お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【オンライン】和食&洋食まとめて基本のテーブルマナー集中講座!

オンライン

学んでその日から実践したくなる日常マナーです!見られていても自信を持って食事が出来るようになります。受講後にテキストPDFをプレゼント♡

こんなことを学びます

食べ方で困っていませんか?

和食と洋食の基本マナーについてサクッと1回で学んで頂ける
初心者さん🔰も歓迎のオンライン講座です

日ごろ、マナーなんて気にしていない方でも、
接待やデートなどの大切な場面では、突然気になったりするもの。

マナー本だけではわからない正しいマナーとその意味を知れば
自信をもってお食事が出来るようになれますよ。

食べ方がキレイな人は、そうでない人より信頼されます。
食べ方がキレイな人は、そうでない人よりモテます。
食べ方がキレイな人は、そうでない人より人生が豊かになります!


1回学べば一生ものの知識です。


■第一部■
どんな食事にも共通の【マナー以前のマナー】について

■ 第二部 和食■

日常的なご飯、お味噌汁、煮物、焼き物など器の扱い方や
基本的な食べ方をお伝えします。

渡し箸、ねぶり箸、泪箸など「嫌い箸」と呼ばれるお箸のタブーがあります。
何故それをするといけないのでしょうか?

これらには、絶対に避けたいものと、場合によっては良いものがあります。
理由を知って、対処方法も会得して頂けます。

基本の和食のマナー、意外に習うことはすくないですよね。
ちょっとしたことを知るだけでも、普段のお食事が見違えるようになりますよ。

和食に込められた日本人の精神性を大切にしながら
日本の文化としての和食マナーに気づいていただければ幸いです♪


~休憩~


■第三部 洋食■

フォークとナイフの基本的な使い方とその意味。
フランス料理やイタリア料理、どんな場面でも臨機応変に使いこなせて
周りの人も見ていてうっとりするような優雅なふるまいを身につけましょう。

ここでは、カジュアルな席でも守っておきたい
「これをやったら絶対ダメ」というNG所作もお伝えします。

最善を目指す道は遠いけれど、最悪を避けることは誰にでも出来るのです。

どんな人からも好感を持たれる食べ方になって、素敵な人生を💕



■第四部 まとめ■

和食と洋食、全く違うように思えるマナーも根本は同じです。

同席するお相手に良い印象を与えることが出来るようになったら
会社の印象もアップしますし、ビジネスも成功間違いなしです。
実際に複数の企業様にて役職者研修に取り入れて頂いております。

もちろん、新社会人の方にもおすすめです!


<こんな風に教えます>
オンライン講座です。
講師は実際にカメラの前で、実際に食器を置いてご説明いたします!

画面を見ながらメモを取って頂いても結構ですし
一緒にお食事を召し上がりながら、実践的に学んで頂くのも自由!

お箸やお椀、フォークとナイフをご用意頂けば、ご一緒にワーク出来ます。


少人数制ですので、講師の一方的な説明にならずに
随時ご質問を頂いたり、参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく作り上げていく講座です。



<用意するもの>
オンライン会議アプリZOOMを使用します。
PC、スマートフォン、タブレット等ZOOMに繋がる機器をご用意ください。
※ZOOMの利用が初めての方はサポートいたしますので事前にご一報くださいませ。


可能であれば以下をご用意いただくとより講座が充実します!
1.お箸
2.箸置き(割箸でも可)
3.お茶碗もしくは汁椀(中身は空でOKです)
4.フォークとナイフ


講座をご視聴いただくだけでも大丈夫です。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥4,200

受けたい
27人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込)¥4,200

この講座の先生

礼法講師

20年以上のビジネス界での経験を活かして
ビジネスパーソン向けの礼法レッスン、会食や接待のマナーを含めた和食のテーブルマナー指導、企業での接遇礼法研修、コンサルティングを行っております。


<プロフィール>
大学卒業後、20年にわたり人材育成やサービスマナーに関わる業務に携わる。
人材ビジネスの会社で1000人以上の転職希望者と面談をし、多くの人がマナーの大切さを知らずに損をしていることを知り、根本的なマナー教育の必要性を実感する。

