勉強になった!( 11 )
    • 行く価値あり!( 7 )
  • M2

    男性 50代

    この講座は「新しい情報を知る講座」でした

    時間の余裕から講座をうけましたが、noteを知るきっかけとなり大変良かったと思います。進め方でやはり早かったため何が不具合があるか確認することができず、講座終了後に確認しましたがOSがWindows7であったため表示が遅く、歯抜けで表示されることが解りました。でも、講座は受けて良かったです。ありがとうございました。

  • W1

    女性

    この講座は「基礎が学べる講座」でした

    note をこれから始めるには基礎が学べてよかったです。
    これから少しずつ始めたいです。
    説明も丁寧にしていただき、理解しやすかったです。

  • W2

    女性 50代

    この講座は「noteへの一歩を踏み出す講座」でした

    1時間の中で、概要と実践が組み込まれており、やってみる感覚が掴めました。

    先生からのコメント

    先日は受講いただきありがとうございました!

    一時間という短い時間でしたが、少しでもお役にたててよかったです^^
    感じていただいた感覚を忘れないうちに是非実践してみてください。

    また機会があればよろしくお願いいたします。

  • W3

    女性 50代

    この講座は「noteはの仕組みがたった60分でほとんど理解でき「すぐに始めよう」と後押しになる講座でした」でした

    noteのアカウントは数年前に登録していましたが放りぱなし。でも本日の60分の講座で、その仕組みとかなりトレンドになっていることが理解でき、やらないともったいない、すぐに始めようと思いました。以前は面倒くさいなと思っていましたが、少しずつやればいいのだ、と後押ししてくれるのもありがたかったです。

    先生からのコメント

    先日は受講いただきありがとうございました!

    60分という短い時間でしたが、後押しとなる講座を提供できて嬉しく思います^^

    僕もめんどくさいなと思うことが結構あり、なにかやろうと思うと腰が重いですが、、、
    自分にできる範囲のことを少しずつやっていければいいと思います。
    今後のやる気に少しでも役にたてたら幸いです!

    また機会があればよろしくお願いいたします^^

  • W1

    女性 50代

    この講座は「noteが何かがわかる講座」でした

    遅くなりましたが、先日はありがとうございました。講座受講からnoteを毎日使ってます。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?