お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

俯瞰し観て考える デザイン史の見取り図

人気著者デザイナー 佐藤好彦氏登壇、近現代のグラフィックデザイン史を俯瞰し時代の流れを掴み、これからの制作実践に活かせる必修デザイン講座。

こんなことを学びます

全国の方がご参加可能な「オンライン受講」に対応している講座です。
ご参加のすべての方が講座開催後に視聴できる「見逃し配信」も用意しています。

--

デザインは、常に人間の生活とともにありました。
人の手によって生み出され、人の手に渡って使われ、鑑賞され、人や社会に影響を与えてきました。

そしてもちろん、デザイン的な表現も、制作技術の変化や社会環境、人々の美意識など、人や社会の変化から大きな影響を受けています。

私たちが、これからのデザインについて考え、生み出していくときに、これまでのデザインが歩んできた道のりを自分なりの考え方でつかんでおくことは、とても重要で大切なことです。

デザインの歴史は、単なる過去の出来事の集まりではなく、人がデザインというものを生み出してきた思考の過程であり、それは、未来へのヒントでもあります。

デザインのHistoryを、自分の中でどのようなStoryにして身につけているのかが、自分自身のデザインの考え方や制作のスタイルに大きな影響を与えます。

この講座は、2019年11月に開催されたBAU-YAの講座「知って活かせる グラフィックデザインの歴史」にて、グラフィックデザイナーの佐藤好彦氏が講義された「デザイン史の見取り図 デザイン史を俯瞰して見るための考え方」の増補・拡張版です。
20世紀以降のグラフィックデザインの歴史を俯瞰しつつ、おもに20世紀後半から現代までを重視した形で解説していただきます。

一人ひとりが、デザインの歴史というものを改めてとらえなおし、現在の自らの制作に活用できることを目指した、実践・実用的な教養の入門講座です。


Keywords: デザイン, デザイン史, グラフィックデザイン, 歴史, 教養


● この講座で学べること
○ グラフィックデザインの歴史の大きな流れ
○ デザインの歴史を、現在のデザインに活かすための考え方
○ デザインの未来を考えるための視点

● この講座で得られること
○ デザインの歴史の大きな流れをつかむための考え方を学べます。
○ デザインの歴史から、現代の制作で活かせる知識を得られます。
※ 配布資料がある場合は、配布やダウンロードなどで入手いただけます。
※ 講座内で利用するデモなどのサンプルファイルがある場合は、ダウンロードで入手いただけます。
※ 各種受講証明書への署名・発行に対応します。

● この講座の特徴
○ 登壇者の講義を通して学んでいただく、座学スタイルの『知識講座』です。
○ 貴重な知識や情報を、要点をまとめて具体的にわかりやすくお伝えします。
○ 豊富な図解やサンプルを活用して解説します。
○ 講座開催の後でも1週間、講義の様子をすべて収録した動画の視聴ができ、グループメッセージで登壇者宛に質問が可能です。

#bauya76
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

未定

価格(税込)

¥3,800

受けたい
16人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

開催リクエストする

この講座の先生

佐藤 好彦のプロフィール写真
グラフィックデザイナー,ウェブデザイナー,講師

佐藤 好彦

ウェブなどのメディアのデザインやプランニング、コンサルティングとともに、デザイン関連の書籍や雑誌の執筆も手がけている。 

著書に『デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング』『デザインの授業 目で見て学ぶデザインの構成術』『フラットデザインの基本ルール Webクリエイティブ&アプリの新しい考え方。』『ビジネス教養としてのデザイン 資料作成で活きるシンプルデザインの考え方』『ウェブサイト制作のワークフローと基礎技術』など。その他、共著多数。 

東京造形大学 非常勤講師 

Twitter: @yoshihik0 
Facebook: sato.yoshihiko

この講座の主催団体

BAU-YA

プロとプロを目指すクリエイターの学び舎、BAU-YA(バウヤ)。
アートやデザイン、ITやウェブなどの、トップクリエイターや著名講師による『いま、伝えたいこと』を、そのまま講座にして催します。


■ BAU-YAにある『技術系講座』と『知識系講座』の2つのスタイル

『技術系講座』は、ふんだんに実演デモを駆使するハイブリッド・ハンズオン講座。

制作の現場で必須のテクニックを学べます。

一緒に実習しながらでも、または聴講のみでも、どちらでも参加できるスタイル。
使用する学習サンプルは、受講後でもダウンロードして何度でも練習いただけます。

『知識系講座』はふんだんに図解で解説する座学講座。
業界人として必須の教養や情報を学べます。
スライドや資料などを見ながら、じっくり学ぶスタイル。
提示されるスライドや資料は、受講後でもダウンロードして何度でも復習いただけます。


■ BAU-YAが招聘する実力派講師陣

クリエイティブ業界の最前線で活躍している、経験豊富なク... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ■ 開始準備
    開演15分前から

    ■ 所要時間
    約1.5–2時間程度(途中参加、途中退出も可能です)