まずは自分が学ぼうと小笠原流礼法の師範の免状を取得し、日本プロトコール&マナーズ協会のプロトコール一般科を修了。

マナーとは恥をかかないためでも自分を美しく見せるためのものでもなく、相手の命を尊重することが根底にある事を知る。

それらを知る過程は、精神性を高め人生を豊かにするものであることを実感し、多くの人に礼節(マナー)の本質を伝えたく講師として独立。

礼法の神髄とは、相手の命を尊重し、お互いの違いを認め合う事。
礼法を伝えることで、平和で穏やかな世界を作るという使命のもと活動。

+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    2時間程度
    途中で休憩を挟みます

    <当日のレッスンの流れ>
     10分 自己紹介・オリエンテーション
     50分 第一部・第二部(和食編)
     05分 休憩
     50分 第三部・第四部(洋食編)
     10分 質疑応答
    ※質疑応答の時間により多少終了時刻が前後します。(最大10分)
    • こんな方を対象としています

      ✔綺麗な食べ方の人を見て「素敵だな」と思ったことがある方
      ✔子どもにきちんとした食事のマナーを教えたい親御さん
      ✔人と食事をするときに食べるのを見られるのが恥ずかしい方
      ✔お箸の持ち方に自信がない方
      ✔最近、落ち着いて食事してないな、と思う方
      ✔ちゃんとした大人になりたい方
      ✔ブレない軸をもって生きたい方
      ✔接待や会食の機会が多い方(経営者・会社役員・営業職)
      ✔これから結婚を控えている男女
      ✔結婚相手のご両親に会う予定がある方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      お子様やご家族の方もご一緒に受講OKです!
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー5

    • 楽しかった!( 4 )
    • 勉強になった!( 4 )
    • 行く価値あり!( 4 )
  • W3

    女性 50代

    この講座は「毎日の生活で直ぐに実践できる講座」でした

    お食事のマナーというと、会席料理やフルコースのかしこまった席の振る舞いのように思っていましたが、この講座では、正式なマナーと日常の生活で実践できる部分を併せてお話くださいました。
    受講者からの質問にも、丁寧かつ的確にお応えくださり、大変充実した時間となりました。日本人として大切な精神性も学べ、先生に感謝しております。
    素敵な講座をありがとうございました。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「和食&洋食まとめて基本のテーブルマナー集中講座」でした

    今回、初めての受講でした。
    マナーについてそれなりに学んできましたが自信が持てず、受講しました。
    ただマナー動作を学ぶだけではなく、そもそもの和と洋それぞれの歴史。その歴史からの、では何故その動作をするのか?といった理由まで詳しく学ぶことが出来ました。
    和においては、食器を扱う時の所作など日常から取り入れ、綺麗な仕草が身に付いたらと感じました。
    質問にも丁寧にお答え頂き、時間が本当にあっという間に過ぎました。
    内容も魅力的でしたが、先生の話され方が面白くも癒やされる雰囲気で、楽しく受講出来ました。
    いつか、対面での受講をしたいなと思います。
    有難うございました!

  • W1

    女性 50代

    この講座は「気付きやヒントをいただける講座」でした

    本日、先生の講座は2回目の受講でしたが
    とても親切に質問に答えてくださるので、有難かったです。
    今回も☆5にさせていただきました。
    終わりの時間が変わっていたのを知らずに、失礼しました!
    本当にありがとうございました。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「お食事マナーについてしっかり学べる講座」でした

    単なる作法のHOW TOではなく、文化的背景や精神性も含めて、マナーについて教えて頂きました。
    とても興味深く、色々と質問もさせて頂き、あっという間の愉しい時間でした。
    まずはカタチの練習からになるかと思いますが、マインドの部分もじっくり落とし込んでいきたいと思います。豊かな食事の時間、豊かなくらしにしていきたいです。
    とても贅沢な時間を、ありがとうございました。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「日本人であることが誇れる講座」でした

    先生の講座は毎回大好きです。
    歴史的背景と、生命のながい営みの中で
    私たちがここに生きているから、これが今されているという
    過去、現在、未来の時間軸の元にこの作法があるというのがわかります。

    質問にも丁寧に答えていただきました。
    疑問をOにして終了できます。
    次回は、レストランの実践編を受けたいです。
    ありがとうございました。

  • この先生の他の講座