    ■ 講座の流れ(予定)
    1. オープニング(BAU-YAおよび講座について説明,登壇者紹介など 約5分)
    2. 講義(約35–50分)
    3. 休憩(約5分)
    4. 講義(約35–50分)
    5. 質疑応答(約5分)
    6. エンディング(約5分)
    ※ 講義時間や時間割は、変更する可能性があります。
    ※ 予定よりも早く終了、または長引く可能性があります。
    • こんな方を対象としています

      □ グラフィックデザイナーおよびデザイナーと名のつくすべての方
      □ アートディレクターやデザインをディレクションする方
      □ グラフィックデザインの制作に携わっている方や関係のある方
      □ グラフィックデザインを学んでいる方
      □ グラフィックデザインが好きな方
    • 受講料の説明

      参加費に教材費などはすべて含まれています。
      参加費の他に一切費用はかかりません。
      ※ オンラインで講座に参加いただく場合の通信費などは、参加者さまのご負担になります。
      ※ 参加費の領収書は、ストリートアカデミーから発行・印刷することができます。 < https://support.street-academy.com/hc/ja/articles/201345225 >
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ■ ご用意いただくもの
      □ オンラインで受講いただく場合は、インターネット環境とコンピュータなどのデバイスおよびウェブブラウザ。
      ※ OSやウェブブラウザーは、最新のバージョンに近いものであれば種類は問いません。
      ※ コンピュータの動作やソフトウェアなどの動作不良に関するサポートは行いません。

      ■ その他
      □ 講義中の録画や録音などの一切の収録行為を禁じます。
      □ 講座内で配布する資料やファイルなどの一切の二次利用や再配布、無断転載などを禁じます。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 5
    • 楽しかった!( 4 )
    • 勉強になった!( 3 )
    • 行く価値あり!( 3 )
  • W2

    女性 40代

    この講座は「ワクワクする講座」でした

    理性的、感性的の2つの種類分けから、わかりやすくデザインの歴史を辿っていくのが、とても面白くワクワクしました。音楽もデザインと密接しているのですね。歴史の背景が絡んでいるので知識がスーッと入っていくようでした。とても良い授業でした。

  • M2

    その他 40代

    この講座は「今自分がおかれているデザインの現状を再認識できた講座」でした

    もともと先生の著書を読んでとても興味をもってはいたのですが、今回セミナーを受けてみて、自分が本を読んで知識を得ただけになっていた部分があったなぁって感じました。知識を元に、自分が何を感じるのか改めて自分の中で咀嚼してアウトプットしてみたいです。

    講座終了後に先生方のデザイン雑談きくのも本当に楽しかったです。いきなり会話に加わる勇気は出なかったですが、先生方もそれぞれ考えが違う部分もあったり、感じたことを言葉にしてすり合わせる場所があるってとてもいいなと思いました。

    今回は雑誌や音楽の例が多かったですが、見取り図にもあった映画のポスターやテレビなど映像が与えた影響の考察も聞きたいと思いました。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「はじめてでも『デザイン史』の入り口に立てる講座でした。」でした

    とても消化する要素の多い内容でした。濃く面白い2時間でした。
    デザインについて体系的に勉強したことも、生業としてデザインに関わっているわけでもありませんが、ほんの少しの興味の目を開かせてくれるような、視界が広がるセミナーでした。
    土器の例からの導入は、非常に腑に落ちて、話にすぐに入っていくことができました。
    「見取り図」の資料も紙で用意できるよう配慮いただけたのは、流れが一覧できてよかったです。
    資料に記載されている「デザイン史をうごかしたもの」という項目は、すべての人間活動に共通するものであり、この言葉や、年表の分類の仕方を起点として、自分が考える切り口が広げられたと思います。
    いままでぼんやり見ているだけだった作品も「なぜ印象に残ったのか」「洗練されていると感じるのか」を言葉にしていただけて、感じ取る力は知識や言葉によってより深くなる、ということをライブで体験できました。
    デザインについて素人であっても、ほんの少しの興味でセミナーに参加してみて、入り口に立てたような感覚になれたのがとてもうれしかったです。
    素晴らしい講義をありがとうございました。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「デザイン史にとどまらない、世界史、文化史の真髄を学べるセミナー」でした

    デザイン史にかかわる世界史の政治史、文化史、音楽の変遷など非常に大局的に歴史が学び取れるだけでなく、事前に講義に関係する音楽のプレイリストをYouTubeで用意していただき、予習までできる、非常に丁寧に構成されているセミナーでした。中学、高校時代にこの内容で世界史を教えてもらってたらもっと受験勉強も楽しめただろうと思います。Bauyaの講師の皆さんによるトークショーを聴いているようで時間の経過を忘れました。次の再演、というか続編もぜひお願いします。

  • M2

    男性 50代

    この講座は「歴史に新しい視点を与えることで得られるものがある」でした

    今回の講座はデザイン史をホットとクールに分類し、デザイン以外の要因と絡めて解説する、とても斬新なデザイン史観を提示していました。
    こう見ることで、デザインの振れ幅、次は何が来るのか、といったことに思いを馳せることができます。
    歴史というのは未来に繋がらなくては学ぶ意味がない、と思います。この講座は未来を読むための視点を与えてくれるものでした。

  • この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?